いってきました
いってきました

アンケート掲載方法

【学生スタディツアー】

【2016夏】ペルー 世界遺産マチュピチュ・クスコ日本語学校交流活動8日間にいってきました

  評価:★★★★★

現地の人との交流、特に、日本語学習者の皆さんとの交流がとても楽しかったです。日本の文化に興味を持ち、熱心に勉強をしている姿勢に刺激を受けました。
また、言葉が完璧に通じあえなくても、ゲームやスポーツ、ダンスなどを通じて共に楽しい時
間を過ごし、心を通わせることができたのが嬉しかったです。

私もはじめは不安がありましたが、現地の方々はとても優しく、明るくて素敵な人たちばかりで、本当に楽しい時間を過ごすことができました。このツアーに参加し、本場ペルーの文化を見て感じて味わって来れたこと、国や言語の違いを超えて心が通う瞬間を味わえたこと、地球の反対に大切な仲間ができたことなど、かけがえのない経験ができたと感じています。

【2016夏】ペルー 世界遺産マチュピチュ・クスコ日本語学校交流活動8日間にいってきました

  評価:★★★★★

現地の小学生や、日本語学校に通う生徒さんとの交流で、日本の反対側にも 日本語や日本の文化を愛し、学んでくれている人がいるというところにとても感動し、私も世界中のいろいろな国についてもっと知りたい!と思いました。日本に来たことがないのに、日本人以上に日本のことについて詳しく知っていて、必死に日本語を覚えようとしている姿に、心打たれました。

このツアーでは、なかなか訪れる機会のない南米を訪れることができ、現地の全く言葉の通じない小学生との交流や、日本語学校に通い、毎日日本語を一生懸命学んでいる学生との出会いなど本当に刺激的な体験をすることができます。現地の方々と触れ合う中で、文化交流ができるところがとても魅力的です。

現地の学生とは帰国後も、フェイスブックなどを通して交流を続けることもでき、本当に得るものがたくさんの旅でした。

【12/29(火)発】 宮城県金華山東日本大震災復興支援ボランティア 5日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか。
ボランティアは無償のお手伝いであり、無料の労働力ではない。VCさんのお言葉、おっしゃる通りです。ボランティア頼みでの神社運営には疑問があります。自身の足で歩くのはいつなのか?年度計画はありますか?寄進が無くても日々出来ることがたくさんあります。いつでも駆けつけます、でも、意識改革もしてください。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
寝袋持参が良いです。寝具が少なく、とても配給された寝具のみでは眠ることのできない寒さでした。

【12/29(火)発】 宮城県金華山東日本大震災復興支援ボランティア 5日間にいってきました

  評価:★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか。
活動の疲れとフェリーで船酔いしてしまったが、女川港に戻ると、獅子舞が出迎えてくれた。初めて獅子舞に頭を噛んでもらったのでちょっと感激した。被災地で出会った皆さんは前向きで、自分が逆に元気をもらえました。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。★
海に囲まれた東北地方の島での冬の活動はかなり寒く、またフェリーに乗るため、防寒・乗り物酔いの準備、対策を十分にとる必要があります。メインは神社だが、色々な経験をさせてもらえた。年末年始に朝早くから神社の掃除をすると、心も浄化し、新しい気持ちで新年を迎えられることでしょう。共に同じ釜の飯を食べ、共に語り合い、共に作業を行う。大変なこともあったけど、充実感があった。人としてまた一歩成長できるツアーです。

【12/29(火)発】 宮城県金華山東日本大震災復興支援ボランティア 5日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか。※現地で出会った人とのエピソードなど。

女川出身の遠藤さんや、神社の方からの「ありがとう」です。この約四年間ボランティアに行きたいなと思いつつ、行ったところで特に特技もない私にできることは無いかもしれないと思っていたので、“こんなことで”感謝してもらえるなんて、、ととても嬉しかったです。感動するくらい、現地の方の「ありがとう」には心がこもっていた気がしました。
月日が経ち、噂やメディアの情報も減ってきているので、実際に足を運んで自分の目で確かめることは本当に大事なことだと再認識できました。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。※現地で出会った人とのエピソードなど。

現地での作業は、大変なこともあります。でも、不思議と辛いと感じることは無かったです。それはきっと同じ思い(何か少しでも貢献出来たら、復興支援に繋がればという気持ち)を持った仲間と共に限られた時間で行えるからだと思います。普段の生活では出会えない様々な人と出会え、また前向きな人ばかりなので、いい刺激を受けられます!

【12/29(火)発】 宮城県金華山東日本大震災復興支援ボランティア 5日間にいってきました

  評価:★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか。※現地で出会った人とのエピソードなど。
【印象深かったこと】
・ボランティア団体の方との交流
→「被災地」や「がれき」という言葉は、もともとその土地で生活していた方々にとっては良い印象ではない表現だということを知り、普段何気なく使っていた自分の言動を見直すきっかけとなった。

・参加者との交流
→中学生から家庭を持つ方まで、活動を通して幅広い年代の方と交流ができ、様々な価値観があると実感した。

・神社で働く方との交流
→今までは神社側の立場に立って物事を考える機会がなかったため、生の声を聞けたことによって、苦労ややりがいを垣間見ることができた。

・屠蘇・箸戴きの儀にて、今年の運勢・行動指針をひきあてたこと

【感動的だったこと】
・山の上から日の出を拝めたこと
・神社清掃をしながら夕日を見れたこと
・巫女として参拝者の方にお守りを授ける手伝いができたこと
・裏参道を1日かけて清掃し、帰りに道を見返したとき見違えるほどキレイになっていて感動した

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。※現地で出会った人とのエピソードなど。
参加すれば、何かしら収穫のある旅に絶対なると思います。無駄に思えるようなことにも意味があると思うので、是非このツアーに参加して体感してみてください。「一人でも多くの方が東北のことを気に掛けるようになる」そのことが復興への第一歩だと思います。

宮城県金華山 東日本大震災復興支援ボランティア5日間(26ZAAA)にいってきました

  評価:★★★★

メディアで見るのと、現地に行ってみるのとでは、見方がこんなに変わるのかと実感しました。1日の視察では、ニュースで見ていた場所とほぼ同じ所なのに、実際に行ってみると、被害が大きかったことを痛感しました。テレビや新聞で話は聞いているけど、実際に見たいという人にオススメしたいです。

宮城県金華山 東日本大震災復興支援ボランティア5日間(26ZAAA)にいってきました

  評価:★★★★★

道路や土地が整備されて“復興”の印象を受けましたが、仮設住宅での生活を余儀なくされている状態を見ました。
・学生さんをはじめ若い方が多く参加され、一生懸命活動されていたこと。
・力を合わせて活動することの充実感や達成感、すがすがしさを体感できたこと。
・最後まで手を振って見送っていただいたみかみのおじいちゃん(被災の話、神社での話など聞く事が出来ました。)
・“御朱印”を押すという貴重な体験ができたこと。(心をこめて押させていただきました。)
・初対面の方々とITを通じて情報交換することで、また多くの人のつながりができました。
・CDで今回の風景を送っていただき、他の人にも見てもらえること。
山用靴下(分厚く暖かかったです。なければ重ね履きすると足が温かいと思います。)
・ヒートテック系の下着(重ね履きすると保温効果がUPします。動きも制限されないし、荷物もコンパクトです。)

宮城県金華山 東日本大震災復興支援ボランティア5日間(26ZAAA)にいってきました

  評価:★★★

3)津波の後、更地になってしまった所を見たこと。石巻の写真を見せてもらいながら、臭いを伝えられないことが残念と言われたこと。
感動的・感慨深かったこと:神社の仕事に携われたこと。箸戴の儀への参加。神社の本物の巫女さんに感謝されたこと。

4)冬、巫女をやる人:5本指ソックス
ドライヤー(持ってきている人は少なかった)

宮城県金華山 東日本大震災復興支援ボランティア5日間(26ZAAA)にいってきました

  評価:★★★★★

やはり実際の巫女さんや神職さんと一緒にお仕事が出来、お話を直接伺うことができて楽しかったです。また、参加者の方々は様々な地域や職種の方々がいて、4日間一緒に寝泊りできたのが良い思いでです。今回は旅行の参加者だけでなく、VCの方々とも一緒に交流でき、みんなで協力しながら作業することの楽しさも改めて感じました。どんな方にも参加すれば、何か得るものがあると思います。持って行ったほうが良いと思うのは、チョコレートと5本指ソックス。あと必要があればドライヤー。