6名様から催行出発日限定添乗員は同行しません特別講師が同行します

NPOしゃがぁ理事長 西村幹也同行!

【新企画】12/28(金)発 タイガの森でトナカイと年を越す8日間 ─凍った大地を走り、雪原をトナカイで往く─


モンゴル北中部、ロシアと国境を接するフブスグル県。この地にはモンゴル語で“トナカイを飼う者”を意味するツァータン(又はツァーチン)と呼ばれるトゥバ人たちが暮らしています。フブスグル湖から西へ約90km、ツァガーンノール(湖)北西に広がる標高約2,000mのタイガで暮らし、トナカイ飼育を生業にするトゥバ人は、トゥバ語を母語とし、主にシャーマニズム信仰を強く残すなど、同じモンゴルの中でも特徴的な伝統文化を持ちます。最近では金鉱山の採掘による土地荒廃の為、それまでの営地に留まれなくなるなどの大きな社会変化の中で、彼らは先祖からの伝統を受け継ぎ、タイガの森に暮らしています。

今回このツアーで訪れるフブスグルはモンゴルで最も寒いと言われる場所。しかし、そこは冬にしか味わうことが出来ない素晴らしい世界があります。夏には車で行けなくなる湿地や川が全て凍り、そこには、冬だからこそ行けるルートが現れます。そんな川を越え、峠を越え、湖を渡って、最後はトナカイに乗って森の中へ! 全てが別世界です。最終目的地のトゥバ人のお宅で年越しも! -30~40℃の世界をお手軽に体験するそんなツアーです。
ツアーポイント
1. 講師同行で、長年のフールドワークに裏打ちされた詳しい解説
2. 雪一色の冬のタイガの森をトナカイに乗ってトレッキング! 最終目的地のトゥバ人のお宅(冬営地)で年越し!
3. タイガへの道中は、冬にしか走行できない凍ったフブスグル湖や川の上を行くルート! 湖畔や峠越えなど変化に富む風景をご堪能

このツアーは割引サービスが適用されます。


トナカイに乗ってトレッキングするタイガエリア


関連よみもの



このツアーに関する説明会のご案内
このツアーに関する説明会のご案内


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京
ウランバートル
午後:東京(成田)発、空路モンゴルの首都ウランバートルへ。
夜:着後、車でホテルへ。 
  宿泊●ホテル泊 食事● - /  - /  - 
2ウランバートル
ムルン
午前:車で一路ムルンへ(車移動=約12時間、約820km)。(※ほぼ舗装道路を走行します。)
夜:到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ムルン
フブスグル湖
ハルマインエヘ(タイガの麓)
午前:車でタイガの麓で暮らす遊牧民の冬営地へ。(車移動=約8時間、約300km)。道中は、夏には走行できない湿地や川が全て凍り、冬だからこそ行けるルート! 凍ったフブスグル湖や川では車から降りてこの季節ならではの風景を満喫しましょう
夜:タイガの麓に到着。
  宿泊●ホームステイ(丸太小屋またはオルツ)泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ハルマインエヘ(タイガの麓)
ナリーンウブル(トナカイ)
シャンマグ(トナカイ)
午前:車でトナカイトレッキングの出発点、ナリーンウブルへ(車移動=約10km、約30分)。トナカイご対面。トナカイの乗り降りの仕方などレクチャーを受けた後、トゥバ人のお宅(冬営地)がある最終目的地シャンマグを目指し、いよいよトナカイトレッキング出発!
【トナカイ移動=約15km、約2時間】
午後:シャンマグ到着。トゥバ人家族とご対面です。
深夜:ホームステイ先で家族と共に年越しです!
  宿泊●ホームステイ(丸太小屋またはオルツ)泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5シャンマグ(トナカイ)
ハルマインエヘ
午前:ホームステイ先でゆっくりとお過ごしください。
午後:お世話になった家族に別れを告げ、トナカイに乗ってタイガの麓の遊牧民宅へ。往路とは違うルートを通ります
【トナカイ移動=約20km、約3時間半】
  宿泊●ホームステイ(丸太小屋またはオルツ)泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ハルマインエヘ
ムルン
午前:車で一路ムルンへ(車移動=約8時間、約300km)。
夜:ムルンのホテル着。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ムルン
ウランバートル
午前:車で一路ウランバートルへ(車移動=約12時間、約820km)。(※ほぼ舗装道路を走行します。)
夜:到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ウランバートル
東京
早朝:車で空港へ。
午前:空路、帰国の途へ。
午後:東京(成田)着後、解散。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金
東京発
2018年12月28日(金)347,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員16名)
添乗員●同行なし。(但しモンゴル滞在時はNPOしゃがぁ理事長西村氏が、ガイド兼講師として同行します)
利用予定航空会社●MIATモンゴル航空
利用予定ホテル●<ウランバートル> フラワー、バヤンゴル、アルファ、ロイヤルマウンテン、フブスグルレイクホテル、モンゴリカ <ムルン>ドゥル、50゜100゜ <ハルマインエヘ、シャンマグ>ホームステイ(丸太小屋またはオルツ)
お一人部屋追加代金●20,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●2,000円 (2018年5月1日)
●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税2,610円
・モンゴル出国税1,000円(2018年5月1日現在)

●その他
個人的な出費、クリーニング代など

●旅券(パスポート)
入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行では不要です。
日本国籍の方のモンゴル30日以内の滞在の場合は不要。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

・ホームステイ先の宿泊は、男女混合の雑魚寝となります。

・厳冬期のモンゴルでタイガは標高が高く積雪もあり、気温が低いです(-30~-40℃)。十分な防寒着(防寒用の帽子で耳も隠れるもの、厚手のマフラーや手袋、インナー手袋、発熱素材の肌着などを含む)や雪上も歩けるしっかりしたロングブーツ、寝袋、マット、車載用ダッフルバッグが必要です。

・今回現地でレンタルのご用意があるもの。
防寒着3点セット(毛皮の帽子「ローボーズ」、冬用デール、冬用ブーツ)、寝袋(冬用)、マット、車載用ダッフルバッグ。これらのレンタルをご希望の方は、遅くとも出発の2週間前迄に担当スタッフまでお知らせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求