8名様から催行出発日限定日本語ガイドは付きません英語ガイドが付きます添乗員が同行します特別講師が同行します

川﨑一洋さん同行 チベット高原横断飛行で行く

【料金確定】謎の仏教王国グゲ遺跡探訪と西チベット聖地巡礼10日間

  • 石窟内に残る貴重なグゲ洋式のマンダラ
  • oz-i-kwswstb_02
  • oz-i-kwswstb_03
  • チベット高原横断飛行からのカイラス山
  • 岸壁に掘られたトンガ石窟群
  • oz-i-kwswstb_01

高野山大学で仏教美術を研究し、自らも現役の僧侶である川﨑一洋先生が同行する仏教探訪の旅。

9世紀の前半、ランダルマ王がおこなった弾圧によって壊滅的となったチベットの仏教。その後、ンガリ(西チベット)に逃れた崇仏派の王族がグゲ王国を興し、仏教を復興させました。11世紀には、カシュミールに留学して密教を学んだ大訳経官リンチェンサンポが活躍し、インドからは高僧アティーシャが招聘され、この地に大輪の仏教文化が花開きます。

 この旅行では、広大な景色の中に点在するグゲ王国時代の仏教遺跡を巡り、曼荼羅をはじめとする色鮮やかで貴重な密教の壁画を見学します。


10日間という短い日数で、しかも歩かずに、チベット最大の聖地カイラス山と西チベットに残るグゲ王国の遺構を訪れる「西チベット&カイラスツアー」です。会社を辞めずに参加できる日程、「巡礼トレッキングはちょっと厳しい」という方にもお勧めです。

講師

川﨑 一洋(かわさき かずひろ)

昭和49年、岡山県生まれ。
高野山大学博士課程修了。博士(密教学)。現在、高野山大学非常勤講師、四国八十八ヶ所霊場第二十八番・大日寺住職。密教の曼荼羅を中心に、アジア各地の仏教美術、仏教儀礼を研究。ネパールやチベットの各地でフィールドワークを重ねる。


著書:『四国「弘法大師の霊跡」巡り』(セルバ出版)

共著:インド後期密教(上)(春秋社) 第1章担当
インド後期密教(下)(春秋社) 第6章担当



チベット自治区(中国)の場所

<



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
経由・乗継
成都
07:00~15:15 東京(成田または羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)を出発。空路、経由便または乗り継いで成都へ。到着後、ガイドとともにホテルへ。
(東京発は直行便利用の場合があります)
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 /  - 
2成都
ラサ
早朝:ガイドとともに空港へ。国内線で、ヒマラヤ山脈の東端・横断山脈を飛び越え、チベットの都・ラサ(3,658m)へ。チベット密教の壁画の残るゴンカル・チューデを訪れた後、ラサヘの街へ。
午後:高所順応を兼ねてジョカン寺を囲む巡礼路バルコルなどに散策へ出掛けます。
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 / 昼 / 夕
3ラサ午前:巡礼者で賑わうサンゲ・ドゥングを参拝します。その後、ポタラ宮の巡礼路を巡礼者とともに歩きます。
昼食は、ラサ郊外の民家で、バター茶やツァンパなどチベット家庭料理を頂きます。
午後:チベット仏教の「総本山」ジョカン寺を訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ラサ午前:天空の宮殿・ポタラ宮を観光。(現在、ポタラ宮観光には入場に制限があり、観光日が変わる場合があります。)
午後:河口慧海、多田等観が学んだ問答の寺・セラ寺を訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ラサ
アリ
ツァンダ
午前:ラサから国内線で西チベットのアリ(約4,280m)へ。
チベット高原を眼下に見下ろし、ヒマラヤ山脈を遠望するパノラマ飛行です。天候に恵まれればカイラス山やマナサロワール湖などが見渡せます。
到着後、車でグゲ遺跡観光の拠点となるツァンダ(3,600m)へ。(走行=約140km、約5時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ツァンダ
ツァパラン
ツァンダ
ツァンダのトリン・ゴンパを見学後、車でグゲ王国最後の王都ツァパランを訪れます。(走行=往復約30km、約1時間)
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ツァンダ
ピヤン・ドゥンカル
マナサロワール湖
ダルチェン
午前:ピヤン、ドゥンカルへ。グゲ時代の貴重な壁画などが残された石窟群、遺跡群を見学します。(走行=約50km、約2時間)
午後:アジアの大河の源とも言われる聖なる湖・マナサロワール(マパム・ユムツォ)の湖畔(約4,588m)へ。天気がよければカイラス山の全容が一望できるでしょう。その後、ダルチェンまで引き返します。(走行=約300km、約5時間)
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ダルチェン
チュグゴンパ
ダルチェン
ムンツェル(メンシ)
タルチェンからエコカー(混載)に乗り換えてカイラス山の西南面を仰ぎ見るチュク・ゴンパへ。
再びエコカーでタルチェンに戻り、ムンツェル(メンシ)へ。(走行=約70km、約1時間)
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
9ムンツェル(メンシ)
アリ空港
ラサ空港
成都(または北京、上海など)
早朝:空港のあるアリへ。(走行=約140km、約3時間)
午前:国内線で空路ラサヘ。
午後:ラサで国内線に乗り継いで成都へ。
夜:成都(または北京、上海など)着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 機内 / 夕
10成都(または北京、上海など)
東京・大阪・名古屋
午前または午後:ガイドとともに空港へ。空路、帰国の途へ。
午後または夜:東京(羽田または成田)、大阪(関西)、名古屋着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金
東京発
2018年8月19日(日)〜8月28日(火)10日間864,000円
大阪発
2018年8月19日(日)〜8月28日(火)10日間864,000円
名古屋発
2018年8月19日(日)〜8月28日(火)10日間864,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●8名(定員16名)
添乗員●添乗員が同行します。
利用予定航空会社●中国国際航空、中国東方航空、四川航空
利用予定ホテル●
【成都】錦江賓館錦苑楼、岷山飯店、銀河王朝大酒店
【ラサ】*タンカホテル、*デカンホテル、シャンバラホテル、*ゴルカホテル、*敦固賓館、*キチュホテル、ヤクホテル、*ガンゲンホテル
【ツァンダ・ダルチェン・メンシ】ロッジ(男女別の相部屋となります。5~6人の大部屋を利用する場合もあります。部屋にトイレ、シャワーはありません。トイレが建物の外だったり、共同のシャワーが無いこともあります。)
*のホテルは浴室にバスタブがなく、シャワーのみの場合があります。
お一人部屋追加代金●68,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●5,000円(2018年2月1日)
●注意点
このコースは標高4,000m以上の高地で宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。日本登山医学会(登山者検診ネットワーク)に登録された専門医による、所定の健康診断をお願いしております。結果により参加をお断りすることがあります。健康に不安がある方は必ず事前にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。
※検診についての詳細はこちら  

※現在、ポタラ宮観光には入場に制限があり、観光日が変わる場合があります。出来る限り見学できるように努力いたしますが、西チベットの仏教遺跡は現地当局の都合により突然閉鎖されたり鍵番が不在になるなどの理由で見学できない場合があります。あらかじめ現地事情をご了解下さい。

●代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●空港税【事前徴収】
・日本国内空港税
(羽田:2,670円、成田:2,610円、関西:3,040円、中部:2,570円)
・中国出国税:90元(約1,580円)
・中国国内空港税:50元X2回~4回(約1,750~3,510円)
(2018/2/01現在)


●旅券(パスポート)の残存期間
査証(ビザ)申請時に残存期間が6ヶ月以上必要

●査証(ビザ)
15日以内の滞在は不要
(日本国籍以外の方はご確認ください)
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求