6名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師が同行します

タスマニア在住の千々岩健一郎さんが解説

12/27(水)発 タスマニア島 -森と動物の楽園-8日間

  • クレイドルマウンテンの絶景
  • これを登れば眺望が!
  • 眺望のいいところでホッとひと息
  • 登ったご褒美は雄大な景色
  • 食事もタスマニアの大きな魅力
  • ボードウォーク(木道)が整備されているところが多いです
  • ハリモグラ
  • ワラビーだ!
  • シダの多い森は何故か探検気分満点
  • 花との出会いにも期待
  • 船の移動もあります セントクレア湖
  • スリル溢れる断崖ウォーク

南氷洋に面し、大陸から隔絶された独特の生態系が息づく島、タスマニア。樹齢二千年を超える森、高さ80mに達するユーカリの巨木。

氷河に削り取られた湖と山火事後の再生林から極相林への移り変わりを見、苔生した緑濃い森を歩き、海岸沿いのウォークでは高さ80mの断崖から見下ろす。

島をダイナミックに移動し、タスマニア在住の日本人ガイド、千々岩氏の解説で島の自然生態系を大きくつかんでみたい。

【カンタス航空利用を希望される場合は別途ご相談ください】
ツアーポイント
1. タスマニアの自然に詳しいエキスパート(講師)が同行!
2. 日中の森歩き、夜の動物探索。ユニークな自然を堪能!
3. 同行する千々岩さん(講師)のリサーチによる高い動物遭遇率!
4. 南半球はこれから爽やかな夏の季節です


講師

千々岩 健一郎(ちぢわ けんいちろう)

タスマニア島在住ツアーガイド

北海道大学農学部卒。1990年よりタスマニア在住。1995年よりAJPR社の代表として、当時、現地タスマニア唯一の日本人経営の旅行会社の運営と共に、自ら通訳、ツアーガイドとして活躍。タスマニアの自然への造詣が深く、各種のハイキング、ワイルドフラワー、森林探索ツアーなどのエコツアーを企画・催行。加えて、TVや雑誌などの各種メディアのコーディネートもこなす。専門の畜産学を背景にした「タスマニアの食」についての話も面白い。




このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京
乗継地
午後:東京(成田)発。空路、乗継地へ。
夜:乗継地からオーストラリア本土へ。
  宿泊●機中泊 食事● - /  - / 機内
2乗継地
シドニーまたはメルボルン
デボンポートまたはロンセストン
クレイドルマウンテン
午前:シドニーまたはメルボルンで国内線に乗継ぎ、タスマニア島へ。
午後:到着、千々岩氏と共に、車でクレイドルマウンテンへ(約1時間半)。
夜:車で夜行性動物のスポットライト探索ツアーに出発。ウォンバット、ワラビー、パデメロン、タスマニアデビル、ポッサムなど)同時に星の観察も。
※野生動物のため、見られないことがあります。
  宿泊●ロッジ泊 食事●機内 /  - / 夕
3クレイドルマウンテン終日:ロニークリークのオーバーランド出発点(870m)までシャトルバスで移動。オーバーランドトラックにのって、ハイキング開始。クレイドルバレーからクレーター湖を経て標高1,220mのマリオンピークを目指します。展望ピークからクレイドル山、ダブ湖の全貌を展望し、そこで昼食。午後、ウオンバットプール、リラ湖、ダブ湖展望台(940m)に至ります。【歩行=約7 km 、約3時間】 バスで出発点まで移動、元気のある人はそこから新設のクレイドルボードウオークを歩いてからビジターセンターに戻ります。
夕方、樹齢1500年のキングビリーの森を歩きましょう。
※当日の天候等によりコースを変更する場合があります。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4クレイドルマウンテン
モールクリーク・カルスト国立公園
セントクレア湖
午前:車で移動。モールクリーク・カルスト国立公園のマラクーパ鍾乳洞にて土ホタル見学の現地ツアーに参加。
午後:標高1,100mの世界遺産指定地域を目指し、スコパリアの群落、ウエスタンティアーの容姿、グレートレイクの湖水などを見ながらセントラルプラトーを車で走ります。
ペンシルパインの古木と玄武岩の姿が美しいPine Lake Walkを歩きます。途中のポイントでカモノハシを探します
夕刻:セントクレア湖畔のロッジへ到着。

  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5セントクレア湖
午前:フェリーにてセントクレア湖を縦断し、ナルシスベイからエコーポイントまで森歩き。タスマニアの典型的な植生遷移を目の当たりにします。
午後:ナルシサスベイから再びフェリーでシンシアベイに戻り、ビジターセンターなどの見学の後で、宿舎に戻ります。夕方、宿舎の周辺を散策してハリモグラを探します。
  宿泊●ロッジ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6セントクレア湖
マウントフィールド国立公園
ホバート
午前:車で豪州でも最も古い国立公園の一つマウントフィールド国立公園へ。ラッセル滝からホースシュー滝、トールツリーウォークを巡るハイキング(約1時間半)。マンファーンの林から広葉樹では世界で最も高くなるといわれるユーカリの王者スワンプガムの巨木林、欝蒼としげる木性シダの森を歩きます。
午後:Forest Secretでカモノハシを探した後、ホバートヘ移動。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ホバート
メルボルンまたはシドニー
午前:ホバートのランドマーク、ウエリントン山へ。車で移動しながら、季節のワイルドフラワーを見ていきます。
午後:サマーフェスティバルで賑わうサラマンカや港周辺で自由行動の後、ボノロング野生動物公園へ。その後、ホバート空港へ。
夕刻:ホバート空港より空路、オーストラリア本土で国際線に乗り換え、帰国の途へ。
  宿泊●機中泊 食事●朝 /  - / 機内
8乗継地
東京
早朝:乗継いで日本へ。
午後:東京(成田)着。通関後、解散。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金
東京発
12月27日(水)〜1月3日(水)8日間526,000円
大阪発
12月27日(水)〜1月3日(水)8日間要問合せ
名古屋発
12月27日(水)〜1月3日(水)8日間要問合せ
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員10名)
添乗員●同行なし。現地在住日本人ガイドがご案内。
利用予定航空会社●中国南方航空、中国東方航空
利用予定ホテル●〔クレイドル〕クレイドルマウンテンホテル 〔セントクレア〕レイク・セントクレアロッジ 〔ホバート〕オールド・ウールストア、グランドチャンセラー、メルキュール、ベストウエスタンホバート、
お一人部屋追加代金●85,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2017年5月1日)
国際線14,600円
○以下は、ご旅行代金に含まれていません
*事前徴収
成田空港使用料等:2,610円
関西空港使用料等:3,040円
中部空港使用料等:2,570円

オーストラリア空港諸税:140豪ドル(13,600円)
オーストラリア電子入国許可(ETA)登録代行手数料4,320円
中国空港諸税:90元×2回(約3,070円)
(2016年11月1日現在)
その他、個人的な出費、クリーニング代など

●このご旅行には帰国日まで有効な旅券(パスポート)が必要です。
●このご旅行にはオーストラリア電子入国許可(ETA)登録が必要です。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2016-12-27発/総合評価★★★★★

(風の旅行社を)信頼しています。動物たちが住んでいる環境の中で、その土地特有の動物に会うことを期待する旅は本当にわくわくします。今回、タスマニアで体験した独特の動物や植物との出会いと、満天の星空に満足しています。Cさん(編注:講師)の穏やかな説明もたいへんうれしかったです。憶えの悪い私ですが、植物の名前など何度も繰り返し、教えていただけたので、少しは覚えられました。ありがとうございました。      

  • 2015-12-26発/総合評価★★★★★

3回目(編注:風の旅行社のツアーが)でしたが、少人数だということと現地のガイドさんが同行して下さるのが気に入っています。

タスマニア在住の方が同行して下さり、行く先々の様子もよくご存知でしたのでとても安心でした。
植物や動物にも詳しく、見過ごしてしまうような小さな花々や木の種類による森の、地層や地形などを教えて頂きながら歩けたことがよかったです。

お天気にも恵まれ、タスマニアのAさんのガイドも過不足なく、楽しい旅でした。飛行機の乗り換えも順調で予定時間通りに移動出来てよかったです。平地でハイキング程度、整備された道です、と伺ったように思いましたが、山にも登り、アップダウンの自然道も多く予想以上によく足を使う行程でした。大自然の中で気持ちよく歩け、60代半ばの私達が日没後の動物探しまで皆さんとご一緒できたのは自信にもなりました。


     

  • 2014-12-27発/総合評価★★★★★

いつもお世話になっています。今回も期待通りのステキな旅行でありました。ガイド(編注:講師)のCさん、動物,植物にとても詳しく、感心致しました。運転からガイドから荷物運びまですべてお一人でやって頂き、恐縮でした。状況を見ての判断も的確で、素晴らしい景色やおいしい牡蠣を堪能しました。メンバーさんも良い方ばかり、とても  楽しく過ごせました。有り難うございました。


     

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求