6名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師が同行します

屋久島ネイチャーガイド・市川聡さんも憧れる熱帯雨林を往く

1/10(木)発 ブルネイ・ジャングル紀行7日間

  • 光は樹上のはるか上に...
  • 運がよければ見られるかも...(マレーヒヨケザル)
  • Sungai Mendaram(マンダラン川)に森が迫る!
  • レッドリーフモンキー(2013年講師撮影)
  • ナンヨウショウビン(2013年講師撮影)
  • ロッジとサカダの伝統的な小屋はこうした大部屋となります
  • 泥炭湿地林の覇者アランの巨木
  • ジャングルの達人ジャングル・デイブ。ブルネイではデイブに驚き魅了されます
  • イチジクの木の上でサイチョウとビントロングがすれ違った
  • サカダ小屋からみた熱帯の夕焼け
  • ボルネオ固有のテングザルはブルネイでは身近な動物だ
  • デイブの手にかかると毒蛇も美しいアクセサリーのよう
  • 雲海のように広がるジャングルを樹冠から眺める
  • キャノピーウォークで樹上から観察

【風カルチャークラブVol.40号 P.38掲載の行程から一部、変更になりました。下記行程をご参照ください。】

天然ガス資源が豊かだったが故に開発の手が森に及ばなかったブルネイ。ボルネオ島の中でもいっそう濃い森が残っている熱帯のジャングル探検の醍醐味を豊かな自然が残るブルネイで存分に味わう旅。

熱帯雨林のワイルドなロッジでは、ジャングルに棲む様々な生き物達との遭遇に期待。とっておきのブルネイツアー。

現地では、ブルネイのジャングルに精通したガイド(通称、ジャングル・デイブ)も同行してガイドします。

講師

市川 聡(いちかわ さとし)

楽しくて、ためになる知的インタープリター

1961年生まれ。北海道大学大学院にて環境科学研究科生態系管理学を修める。学生時代はヒグマ研究会に所属。厳冬期でも野宿し、動物を観察するのが好きだった。卒業後、環境庁に勤務、屋久島に赴任。日本の自然の縮図のような屋久島の奥深さに触れ、心動き、環境庁を退職。屋久島野外活動総合センターを設立する。ボルネオへは数回渡航し、動物のいる森や植生の異なる熱帯雨林を視察。いつしか日本の動物園で声真似をしたらボルネオのサルが呼応するまでになった。



ブルネイの場所


oz-i-brnen2-ynac2012s

報告記


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪
香港バンダルスリベガワンムンコム・ネイチャーパラダイス
午前:東京(成田・羽田)・大阪(関西)を出発。空路、香港乗継ぎでブルネイへ。着後、車でムンコム・ネイチャーパラダイスへ移動。チェックインの後、オオムササビやサルの観察にでかけます。夜の動物観察で、ツノガエルやシベット、スローロリス、眠っている野鳥などを探します。


  宿泊●ロッジ泊 食事● - / 機内 / 夕
2ムンコム・ネイチャーパラダイス早朝:隠れてテナガザルやクリームオオリスを待ち、ボルネオ固有のホースリーフモンキーなどを探します。その後、午前中は果樹農地周辺では、シルバーリーフモンキー、ブタオザル、カニクイザル、ボルネオコビトリスや美しいビワハゴロモなどを探します。
午後:フタバガキ混交林を歩き巨大板根の木やボルネオ鉄木など熱帯雨林を観察します。
夜:再び夜行性動物を探し、ジャコウネコやマメジカ、メガネザルなどを探します。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ムンコム・ネイチャーパラダイス午前:ムラサキヤイロチョウ(Garnet Pitta)などのバードウォッチングを楽しみます。
午後:メリンブン湖でボートクルージングを楽しみます。サギの仲間やレッドリーフモンキー、カワセミの仲間などを探します。夕暮れは、泥炭湖の黒い水面に鏡のように映るサンセットを楽しみます。
夜は再び夜行性動物を探します。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ムンコム・ネイチャーパラダイス
テンブロン国立公園
早朝:車でテンブロン国立公園へ移動します。途中から、スピードボートでマングローブの海峡を抜け45分間のツーリングでバタンドゥリへ。ロングボートで45分のリバークルーズを楽しみ国立公園へ移動。高さ43mあるキャノピーウォクで手付かずの熱帯雨林を俯瞰します。川で水浴びやドクターフィッシュによるエステを楽しみ、最後はタイヤチューブでトランディHQまでチュウーブラフティングを楽しみます。
午後:フリータイム。
夜:ケランガス林でナイトウォーク。

  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5テンブロン国立公園
セリロン島テンブロン国立公園
午前:ケランガス林で自然観察。伝統的な薬草や食べ物など学びます。その後、ボートと車でセリロン島マングローブ森林保護区へ移動し、マングローブのトレッキングに挑戦します。高さ30mを超えるマングローブの森は圧巻です。ここでは、ヒヨケザルとの出会いに期待。
夕刻:ナイトクルーズサファリへ。マングローブにボルネオ固有のテングザルを見に行きます。他にもオオトカゲやクロコダイルなどを探します。ジャングル・デイブとクロコダイルの格闘は見ものです。ボートの上でサンセットを楽しみます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6テンブロン国立公園マングローブ森林保護区バンダルスリブガワン
午前:ブキット・パトイ森林公園へ。素晴らしいフタバガキの混交林を歩きます。
午後:バンダルスリベガワンに移動し、ホテルにチェックイン後、フリータイム。ショッピングなどお楽しみ下さい。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7バンダルスリベガワン香港東京・大阪
午前:車で空港へ。空路、香港乗継ぎで帰国の途へ。
夜:東京(羽田・成田)・大阪(関西)着。
  宿泊●泊 食事●朝 / 機内 / 機内
出発日・旅行代金
東京発
1月10日(木)〜1月16日(水)7日間348,000円
大阪発
1月10日(木)〜1月16日(水)7日間要問合せ
名古屋発
1月10日(木)〜1月16日(水)7日間要問合せ
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員12名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●香港航空、キャセイパシフィック航空、日本航空、全日空、
利用予定ホテル●〔バンダルスリベガワン〕ニューキャピタルレジデンス、マングローブパラダイスホテル、ル・ギャラリースイート、リズクンインターナショナル、オーキッドガーデン、ブルネイホテル、リバービューホテル、タイムズホテル、 〔ムンコム・ネチャーパラダイス〕〔テンブロン国立公園〕ロッジ
*ロッジはドミトリー形式で2段ベッドで男女共用スペースとなります。 ※個室利用の対応ができませんのでご注意ください
お一人部屋追加代金●21,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線5,400円~7,000(基準日2018年7月1日)
○以下はご旅行代金に含まれていません
・成田空港使用料等:2,610円 羽田空港使用料:2,570円 関西空港使用料3,040円
・香港保安税:90香港ドル(約1,280円)
・香港空港建設費:3,330円
(2018年7月現在)


*現地徴収
ブルネイ空港諸税:12ブルネイドル(約1,000円)は現地にてお支払い下さい。

クリーニング代、その他個人的な出費

●入国時に旅券の残存有効期限が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です。


●ビザ(査証)は不要です。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

たびとも募集中

2019-01-10出発 | 女性
声→【担当者より】空からボルネオ島を眺めた際、ブルネイ国の部分だけ緑が濃いのがよくわかります。それだけジャングルも濃く、貴重な動植物の宝庫であるブルネイの森を屋久島ガイドの市川さんと現地ジャングルデイブのコンビがご案内します。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求