景山えりかさん月の文化講座

[終了] 10/24(水) 月と人 ~月の満ち欠けと暮らしを考える~

  • ヒトは古来より月を見上げてきた、私たちはいま月を見ているだろうか

このツアーの募集は終了しました。 現在募集中のツアーは「風カルチャークラブ」講座・ツアー一覧をご覧ください。
古代の人々は、かつて月の運行を観察して時間を計り、暦を作り、農業や漁などに役立てていました。また、月の満ち欠けに合わせて祭りや参拝などの行事をして、生活にメリハリを持たせていました。そんな風に昔から、人は月と密接な関わりを持っていたのです。

本講座では、月が満ち欠けする仕組みをはじめ、旧暦、月の呼び名、月見や月待の文化など、サイエンスからカルチャーまで、月の基本をレクチャーします。講座終了後は、天候がよければ屋上で実際に月を眺めて、月とともに暮らす楽しさや心地よさを実感しましょう。

※1回完結型の室内講座です。
講座終了後、屋上で「月見」を行う予定です。お時間の許す方はご参加ください(雨天、曇天は中止)。

"講師"

景山 えりか(かげやま えりか )

星の文筆家

星の文筆家。月文化研究家。星空ガイドや科学ボランティアを経て、2008年より文筆家として活動。「星空を人生の一部に」をモットーに、星空や宇宙の魅力を伝える記事をメディアに多数執筆。また、旧暦や月の文化に造詣が深く、星の世界を楽しむ方法を幅広く提案している。一方、伊豆諸島・神津島で星空ガイド養成講座の顧問及び主任講師を務め、島民のガイド育成に尽力。これまでの実績が評価され、都庁からの依頼を受けて「平成29年度 東京都観光まちづくりアドバイザー」に就任。神津島に派遣され、星空を観光資源とした地域活性と、星空ガイドのレベルアップに協力している。著書に『月整活 月のリズムで暮らしと心を整える30の新習慣』(主婦の友社)など。
景山えりかオフィシャルHP http://www.kageyamaerika.com/



スケジュール
内容
1回完結の座学講座です。

当日の講座終了後、屋上で「月見」を行う予定です。
お時間の許す方はご参加ください(雨天、曇天は中止)。
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 風の旅行社 7Fセミナールーム(東京・中野)
定員● 24名
参加費に含むもの●
講義代、資料等、


ご出発日と料金
2018年
10月24日(水)19:00〜21:00
3,240円受付終了
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ