[終了] 6/14(土) 「ときめき昆虫学」・秦野の山で虫にときめく一日


(写真: 多種多様なコケたちが作り出す美しい苔庭の景観)

この講座の募集は終了しました。 現在募集中の講座は「風カルチャークラブ」講座・ツアー一覧をご覧ください。


ハイキングや自然観察は好きだけれど、虫だけはどうしても苦手…そんな人は意外と多いです。子供のころはダンゴムシを遊び相手にしていても、大人になるにつれて虫から遠ざかり、虫を身近に感じるための「虫スイッチ」は錆びついてしまいがち。
このほど(2014年4月)出版の『ときめき昆虫学』(イースト・プレス)は、虫と虫に関する人々の魅力を文と写真に詰めこみ、読者にもう一度「虫スイッチ」を押してもらうために書かれた本です。観察会でも同じようなことができるはず。昆虫のプロ・政所さんと秦野の山を歩いてみましょう。歩きやすいフィールドですが、奥は丹沢の山に連なる里山にはたくさんの生きものが住んでいます。1匹は愛おしいと思える虫を見つけて帰ることができれば、野歩きの楽しさもまったく違ってくるかもしれません。 by メレ子さん

*参加者には「昆虫大学ノート」を配布。フィールドノートのつけ方もいっしょに学ぶことができます。

~虫にときめけ!おどろけ!日帰り虫観察ツアー「ときめき昆虫学」開催レポート~ はコチラ!

——————————

こんな講座もあります

  

スタッフブログ「日々‘門前’」



"講師"

メレ山メレ子 (めれやまめれこ)

昆虫ときめきハンター

ブロガー、「昆虫大学」学長。会社づとめのかたわら、長大な旅行記をブログにつづり、旅先で出会った秋田犬「わさお」の名づけ親としても知られる。ベトナムでチョウの大群に出会って本格的に虫に目ざめ、虫の連載や新感覚昆虫イベント「昆虫大学」を主催する。著書『ときめき昆虫学』(イースト・プレス)
ブログはこちら 「メレンゲが腐るほど恋したい」

"講師"

政所名積(まんどころなづみ)

昆虫標本界の匠

秦野市在住。昆虫標本作成業「展翅(てんし)屋工房」代表。博物館などに展示・収蔵する昆虫標本、個人の収蔵標本の作成を行い、昆虫に関する知識と技術の確かさには定評がある。メレ山メレ子著『ときめき昆虫学』(イースト・プレス)では、タマムシの章のナビゲーターとして登場。



スケジュール
内容
秦野駅集合後、路線バスで移動(各自負担180円程)権現山~めんようの里周辺を虫を探しながら歩きまず。昼食は飲食施設(めんようの里)へご案内します。各自負担。
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 神奈川県秦野市(小田急線・秦野駅集合・解散)
定員● 15名
参加費に含むもの●
ガイド代、資料、昆虫大学ノート

ご注意ください
*本企画は観察会です、採集目的ではありません。予めご了承のうえご参加をお願いします。
*当日の天候や現場の状況によりコース内容を変更する場合があります。
*中学生以下のご参加については事前にご相談ください。
(参加費は大人と同額となります)

ご出発日と料金
2014年
5月24日(土)9:30:〜16:30
4,860円受付終了
参考料金
2014年
6月14日(土)9:30:〜16:30
4,860円受付終了
お問い合わせフォーム
▲ページの先頭へ