【終了】ラダックのシャーマンと民俗信仰


(写真: 患者を治療するシャーマン)

このツアーの募集は終了しました。 現在募集中のツアーは「風カルチャークラブ」講座・ツアー一覧をご覧ください。

-若手研究者たちの観るチベット-

この講座シリーズでは、新進気鋭のチベット研究者の方々を迎え、彼(女)らが体験・研究してきたチベット世界について様々な角度から語っていただくものです。歴史が深く、文化の多様なチベットは、「知の探求者」たちにとってまさに宝庫そのもの。この全4回のチベット講座シリーズでは、これら探求者たちの講演の後、長年チベットに在住してきた人類学者・村上大輔(風の旅行社・ラサ駐在員)が、彼らと対談しながら、みなさんをチベット世界の深みへと誘います。

本講座では、主にシャーマンの病気治し儀礼を手がかりに、ラダックに受け継がれてきた民俗信仰、なかでもアニミズム的な信仰を探ります。
ラモあるいはラバと呼ばれるシャーマンは、地方神ラーを憑依させ、病者の患部に口やパイプで吸いつき、黒いドロッとした異物を吸い出します。この異物(ティブ、=穢れ)をめぐって交わされる人々の語りに耳をかたむけてわかるのは、怪しげなまじないの方法だけではありません。本講座では、むしろその奥に垣間見える、身体や環境にたいする繊細な感性、そしてそこに生きる人が持つべき倫理に、焦点を当てていきます。



チベットを知るシリーズ特別編

若手研究者たちの観るチベット

こんな講座もあります

ラダック関連のよみものはこちら!
 


スケジュール
内容
14:00~16:30
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 風の旅行社 7Fセミナールーム(東京・中野)
定員● 24名
参加費に含むもの●
講義代


ご出発日と料金
2013年
3月9日(土)14:00〜16:30
参考料金
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ