4名様から催行出発日限定日本語ガイドは付きません英語ガイドが付きます添乗員が同行します特別講師は同行しません

イースター島完全制覇!

車で、足で、馬で見尽くすイースター島 10日間

  • ラノララク遠望
  • アナケナ付近に据えられたモアイたち
  • ラノララク~運び出されることのなかったモアイたち
  • ラノララク~モアイのシルエット
  • ラノララク~切り出しの途中で放棄されたモアイ
  • 鳥人(タンガタ・マヌ)のレリーフ
  • マケマケ神のレリーフ
  • 世界のへそ~テ・ピト・クラ
  • オロンゴ~儀式の際に神官が参籠した岩屋
  • ありし日のハンガロアの魚即売所(1985年頃)

【旅の鉄人・立花誠プロデュース企画】

新しいタイプのイースター島の旅が登場!
通常のイースター島観光は、車で回ります。半日観光2回、終日観光1回で、主要な遺跡・史跡を訪れる形がほとんど。今回のイースター島の旅は、ちょっと変わった方法で、完全制覇に挑みます。

車では行けない小さな重要遺跡を「ハイキング」と「騎馬トレッキング」で回ります。

ハイキングでは、石切場(ラノララク)からモアイを海岸まで運んだ”モアイの道”を歩き、ラノララクに登ります。運搬の途中で放置されたモアイや、石切場から切り出されなかったモアイ、ある日突然、終焉を迎えたモアイの時代に思いをはせてみましょう。

騎馬トレッキングでは、通常の観光では訪れることのない、西海岸と北海岸を訪れます。三角形をしたイースター島の西海岸と北海岸には、規模は小さいながら重要な遺跡・史跡が点在しています。今回は馬に乗って、それらの遺跡を訪れます。

※復路の経由地はブラジルです。
ツアーポイント
1. 車のツアー: 専用車による半日観光2回と終日観光1回
2. 足のツアー: モアイの道を通り、石切場ラノララクまでハイキング。
3. 馬のツアー: 通常では殆ど行かない西海岸と北海岸を訪問。
4. モアイの時代の黎明期から終焉まで、さまざまな遺跡を見学。
5. フォルクローレ・ショーを一回、予定しております。
6. お宿はアットホームなこじんまりとしたホテル/旅館を予定。

このツアーは割引サービスが適用されます。

企画・同行予定添乗員

立花 誠(たちばな まこと)

世界200カ国以上を歩いた旅の鉄人!

世界を歩いた旅の鉄人! 2005年、ツアーデスク“パームツアーセンター”を立ち上げました。行っていない国はイスラエル、モンテネグロ、コソボ、南スーダン、クック諸島(独立前に訪問)のみ。1996年から2003年まで風の旅行社に在籍、休みの期間にはギアナ三国、ブルキナファソなど、いまのツアーの原型となる体験をしてきました。今まで歩いて感銘を受けた国や、驚きとともに印象に残った地域、異文化体験などのプログラムをこれから発信してゆきます。旅のメインはもちろん、国境越えや、村歩き、トランジットの街での途中下車など、旅の鉄人ならではの味付けもお楽しみ頂けます。


〜 イースター島を満喫! 
イースター島MAP 〜


当ページ掲載の写真は、1985年頃に立花誠自身が撮影したものです。現状とは異なる可能性がありますことを、ご了承ください。

企画・同行予定添乗員

立花 誠

世界を歩いた旅の鉄人! 2005年、ツアーデスク“パームツアーセンター”を立ち上げました。行っていない国はイスラエル、モンテネグロ、コソボ、南スーダン、クック諸島(独立前に訪問)のみ。1996年から2003年まで風の旅行社に在籍、休みの期間にはギアナ三国、ブルキナファソなど、いまのツアーの原型となる体験をしてきました。今まで歩いて感銘を受けた国や、驚きとともに印象に残った地域、異文化体験などのプログラムをこれから発信してゆきます。旅のメインはもちろん、国境越えや、村歩き、トランジットの街での途中下車など、旅の鉄人ならではの味付けもお楽しみ頂けます。


この企画は、“旅の鉄人”立花 誠が企画・同行するツアー・プログラムです。
その他ツアーはコチラご覧ください!

このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1〔大阪
東京
メキシコシティ
リマ
〔午前:大阪(伊丹)発。空路、東京(成田)へ。〕
午後:東京(成田)発。メキシコシティで乗り継ぎリマへ。(日付変更線通過)
リマ到着後、乗り換え。
  宿泊●機内泊 食事● - / 機内 / 機内
2リマ
サンチャゴ
イースター島
深夜:空路、サンチャゴへ。
朝:サンチャゴに到着。乗り換え。
午前:空路、イースター島へ。
午後:専用車で行く半日観光(午後の部)
 ・オロンゴ儀式村: 鳥人儀礼の遺跡
 ・ラノ・カオ: オロンゴの岬の背後にある火山
 ・タハイ文化村: ハンガロア村にいちばん近いモアイ群
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 /  - / 夕
3イースター島
終日:ハイキング・ツアー
 【午前の部 3時間 アラ・オ・テ・モアイ】
南海岸の東部まで移動。かつて切りだされたモアイが運ばれた道『モアイの道』を歩き、ラノララクへ。
 ・アラ・オ・テ・モアイ: モアイの道。
 ・倒れた14体のモアイ: 運搬途中に力尽きたモアイ
 ・マウンガ・トゥアトゥア: 三角錐の小さな火山
ピクニックエリアで昼食をとります。
 【午後の部 3時間 北海岸】
午後は海岸線を歩きます。
 ・ツパ: 石を積んで造った用途不明の謎の建物。
 ・パパ・バカ: 線刻画の宝庫。
 ・マエア・プ・オ・ヒロ: 別名トランペットストーン。
終了後、ハンガロア村の宿に車で戻ります。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4イースター島終日:専用車で行く終日観光
 ・アカハンガ:  倒れたままのモアイがあります。
 ・ラノ・ララク:  モアイの石切場。斜面に佇むモアイは圧巻。  
    ♪探してみよう:   
      ①最大のモアイ『ピロピロ』   
      ②「モアイあります!」看板の役割を担ったモアイ
       ③切りかけのモアイ   
      ④跪くモアイ『トゥクトゥリ』
      ⑤船の線刻画のあるモアイ
 ・アフ・トンガリキ:  日本の技術で蘇った15体のモアイ  
    ♪探してみよう:  
      ⑥来日経験のある唯一のモアイ  
 ・テ・ピト・クラ:  『世界のへそ』と呼ばれる丸い石
 ・アフ・ナウ・ナウ: プカオを載せたモアイが並ぶ
 ・アフ・アトゥレ・フキ: 島の始祖ホツ・マツア王の像? 
終点はアナケナの浜。水着とタオルを持参すれば泳げます!
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5イースター島終日:乗馬ツアー
終日:乗馬ツアー。西海岸からマウンガ・テレバカの麓を北海岸に馬で移動します。観光客がほとんど訪れない、イースター島の西海岸と北海岸を訪れます。小さな遺跡や史跡が点在するエリアでもあります。
【道中で見られる遺跡・史跡】 ※天候や道のコンディションにより、変更になる場合がございます。
 ・ハレ・バカ遺構: ボート型の住居をハレ・バカといいます。
 ・ハレ・モア遺構: 鶏小屋をハレ・モアといいます。
 ・洞窟住居: 外観はまるで岩の塊。
 ・アフとモアイ: 辺境にもアフと倒れたモアイが!
 ・ピピ・ホレコ: 個人の土地の境界線に建つ目印
 ・ペトログリフス: モアイ時代の島民が刻んだ線刻画
今日も終点はアナケナの浜。水着とタオルを持参すれば泳げます!
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6イースター島
イースター島
サンチャゴ

午前:専用車で行く半日観光(午前の部)
 ・アフ・ビナプ: みごとな石組のある遺跡
 ・プナ・パウ: モアイの髷”プカオ”の石切場
 ・アフ・アキビ: 海を見つめて佇む7体のモアイ
午後:空路、サンチャゴへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 /  - / 機内
7サンチャゴ
リオデジャネイロ
サンパウロ
午前:空路、リオデジャネイロへ。
着後、専用車でポン・ジ・アスカール、コパカバーナ海岸、イパネマ海岸などの景観を巡ります。
夜:空路、サンパウロへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 /  - /  - 
8サンパウロ
メキシコシティ
朝:空路、乗継地のメキシコシティへ。
午後:メキシコシティ着。乗り換えます。
  宿泊●機内泊 食事●機内 /  - /  - 
9メキシコシティ深夜:国際線を乗り継いで帰国の途へ。
(日付変更線通過)
  宿泊●機内泊 食事●機内 /  - /  - 
10東京
大阪〕
早朝:東京(成田)着。
〔夕刻:空路、東京(成田)から大阪(伊丹)へ。〕
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/04/07860,000円
2018/06/02855,000円
2018/08/18888,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/04/07
2018/06/02
2018/08/18
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/04/07
2018/06/02
2018/08/18
ご旅行条件・他
最少催行人員●4名(定員10名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●アエロメヒコ、ラタム航空
利用予定ホテル●【イースター島】マヌタラ、オタイ、ゴメロ、マナヴァイ、ヴァイ・モアナ、イオラナ、マタヴァイ、ホトゥ・マトゥア、プク・ヴァイ、タハタイ、オセアニア、ハンガロア ※イースター島のホテル・旅館は、基本的にバスタブなしのシャワーのみとなります。 【サンチャゴ】リベルタドール、マジェスティック・シティセンター、パナメリカーノ、プリンシパード、ギャレリアス、プリンシパド・デ・アストゥリアス、メルキュール・サンチアゴ・セントロ、クラウンプラザ・サンチアゴ、グランド・ハイアット・サンチアゴ、トーレ・マヨール、ヒルトン・ガーデンイン・サンチアゴ・エアポート、ホリデイイン・サンチアゴ・エアポート・ターミナル 【サンパウロ】エクセルシオール・サンパウロ、マラバ、バーボン・サンパウロ・エクスプレス、サンミゲル、ノビル・ダウンタウン・サンパウロ、チンビラス・パラッセ、ノルマンディー・デザイン、ノボテル・サンパウロ・ハラグア・コンベンションズ、トラベル・イン・ブラストン・サンパウロ、ヘアル・カスチーリャ、コロンビア、コパン・ビル簡易旅館
お一人部屋追加代金●45,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(: 2017年11月現在)
国際線¥14,000(アエロメヒコ、ラタム航空)
●注意点
※ 日差しが強いので、各自日焼け対策をお願い致します。
※ 海水浴をするチャンスがあります。水着・タオルをご用意下さい。
※ 騎馬トレッキングは、おとなしい馬に乗って遺跡・史跡めぐりを
  しますが、不測の事態に備え、ヘルメットをご用意します。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港諸税、イースター島国立公園入園料、チップ、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費。

【事前徴収】
・成田空港諸税:2,610円
・メキシコ国際空港出発税:約10,400円
・メキシコ旅客税:約6,500円
・ペルー空港諸税:約5,260円
・チリ空港施設使用料:約6,910円
・ブラジル空港諸税:約4,170円
<2017年11月現在>
【現地支払い】
・イースター島国立公園入園料:US$80.00-
<2017年09月現在>


●旅券(パスポート)の残存期間
・残存期間が帰国時に6ヶ月以上あること
・未使用の査証欄が左ページから連続4ページ(見開き2ページ)以上あること


●査証(ビザ)
ブラジル査証が必要です。現住所により、申請する領事館が異なりますので、必ずお問合せ下さい。
<ご用意頂くもの>
・上記の条件を満たす旅券(パスポート)
・申請書: 申請書は弊社作成。旅券と同じ署名をお願いします。
・写真: 今回の申請のため、新たに撮影すること
 -写真サイズ: 東京・名古屋 縦4.5cm X 横3.5cm
          浜松 縦4cm X 横3cm
 -顔の大きさ: 頭頂部から顎まで 3.1~3.6cm
 -写真の種類: カラー写真/背景は白のみ
 -不可のもの: 不鮮明なもの、影のある写真は不可
  モノクロ写真、スナップ写真、 スピード写真、デジカメは不可
・預金残高証明証(英語またはポルトガル語または日本語)
 預金額: 目安として最低25万円以上
 条件等: 今回の申請の1ヶ月以内に発行されたもの。
・費用: 21,200円(実費10,400円+代行手数料10,800円)
・身元確認書類(浜松のみ)
住民票/免許書(裏表複写)/保険証(裏表複写)/電話請求書(複写)等


●予防接種
 黄熱予防接種証明書(東京・名古屋・浜松)
 有効な黄熱予防接種証明書をお持ちでない方は、接種をします。
 ブラジル到着の10日前までに接種をします。
 接種後、生涯有効となります。
(査証申請時に提示の必要はありませんが、入国時にチェックされます)


●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,100円(2017年11月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。




 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求