いってきました
いってきました

アンケート掲載方法

【学生スタディツアー】

【2018夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
現地のガイドさん,運転手さんの優しさが一番心に残っています。 シャウエンの街では,写真を撮りたいと盛り上がっていた私たちに配慮して,少し長めに街の中を案内してくれました。また,一人ひとりの要望を覚えていて,楽器の好きな私には,現地のギターを弾かせてくれました。長距離移動の社内では、運転手さんとガイドさんが「海の声」を歌ってくれて,乗り物が苦手でも,楽しく過ごすことができました。安心感のある10日間でした。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
アフリカ,砂漠…ということで,迷う人もいるかもしれませんが,やっぱり行ってみて,肌で感じる素晴らしさがあります。特にスタディーツアーは,他の参加者と一緒に授業を考えるので,必然的に仲間意識が芽生えます。思い出も,仲間もできて,最高でした。現地の子どもたちの笑顔は,一生忘れません。

【2018夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
・添乗員の方や、現地ガイドの方々が思いを込めてツアーを作ってくださっていたこと。他のツアーは日程をこなすように感じたが、それは全く感じなかった。
・ハミリア村での日本文化紹介で子供たちと交流し、言葉が通じなくても楽しんでくれたのが分かり嬉しかった。また、ガイドさんも授業作りに協力してくださり感動した。
・砂漠で嵐になったこと。嵐になったけど、それもみんなで笑い話に出来て逆にいい思い出になった。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
このツアーでは、添乗員さん、ガイドさん、参加者全員が仲間のように感じました。気になることは何でも質問できたし、何よりもモロッコの素敵なところを紹介したいという思いを感じました。場所やモノだけでなく、人との繋がりを感じることのできた素敵なツアーでした。

【2018夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
担当の方も、ガイドさんも、そしてメンバーもここでしかできない繋がり、絆を感じられたことがとてもよかったです。
長時間の移動も、次々と変わっていく景色や車内でのみんなとの盛り上がりであっという間で、全ての景色・出来事に感動しっぱなしでした。
アフリカの大地で大きな地球、人との暖かい絆を感じられ、小さかった自分の器が大きくなった気がします。
小さな夢の1つ1つを叶えてくれたガイドさん、担当さん、そしてメンバーにとっても感謝しています。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
どんなに砂まみれ、汗だくになっても、暑さも何も気にならないくらい、子供達、メンバーと過ごす時間はとても貴重で、ここでしか体験できないかけがえのないものになりました。日本では体験できないゆったりとしたモロッコタイムで心のゆとりができました。このスタディツアーに参加できて本当に良かったです。

【2018夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
・学校の子どもたちの笑顔
・集中しているときのまなざし
・ガイドさん、ドライバーさん、校長先生などのモロッコの方の優しさ
・ガイドさんの日本文化を学ぼうとする姿勢

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
飛行機、車と長距離の移動が多いので、体力勝負になります。
車酔いを防ぐために、酔い止めの薬、エアーまくら、スマホに好きな音楽(車中でカラオケ大会ができます)
熱中症対策に、スポーツドリンクの粉末、ぼうし、タオルそして、楽しむこころ。
モロッコの方たちは、みなさん優しい方ばかりなので、とても楽しい10日間でした。本当にありがとうございました!

【2018春】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
ユニフォームを子ども達に渡すことが出来たこと。今回は御協力いただき誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
今まで経験したことがないことを経験出来ると思います。文化の違いや外からみた日本、なにか気づくことがあると思います。

【2018春】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
ただ観光地をまわるだけでなく、現地の方々と交流できたことがとても印象的でした。特にハミリア村での授業では、私たちが考えたゲームや作った食事に対して、素直なリアクションを見せてくれてとても嬉しかったです。子供たちに日本文化を教えるボランティアでしたが、自分自身も日本文化とは何かと考え直す良い機会になりました。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
プランを見た時に移動の時間が長いなあと感じたけれど、今までにない経験が出来たので思い切って行って良かったと思える旅でした。もし悩んでいるなら是非参加してほしいです。

【2018春】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
子どもたちに日本食を振る舞い、最後に一人ずつ握手をしました。一人一人と目を合わせながら、日本語で「ありがとう」と言われた時にはとても感動しました。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
現地に実際に行かなければ、わからないことが沢山あります。シャウエンの美しい街、フェズ旧市街の独特な臭い、ハミリアの子供たちの無邪気さ、どれもこのツアーでしか味わえない貴重な経験です。

【2017夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回ご参加のツアーに申込みを決めたポイントは何ですか?
シャウエン、砂漠、ハミリア村での滞在、世界遺産とモロッコの要所を満遍なくカバーしていると感じたため。

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
村での滞在、村で挙げていただいた結婚式、外で寝た時に見た星空が印象深かったです。結婚式で伝統舞踊にご一緒させて頂いたのですが、踊る時に黒いベールで顔を隠している女性たちが終わったあとコッソリ顔を出して、笑顔で「上手ね!」と褒めてくださったのが本当にうれしかったです。ラクダキャラバンもすごく楽しかったです。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
最終日に(風カルチャークラブの社員添乗員の)Aさんが仰っていた「帰国後、現地の人たちの顔を思い浮かべる旅」という言葉が今回の旅を形容するのにピッタリで、帰国してから村の人たちのことばかり 思い出しています。ただ観光するだけではなく、現地の人たちと触れ合ったり、現地の文化を体験したい人は絶対参加するべきだと思います。
あと食事が本当に美味しいです。スーツケースにカップラーメンを入れていましたが手をつけることはなかったです。最も意外だったのがハミリア村の食事が一番美味しかったこと。これからあの味を再現するための研究をはじめます。笑
また、参加前に唯一心配していたお手洗い事情も全然問題なかったです。よっぽど日本の公衆トイレやお祭のトイレの方が汚いと思うので安心してください。

その他に伝えたいこと:
・生絞りオレンジジュースは絶対飲むべし
・ハンマム最高。パンツがガスールで汚れるので、プール用に持ってきた水着の下を履くべきだった
・一瞬でもときめいたお土産品は買うべし
・細かいお金・小銭がたくさん必要になるので、両替時に「Small Changes」と言う、トイレで小銭に両替してもらう、などしてお金を崩しておこう
・社会人に対して、パソコンはなかなか使えないから持っていかない方がいい
・授業で使いそうなyoutube系の動画は、村に入る前のホテルでダウンロードしておこう
・ビニール袋は大量に持っていくべし
・ウェットティッシュは常時携帯するのがオススメ

【2017夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回ご参加のツアーに申込みを決めたポイントは何ですか?
モロッコに行きたくて色々と比較検討しましたが、学生が多く参加するスタディツアーであること、1人ではなかなか行こうと思わないハミリア村訪問が組み込まれていることが決め手になりました。

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
ハミリア村での体験が特に印象に残りました。ハミリア村では、自分が当たり前に知っていることを異文化として目の当たりにする子供たちの反応に、私自身も刺激を受けました。逆に、スポーツや音楽、あやとり(モロッコでは昔よくあやとりが遊ばれていたそうで親世代や一部の子供たちは知っていた)など、言葉が通じなくても一緒に楽しめる遊びもあり、こんなにかけ離れた文化を持つ国の子供たちと一緒に遊べているということに、心が温まるような不思議な感覚を感じました。ハミリア村には2日間しかいなかったのに、別れ際に泣いてくれる子供もいて、感動しました。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
行く前は治安を心配しましたが、モロッコの人は人懐っこかったり、冗談好きだったりと、人間臭さが感じられました。ガイドさんも含め、モロッコの人たちとの触れ合いももちろん忘れられませんが、ツアー参加者同士の距離がこんなにも近くなるとは思いませんでした。一緒に考えて授業の準備をしたりするスタディツアーだからこそだと思います。

【2017夏】 モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間にいってきました

  評価:★★★★★

●今回ご参加のツアーに申込みを決めたポイントは何ですか?
アフリカなどの日本から遠い外国の地に旅をすることのできる時期が今しかなかったこと、アフリカの中でも治安の良いモロッコという場所であったこと、ボランティアという形で普通の旅行とは全く異なる体験ができること、現地の方々との交流を行うことができること、初対面の参加者同士で新しい交流を生めること、等です。

●今回のツアーで特に印象深かったことや、感動的だったことは何ですか?
ボランティアで訪れたハミリア村で、砂漠という過酷な環境の中でも、現地の子供たちが日本と変わらずに(あるいは日本よりも元気な笑顔で)ボールを追いかけたり、歌ったりしている姿を見て、人間のたくましさを感じました。テレビやネットがなくとも、笑顔があれば(人との交流を通して)人生は豊かなものになるということを体現しているようでした。
また現地の子供たちとサッカーや音楽などによる交流を通して、そしてホテルの人たちや街で話しかけてくる人たちとの一瞬の交流を通して、言葉が通じなくとも心を通じさせることは出来るのだということを初めて実感しました。
一方で、マラケシュでは子供たちが日本人という豊かな国の旅行客に対して物をねだる姿を見て、当たり前のことではありますが、途上国の貧しい家庭に生まれた子供たちと(裕福ではないにしろ)日本に生まれた子供たちとの厳然たる差があることを改めて確認させられました。

●これからこのツアーに参加される方へのメッセージをお願いします。
日本という緑豊かで経済的にも大変恵まれた環境に生まれた幸福をともすれば忘れてしまいがちですが、モロッコの生の姿を見ることで改めて日本の豊かさを実感すると思います。
また、現地の方々との交流は、言葉が通じなくとも(あるいは通じないからこそ)、日本にはない暖かさや多くの笑顔を見、感じることが出来ると思います。
途上国への訪問は個人旅行でも可能ですが、ボランティアという形で多くの現地の方々と交流し、村に泊まるという経験は、日本にいると偏ってしまいがちな価値観を大きく変えてくれるはすです。
そして、この旅で出会った参加者との繋がりは日本に帰っても貴重なものとなると思います。
モロッコとの出会い、参加者との出会い、多くの現地の方々との出会い、(異国にいるからこそ感じられる)人との繋がりの素晴らしさをぜひ体感してください。