ツアー関連情報

ウズベキスタンのお土産情報 【1】〜街角・工房編〜

 

文●池内明穂(東京本社)

アトラス織りを品定め中
アトラス織りを品定め中


旅先でお土産をあまり買うことのない私でも、欲しい!と思わずにはいられないウズベキスタンのお土産の数々、それら工芸品を製作している工房の様子をご紹介します。


様々な伝統工芸の品々がたくさん!

シルクロードの一大交易拠点として、イスラムとヨーロッパ文化の融合地点でもあるウズベキスタン。東西の技術や美意識が年月を経て混ざりあい、発展をしながらに様々な手工業品に形を変えて、現代に受け継がれています。種類やサイズも豊富です。昔からの建物を土産物店としている店舗は、町の雰囲気と調和し、悠久のシルクロードにタイムスリップしたような感覚を買い物しながら楽しめるも魅力です。

シルク工房
シルク工房
陶器屋
陶器屋
ブハラのタキバザール 
ブハラのタキバザール
ヒヴァの夕暮れ
ヒヴァの夕暮れ



作り手と話し、作り手から物を買う

たくさんの工芸品をお土産屋さんで物色するのも楽しいですが、タシケントには昔のメドレセ(神学校)を伝統工芸の職人達の工房としている場所があります。それが、アブドゥールハシム・メドレセです。6畳ほどの広さの各部屋では、職人が自分の技を磨きながら製作を続けています。見学はもちろん、購入もできます。作り手の顔が見え、製作過程を垣間見ながら、思い出の品を求め、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

他にも、ウズベキスタンには作り手と買い手の距離の近さを感じることができる工房が随所にあります。例えば、ヒヴァには街角の小さなお店兼工房、ブハラには看板が出ていないような自宅兼工房などもあります。
ツアーによっては工房に立ち寄ることもあります。数時間滞在し、その作り手と話して仲良くなれば、より一層その品物に愛着や感謝の気持ちが沸くのではないでしょうか。

シルク工房(マルギラン)
マルギランのシルク工房
シルク工房 織り作業(マルギラン)
シルク工房 織り作業(マルギラン)
手間暇かけて、絨毯を縫いあがる(マルギラン)
手間暇かけて、絨毯を縫いあがる(マルギラン)
木工の彫刻工房(ダンガラ)
ダンガラの木工の彫刻工房
慎重に並べます(ギジュドゥヴァン)
慎重に並べます(ギジュドゥヴァンの陶器工房にて)
絵を描く(ギジュドゥヴァン)
絵を描く(ギジュドゥヴァン)



一緒に作った、その時間も貴重な思い出

ウズベキスタンMAP
ウズベキスタン地図(クリックで拡大)

折角なら、“自分でも作ってみたい”と思う方もきっといらっしゃることでしょう。ウズベキスタンでは、そういう方も楽しめる、受け入れ態勢の整った工房が国内に点在しています。今回私も2軒の工房で体験をしてきました。工房スタッフや家族の方が直接指導してくれ、作品作りに励みます。出来栄えはさておき、一緒に過ごした時間も貴重な旅の思い出になりますね。


リシュタンの陶器工房

ウズベキスタンの陶器……東ウズベキスタンのフェルガナ盆地に位置するリシュタン。その土地で採れる土の成分が陶器作りに適しており、約1000年程前から陶芸が行われていたともいわれています。町には陶器工房がたくさんありますが、リシュタンの陶器作りで有名な1軒にお世話になりました。天然のイシコールという特別な釉薬を使った青色の陶器が特徴です。吸い込まれるような深く澄んだ青色のお皿は、青のタイルで覆われたモスクを彷彿とさせます。また一方、深い黄色や濃い緑色を多用したギジュドゥヴァンも陶器の町として知られます。サマルカンドとブハラの間に位置し、落ち着いた色彩が特徴です。
リシュタンの陶器工房
リシュタンの陶器工房
若手の職人さんも頑張ってます
若手の職人さんも頑張ってます
一枚一枚全て手書き
一枚一枚全て手書き
私が色付けをした小皿。
私が色付けをした小皿。
約24時間後に焼きあがり!
約24時間後に焼きあがり!




ブハラのスザニ工房

スザニとは……刺繍を施した伝統布。ウズベキスタンの各地方でデザインや色使いが異なります。小さなランチョンマットのサイズから、壁一面に飾られるような大きなものまで様々です。昔は嫁入り道具の一つとして、母から娘へと受け継がれていました。また素材や刺繍の細かさ、古さなどで価値が決まります。ウズベキスタンの伝統工芸の中でも特徴的なものとして認知度も上がってきており、アンティークなどはかなりの高値で取引されるものもあります。ウルグットという町のスザニのバザールも有名です。
旧市街の一角 看板も出ていないので1人でだと辿りつけません。
旧市街の一角
看板も出ていないので1人だと辿りつけません。
扉を開ければ…
扉を開ければ…
外のテラスにも
外のテラスにも


大きなものは複数名で縫い上げます
大きなものは複数名で縫い上げます
工房の娘さん
工房の娘さん
silkroad_kiji041_13f2
慣れない手つきで四苦八苦
(縫い終わらなかったので糸を頂いて持ち帰りました)




※いずれも、現在募集を行っているコースでは、体験プログラムは組み込んでおりませんので、ご希望の方はお問合せください。

今回の続編、「ウズベキスタンのお土産情報 【2】〜お買い物編〜」では、私が見つけたおすすめのお土産を、具体的に紹介いたします。