10名様から催行出発日限定添乗員が同行します特別講師が同行します

~協力・最上地域観光協議会~

[終了] 10/1(土)発 国宝土偶「縄文の女神」のふるさとを訪ねて

  • 洗練された美しさ

このツアーの募集は終了しました。 現在募集中のツアーは「風カルチャークラブ」講座・ツアー一覧をご覧ください。

縄文の女神は、縄文時代の多くの土偶の中で、最大級の大きさを誇り、かつ完成された様式美を備えており、平成24年に国宝に指定されました。
山形県立博物館で縄文の女神に対面し、現代にも通じる美を確認したのち、女神が発掘された西ノ前遺跡をはじめとする縄文時代の遺跡や土偶、土器などを見学し、女神を創作した人々の豊かな生活、精神文化や息吹を間近に感じます。




講師

阿部 明彦(あべ あきひこ)

山形県教育委員会において、永年、埋蔵文化財の発掘調査に携わり、多数の調査報告書を執筆。東日本大震災の復興に伴う埋蔵文化財発掘調査を迅速に進めるため、平成24年4月から平成26年3月まで宮城県に派遣。現在、公益財団法人山形県埋蔵文化財センターに勤務。一般社団法人日本考古学協会会員。




このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1山形市
大蔵村
JR山形駅(12:00頃集合)
車にて、県立博物館(山形市)へ。
国宝「縄文の女神」等を、阿部先生の解説を聞きながら見学します。
市内の明圓寺・尚古館にて考古資料を見学。
見学後、大蔵村肘折温泉へ。                    
                       
  宿泊●つたや肘折ホテル 泊 食事● - /  - / 夕
2大蔵村
舟形町
真室川町
鮭川村
新庄市
午前:車にて、上竹野(うわたけの)遺跡へ。遺跡(縄文晩期~弥生前期)発掘現場の見学。
舟形町の西ノ前遺跡・縄文の女神発掘地を見学し、新庄市のふるさと歴史センターへ。
午後:真室川町の釜淵遺跡を見て、正源寺(しょうげんじ)にて釜淵土偶(国重要文化財)を見学。その後、鮭川村の産直センターを経由して新庄市へ。
16:00頃、JR新庄駅にて解散。
  宿泊●泊 食事●朝 / 昼 /  - 
出発日・旅行代金
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
10月1日(土)〜10月2日(日)2日間39,800円
ご旅行条件・他
最少催行人員●10名(定員16名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●
利用予定ホテル●つたや肘折ホテル
お一人部屋追加代金●設定ありません
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●
※宿のお部屋は原則として男女別の相部屋(3~4名)となります。ご夫婦や友人同士で1室ご利用になりたい場合はご相談ください。追加料金がかかる場合もありますが、可能な限りご相談に応じます。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求