3名様から催行出発日限定日本語ガイドは付きません英語ガイドが付きます添乗員が同行します特別講師は同行しません

アフリカは不思議がいっぱい

10/06発 モーリタニア 知られざる隊商都市ティシット10日間

  • ティシットの旧市街
  • ティシットの旧市街・遠望
  • ティシットの大モスク
  • ティシットの民家
  • ティシットの建築様式
  • 遊牧民に出会えるかも

※ツアー代金、値下げしました!

モーリタニアには、世界文化遺産に登録された隊商都市遺跡が4つあります。イスラム七番目の聖地であるシンゲッティ、大モスクの門前町のような町ウワダン、装飾をほどこした民家で知られるウワラタ、そして、石積みの建築が美しいティシット。
紅海に面したスーダンから、大西洋に面したモーリタニア、さらに、サヘルの地域へと長い交易の旅をした隊商たちが、交易の中継点として発展させた隊商都市・・・いまでは砂漠に埋もれそうなキャラバンルートを、往時に思いを馳せながら、ラクダならぬ四駆で辿ります。

【隊商都市ティシット(世界文化遺産)】
ヒジュラ6世紀に発見されて以来、「砂漠の真珠」と呼ばれ、北西アフリカでもっとも美しい隊商都市といわれたティシットも、いまでは、ここを訪れるための舗装された道路もなく、隊商やカミオン(トラック)や旅人が時おり訪れる、静かな砂漠の中の村となっています。石組の美しい建築物が多いことでも知られています。

ティシットは、4つの隊商都市の中で、最も行きづらい場所~モーリタニアの中央に広がるサハラ砂漠の奥に位置しています。どこまでも続く荒涼とした砂漠や、静寂の中に佇む奇岩怪石が続く不毛の地に突如現れるオアシスです。
過酷な自然と向き合い、伝統を守って生きる砂漠の人々の生活の知恵や、信仰心の一端に触れてみませんか?
ツアーポイント
1. モーリタニアの砂漠のオアシス隊商都市ティシットをめざす
2. 世界文化遺産ティシットで不思議な石積の街を散策します。
3. お泊りはテントまたはサハラ砂漠伝統の掘立小屋ハリマ


企画・同行予定添乗員

立花 誠(たちばな まこと)

世界200カ国以上を歩いた旅の鉄人!

世界を歩いた旅の鉄人! 2005年、ツアーデスク“パームツアーセンター”を立ち上げました。行っていない国はイスラエル、モンテネグロ、コソボ、南スーダン、クック諸島(独立前に訪問)のみ。1996年から2003年まで風の旅行社に在籍、休みの期間にはギアナ三国、ブルキナファソなど、いまのツアーの原型となる体験をしてきました。今まで歩いて感銘を受けた国や、驚きとともに印象に残った地域、異文化体験などのプログラムをこれから発信してゆきます。旅のメインはもちろん、国境越えや、村歩き、トランジットの街での途中下車など、旅の鉄人ならではの味付けもお楽しみ頂けます。


 


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京
大阪
深夜: 東京(成田)を出発。空路、経由地へ。
深夜: 大阪(関西)を出発。空路、経由地へ。
  宿泊●機内泊 食事● - /  - /  - 
2経由地
カサブランカ
ヌアクショット
早朝: 経由地に到着。
朝~午前: 経由地を出発。
午後~夕刻: カサブランカに到着。
※待ち時間中、ご希望の方は、鉄道を利用して市内散策にご案内致します(実費/現地精算)。
20:15~21:15: カサブランカを出発。モーリタニアの首都ヌアクショットへ。
23:00~23:59: ヌアクショットに到着。
着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 /  - / 機内
3ヌアクショット
ブーティリミ
ティジクジャ
午前: 専用車でホテルを出発。ティジクジャに向かいます。
☆ヌアクショットを出ると砂漠地帯に入ります。様々な表情を持つ砂漠の風景をお楽しみ下さい。ブーティリミを過ぎると、“希望の道”と呼ばれる街道に入ります。アレグ、カングラファを通過します。
午後: ティジクジャに到着。ティジクジャにはモーリタニア最大のヤシ林があります。
宿泊はテントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋)
  宿泊●テントまたはハリマ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ティジクジャ
ティシット
午前: 専用車でサハラ砂漠の隊商都市ティシットへ。
道中、AOUKER 地方の砂漠(終わりのない砂漠を感じさせる風景)、砂漠の井戸(隊商の人々やラクダにとって重要な水分補給基地)、ジグザグの岩山、風向明媚なブードゥレイ峡谷、レクシェブの奇岩怪石、砂漠の小さな集落などが車窓からご覧頂けるでしょう。そのうちの何箇所かで休憩をします。
宿泊はテントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋)
  宿泊●テントまたはハリマ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ティシット終日、世界文化遺産ティシットを観光します。
いまにも砂に埋もれそうな幻の砂漠の古都ティシットの旧市街を散策。石造りの民家や大モスク、大切な古文書を保管している図書館などを訪れます。
不思議な石積の町を、ゆっくりと散策してみましょう。

宿泊はテントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋)
  宿泊●テントまたはハリマ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ティシット
ティジクジャ

午前: 専用車でサハラ砂漠を走り、ティジクジャへ。
宿泊はテントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋)
  宿泊●テントまたはハリマ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ティジクジャ
マトマタ渓谷
午前: 専用車でマトマタ渓谷に向かいます。
ティジクジャを過ぎて、ムージェリアまでは舗装道路。そこから先はダート!ンベイカから道を離れ、マトマタ渓谷へ。
マトマタ渓谷では、渓谷の風景をご覧いただきます。また、サハラが緑であった時代を物語る岩絵、もう、ここにしかいないサハラのワニを探しましょう。
宿泊はテントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋)
  宿泊●テントまたはハリマ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8マトマタ渓谷
ヌアクショット
午前: 専用車で首都ヌアクショットに戻ります。
時間が許せば、首都の商店街を散策します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
9ヌアクショット
カサブランカ
経由地
06:30~07:30: ヌアクショットを出発。
09:15~10:15: カサブランカに到着。
13:30~14:30: カサブランカを出発。
深夜: 経由地に到着。乗り換えます。
  宿泊●機内泊 食事●機内 /  - / 機内
10経由地
大阪
東京
深夜: 経由地を出発。帰国の途へ。
夕刻: 大阪(関西)に到着。
夕刻: 東京(成田)に到着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018/02/09要問合せ
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2016/01/15840,000円
2017/10/06840,000円
大阪発
2018/02/09要問合せ
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2016/01/15840,000円
2017/10/06840,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2016/01/15要問合せ
2017/10/06要問合せ
ご旅行条件・他
最少催行人員●5名(定員8名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●カタール航空、エミレーツ航空、エティハド航空
利用予定ホテル●【ヌアクショット】ホテル・ズィワーニャ、ホテル・ハリマ、オテル・アトランティーク・ヌアクショット、モノテル・ホテル、レジデンス・イマン、ホテル・エミーラ、ホテル・ティフェイラ、ホテル・イクラマ、ホテル・セミラミス・ヌアクショット、モーリセントル・ホテル、オテル・ムーナ、ロイヤル・スイーツ・ホテル、ワルダ・パラス、メゾン・ドーテ・ジェルア、ホテル・ウィサル・ヌアクショット、オーベルジュ・メナタ、ホリデイ・ホテル、オーベルジュ・ディアギリ、シャンブル・ドーテ・ナーガ、ブーダルジュ&イニミーシュ・アパルトーテル、アトランティーク・オテレーザ、オテル・エル・アマネ、ゼイナール、エル・イドリッシ、アル・ハイマ・シティ・センター、オーベルジュ・サハラ、簡易旅館 【ティジクジャ】テントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋) 【ティシット】ゲストハウスまたはテントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋) 【マトマタ渓谷】テントまたはハリマ(砂漠の伝統的掘立小屋) ※ハリマは砂を防ぐ防砂垣だけの、ベーシックな掘立小屋です。寝袋やスリーピングシーツは、各自お持ち下さい。
お一人部屋追加代金●54,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日2017年06月10日)
国際線¥16,300(エミレーツ航空)

●注意点
※ 黄熱病予防接種証明書(イエローカード)携行が推奨されています。予防接種は必ずご旅行出発の10日前までにお受け下さい。
※ モーリタニアでは蚊やダニなど刺す虫がいますので肌を露出しない服装をご準備下さい。
※モスクを拝観する場合は、長袖・長ズボン着用のこと。
※ 政府の建物、橋梁、鉄道、船舶、港湾、軍人や軍の施設、警察官、空港などは撮影厳禁。撮影するとカメラを没収されます。
※ マラリアの予防薬服用が奨励されている地域です。マラリアの予防薬・治療薬は劇薬です。必ず医師と相談の上、処方を受けて下さい。
※ 厳格なイスラム教の国です。酒類や豚肉・豚肉加工品の持込は禁止です。
※イスラエルの査証または入出国スタンプ、またはイスラエルと国境を接する国の、イスラエルと国境を接する入出国管理所のスタンプがある旅券(パスポート)をお持ちの方は、それらが押印された旅券(パスポート)では査証申請/入国ができません。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、査証代、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費。
【事前徴収】
・関西空港諸税3,040円
・成田空港諸税2,610円
・モロッコ空港税386ディルハム(約4,360円)
・モロッコ保安税96ディルハム(約1,080円)
・モロッコ観光税エコノミークラス:200ディルラム(約2,240円)
・モロッコ観光税ビジネス・ファーストクラス:800ディルラム(約9,020円)
・ドバイ空港税70UAEディルハム(約2,170円)
・モーリタニア搭乗旅客税:¥1,970
・モーリタニア保安税:¥990
・モーリタニア航空交通料:¥2,010
・モーリタニア旅客サービス料:¥1,890
<2017年6月現在>

●旅券(パスポート)の残存期間
帰国時に6ヶ月以上の残存有効期間があり、未使用の査証欄が見開きで2ページ(左ページから連続4ページ)がある旅券が必要


●査証(VISA)
【モーリタニア】
申請書2枚にパスポートと同じ署名/顔写真(背景無地。縦4.5cmx横3.5cm)2枚/身分証明書(在職証明・学生証・etc)が必要です。
申請実費US$130.00相当の円(2015年11月10日現在 約\16,250)+手配代行手数料として8,640円を事前に申し受けます。


●名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・地方空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,000円(2014年1月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求