3名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

アイト・ベン・ハッドゥ(カスバ)に泊まる!

モロッコ カスバ街道とザゴラ&マラケシュ9日間

  • マラケシュ~夕暮れのフナ広場
  • オートアトラス~標高2,260mのティシュカ峠を越えて~
  • 世界文化遺産アイト・ベン・ハッドゥの遠望
  • アイト・ベン・ハッドゥの内部
  • ザゴラ周辺のオアシス
  •  カスバ街道に点在するカスバのある風景
  • 切り立った岩壁が両側に迫るトドラ峡谷(古写真)
  • マラケシュ~歩くだけでうきうきするメディナ

アイト・ベン・ハッドゥに泊まる!
アトラス山脈の麓に位置する巨大カスバ“アイト・ベン・ハッドゥ”を訪れ、実際に内部の家を改装した簡易旅館に泊まり、アイト・ベン・ハッドゥ住民になりましょう。
モロッコ中部のワルザザート郊外にある集落。サハラ砂漠の西部大砂丘 GRAND ERG OCCIDENTAL とオート・アトラス HAUT ATLASに挟まれたこのあたりは、隊商(キャラバン)の交易の中継地として栄えました。富が集まりやすいこの地域の集落は、ひとつひとつが孤立しており、盗賊などの略奪から集落を守るため、次第に城砦のような構造が発達してゆきました。このような構造の集落は、“カスバ”と呼ばれています。カスバは、アトラス山脈の麓であるアイト・ベン・ハッドゥからサハラ砂漠の入口であるエルラシディアに到る街道沿いに多く築かれました。そのためこの街道と周辺は“カスバ街道”という愛称で呼ばれています。名勝トドラ峡谷や隠れ里イミルシルへの道筋にも多くのカスバが築かれましたが、殆どは過疎化しており、廃墟となったものもあります。
アイト・ベン・ハッドゥはそうしたカスバの中でも特に保存状態がよく、1987年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

アイト・ベン・ハッドゥの特徴
アイト・ベン・ハッドゥ集落の外側の家屋は集合体を成し、外観は堅固な城壁のようです。敵の侵入を防ぐため、集落への入口はひとつだけです。入口を入ると中は迷路のように通路が入り組んでおり、建物の一階部分は窓がなく、換気口のみが穿たれています。外壁には銃眼が施され、最上階には籠城時の兵糧庫があります。カスバは規模に関係なく、上記のような構造になっています。歩いてみましょう!

◆ザゴラ ZAGORA:
“トンブクトゥまで52日”という看板をみかけることがあるザゴラは、はるか昔、ラクダの隊商がザゴラからトンブクトゥまで、52日ほどをかけて旅をした名残りです。現在マリ共和国にあるトンブクトゥは、隊商の始点・終点の一つで、メッカ巡礼で欧州や中東の金相場を狂わせるほどの喜捨を行った中世のマンサ・ムーサ王の時代には、学問都市として、交易の拠点として繁栄を極めました。
ザゴラはトンブクトゥと北アフリカとを結ぶ交易路の中継点の一つで、往時は多くの隊商が通り過ぎてゆきました。現在ワルザザートとザゴラとを結ぶ街道をゆくと、さまざまな人種を見ることができます。交易の時代からアフリカの南方、そして北方からさまざまな人種が行きかい、混血していったからなのでしょうか。
かつては隊商交易の中継点であったザゴラは、現在は観光の中継点となっており、多くの観光客がこの町を基点に、砂漠ツアーに参加するためここで準備をします。
水曜日と日曜日には、ムハンマドV通りに、民俗色ゆたかなローカル市が立ちます。08:00~14:30が最も賑わい、大ぜいの近隣の村人たちが商品を持ち寄り、売り買いする光景を見ることができます。運河よければラクダにも会えるかもしれません。

トドラ峡谷 GORGES DU TODRA: 
カスバ街道観光のめだまのひとつがトドラ峡谷です。切り立った崖が両脇に迫った谷には、きれいな水が流れるトドラ川があります。モロッコ南部を代表する景観の一つとして親しまれています。また、トドラ峡谷に到る、荒涼とした隘路を走ると、ときおり緑に覆われた小さなオアシスや、まるで廃虚と化したカスバをみることができます。峡谷内の景色のよい場所で下車し、トドラ峡谷を少し歩いてみましょう。 
ツアーポイント
1. 1.世界文化遺産アイト・ベン・ハッドゥ内の簡易旅館に泊まる!
2. 2.モロッコの屋根オート・アトラス越え。
3. 3.オアシスが点在するザゴラ方面への小旅行
4. 4.古いカスバが点在するカスバ街道方面への小旅行
5. 5.マラケシュでは、こじんまりとしたリアドに宿泊
6. 6.マラケシュのメディナをそぞろ歩き+フナ広場見物



企画&添乗スタッフ

立花 誠

世界を歩いた旅の鉄人! 2005年、ツアーデスク“パームツアーセンター”を立ち上げました。行っていない国はイスラエル、モンテネグロ、コソボ、南スーダン、クック諸島(独立前に訪問)のみ。1996年から2003年まで風の旅行社に在籍、休みの期間にはギアナ三国、ブルキナファソなど、いまのツアーの原型となる体験をしてきました。今まで歩いて感銘を受けた国や、驚きとともに印象に残った地域、異文化体験などのプログラムをこれから発信してゆきます。旅のメインはもちろん、国境越えや、村歩き、トランジットの街での途中下車など、旅の鉄人ならではの味付けもお楽しみ頂けます。


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
〔名古屋発の場合 午後:名古屋駅からバスで関西空港へ。〕
夜:東京(成田)発、または深夜:大阪(関西)発。
空路、乗継地のドバイへ。 
  宿泊●機内泊 食事● - /  - / 機内
2乗継
カサブランカ
マラケシュ
飛行機を乗り継ぎモロッコへ。
午後:カサブランカ到着後、日本語ガイドと共に車でマラケシュへ。(走行=約240km、約3時間)
夜:深夜までにぎやかなジャマ・エル・フナ広場を散策します。
夕食は、フナ広場周辺のローカル・レストランを予定しております。
  宿泊●リアド泊 食事●機内 / 機内 / 夕
3マラケシュ
アイト・ベン・ハッドゥ
午前:車で標高2,260mのティシュカ峠を越えて、要塞の村アイト・ベン・ハッドゥへ。(走行=約210km、約4時間) 
昼食は、アトラス山中のレストランを予定しております。
午後:世界遺産アイト・ベン。ハッドウを見学します。
  宿泊●簡易旅館泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4アイト・ベン・ハッドゥ
ザゴラ
アイト・ベン・ハッドゥ
午前:車でザゴラへ向かいます。(約200km、約3時間30分)
途中、オアシスの村を訪ねたり、ザゴラ近辺の陶器の村タムグルートの工房を見学します。
午後:アイト・ベン・ハッドゥへ戻ります。(約200km、約3時間30分)
  宿泊●簡易旅館泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5アイト・ベン・ハッドゥ
トドラ渓谷
アイト・ベン・ハッドゥ
午前:車でカスバ街道を巡りトドラ渓谷へ向かいます。(約200km、約3時間30分)途中、街道沿いのカスバやクサールを見学します。
午後:アイト・ベン・ハッドゥへ戻ります。(約200km、約3時間30分)
  宿泊●簡易旅館泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6アイト・ベン・ハッドゥ
マラケシュ
午前:オート・アトラス山脈を越えてマラケシュに戻ります。(走行=約210km、約4時間)
夕刻:夕刻、フナ広場とメディナを中心にウォーキングツアー
地元の人々が行き交うスーク(市場)、クトゥビアなどを歩いて訪れます。
  宿泊●リアド泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7マラケシュ
カサブランカ
午前:車でカサブランカへ。(走行=約240km、約3時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8カサブランカ 午前:フリータイム。
午後:空路、乗継地へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / × / 機内
9乗継
大阪・東京・名古屋
飛行機を乗り継ぎ、空路、帰国の途へ。 
夕刻:大阪(関西)・東京(成田)到着。通関後、解散。
〔名古屋着の場合 夜:関西空港からバスで名古屋駅へ。〕
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/01/20492,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/01/20498,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/01/20498,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(定員5名)
添乗員●同行(成田から成田まで)
利用予定航空会社●エミレーツ航空
利用予定ホテル●マラケシュ(旧市街のリアド): リアドオリオンターレ、リアドエル・ボルジュ、リアドマラナ、リアドブーサ、リアド・レ・ルビス、ダル・アル・ア サッド、リアドアルジャジーラ、ダール・ファトーマ、リアド・レベスオリエント、リアドララキティ、リアドアルモルク、ダールムーレイアリ カサブランカ: イビス・カサブランカ・シティ・センター、ルリド、モ-ベンピック、アルモハダス、ディワン、オウムパレスホテル、スイス アイト・ベン・ハッドゥ: Maison d’hotes Dar El Haja、Dar Mouna、Kasbah Tebi
お一人部屋追加代金●24,000円 ホテル、リアド
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線0円
(2017年10月1日)
●注意点
・アイト・ベン・ハッドゥのカスバの中の簡易旅館 (Auberge) に泊まります。分宿となる場合があります。また、簡易旅館は、基本的にダブルベッドとなり、お部屋ごとに広さや設備が違います。また、簡易旅館の一部は、お手洗い、シャワーが共同となるケースもございます。非常にベーシックなお部屋なので、石鹸やシャンプー/リンス/コンディショナー/バス・ジェルなどは、ご自身でお持ちになることをおすすめします。

・名古屋~関西空港間はエミレーツ航空無料専用バスが運行されています。詳細はお問い合わせ下さい。

・札幌、福岡、沖縄など特別国内線乗り継ぎ運賃でご予約可能な都市があります。

・マラケシュのリアド宿泊は、分宿となる場合があります。基本的にダブルベッドとシャワー設備のみとなり、お部屋ごとに広さや設備が違います。

・イスラム教国では金曜日が安息日のため、メディナでは午後に店を閉める場合があります。

・王族の行事や宗教上の祝祭日で、急遽観光箇所が見学ができない場合があります。


●旅行代金に含まれないもの(2017年10月1日現在)
【事前徴収】
・関西空港諸税3,040円
・成田空港諸税2,610円
・モロッコ空港税194ディルハム(約2,370円)
・モロッコ保安税48ディルハム(約580円)
・モロッコ観光税エコノミークラス:100ディルラム(約1,220円)
・モロッコ観光税ビジネス・ファーストクラス:400ディルラム(約4,900円)
・ドバイ空港税70UAEディルハム(約2,200円)


●旅券(パスポート)
入国時に残存期間が3ヶ月以上あり、かつ未使用査証欄の余白が1ページ以上ある旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求