川﨑一洋さんの仏教講座 

3/4(土)  不動明王を知る

  • 大岩不動明王(富山県・日石寺)

不動明王は、地蔵菩薩や観音菩薩とならび、日本で最もポピュラーなほとけの一つです。密教経典には、不動明王は奴隷の姿となって衆生を救済すると説かれています。
またチベットでは、釈迦牟尼、観音、ターラーとともに「カダムの四尊」として有名で、2016年の秋には、ダライラマ法王による不動明王の灌頂が、日本で開催されました。
この講座では、「十九相」と呼ばれる姿の特徴を中心に、不動明王とはどんなほとけであるのかを解説します。

講師

川﨑 一洋(かわさき かずひろ)

昭和49年、岡山県生まれ。
高野山大学博士課程修了。博士(密教学)。現在、高野山大学非常勤講師、四国八十八ヶ所霊場第二十八番・大日寺住職。密教の曼荼羅を中心に、アジア各地の仏教美術、仏教儀礼を研究。ネパールやチベットの各地でフィールドワークを重ねる。


著書:『四国「弘法大師の霊跡」巡り』(セルバ出版)

共著:インド後期密教(上)(春秋社) 第1章担当
インド後期密教(下)(春秋社) 第6章担当



スケジュール
内容
室内での講座です。
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 風の旅行社 7Fセミナールーム(東京・中野)

定員● 24名
参加費に含むもの●
講義代


ご出発日と料金
2017年
3月4日(土)14:00〜16:30
3,240円受付終了
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ