3名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員が同行します特別講師は同行しません

中米縦断バスの旅①

TICA BUSで走るニカラグア~ホンジュラス~エルサルバドル~グアテマラと遺跡探訪の旅8日間

  • オメテペ島の風景
  • オメテペ島へのフェリー
  • オメテペ島の線刻画(その1)
  • オメテペ島の線刻画(その2)
  • オメテペ島の石像(その1)
  • オメテペ島の村の景観
  • エルサルバドルの首都サンサルバドルの景観
  • サンサルバドルのカテドラル
  • サンアンドレス遺跡
  • タスマル遺跡
  • ホヤデセレン遺跡1
  • ホヤデセレン遺跡2
  • ホンジュラスのコパン遺跡1
  • ホンジュラスのコパン遺跡2

中米縦断バスの旅

このコースでは、添乗員が1日目のマナグア空港にてお出迎えし、7日目のグアテマラシティ空港お見送りまで同行致します。

中米では国際バスが活躍しています。
南からパナマ~コスタリカ~ニカラグア~ホンジュラス~エルサルバドル~グアテマラ・・・そしてメキシコのタパチュラまで。
一社でこのルートを運行しているのは、TICA BUS(チカ・ブース)です。
70年代~80年代のバックパッカーたちが利用していた歴史ある国際バスです。
今回は中米縦断バスの旅の第一弾としてニカラグアのマナグアからグアテマラシティに抜けるルートを販売します。

◆ニカラグア
かつては中米における唯一の社会主義陣営として君臨していたニカラグア。ビザが必要だったり、写真撮影が難しかったり、強制両替があったりとバックパッカー泣かせの国でしたが、現在は他の中米諸国同様、観光に力を入れています。
今回、ニカラグアで訪れるのは、淡水湖に浮かぶ有人島としては世界最大というオメテペ島です。オメテペ島は、先住民が伝統を守りながら暮らす、ニカラグア湖に浮かぶ火山島で、ニカラグアでは珍しく、コロンブス以前の遺跡が発見されています。今回はプライベート・ツアーで、謎の線刻画や、中米では珍しい石像などの石造物を観光します。

◆ホンジュラス
ニカラグアの首都マナグアからエルサルバドルの首都サンサルバドルを結ぶ国際バスは、両国の間に位置するホンジュラスの南部を走ります。首都テグシガルパや商都サンペドロスーラには行きませんが、車窓からホンジュラスの風景をご覧頂けます。
ホンジュラスではグアテマラから日帰りプライベート・ツアーで、マヤを代表する遺跡のひとつコパン遺跡を訪れます。神聖文字が刻まれた『神聖文字の階段』や、古典期最大の球戯場遺跡『球戯場III』、コパン王朝史を紐解く鍵となる『祭壇Q』をご覧頂きます。

◆エルサルバドル
中米諸国で唯一、カリブ海に面した国土を持たないエルサルバドル。この国も東西陣営の思惑に翻弄された国のひとつです。動乱や地震など天災地変に見舞われることの多かった国ですが、その都度、復興しています。名物はタオル!
エルサルバドルでは、プライベート・ツアーで三大遺跡を巡ります。中米のポンペイといわれる『ホヤ・デ・セレン遺跡』、チャルチュアパ遺跡群を代表するマヤ遺跡『タスマル遺跡』、そしてピラミッドを有しながら遺跡名すら未詳の『サンアンドレス遺跡』を巡ります。

◆グアテマラ
中米縦断バスツアーの今回の終点はグアテマラの首都グアテマラシティです。時間が許せば旧市街にご案内します。
ご希望の方には延泊や観光のアレンジも可能です。
ツアーポイント
1. 国際バス TICA BUS でニカラグアからホンジュラス経由でエルサルバドル。エルサルバドルからグアテマラへ。 
2. 【ニカラグア】淡水湖に浮かぶ世界最大の有人島オメテペ島で石造物探訪
3. 【エルサルバドル】世界文化遺産ホヤ・デ・セレン遺跡、タスマル遺跡、サンアンドレス遺跡を見学
4. 【ホンジュラス】グアテマラから日帰りで世界文化遺産コパン遺跡を訪れ、観光します。
5. ププサ、ピンチョなど、野趣あふれる地元のB級料理にも挑戦!
6. TICA BUSターミナル⇔ホテル間はプライベート車両でらくらく移動!

このツアーは割引サービスが適用されます。


企画&添乗スタッフ

立花 誠

世界を歩いた旅の鉄人! 2005年、ツアーデスク“パームツアーセンター”を立ち上げました。行っていない国はイスラエル、モンテネグロ、コソボ、南スーダン、クック諸島(独立前に訪問)のみ。1996年から2003年まで風の旅行社に在籍、休みの期間にはギアナ三国、ブルキナファソなど、いまのツアーの原型となる体験をしてきました。今まで歩いて感銘を受けた国や、驚きとともに印象に残った地域、異文化体験などのプログラムをこれから発信してゆきます。旅のメインはもちろん、国境越えや、村歩き、トランジットの街での途中下車など、旅の鉄人ならではの味付けもお楽しみ頂けます。



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京(成田)
ヒューストン
マナグア
午前または午後:東京(成田)発。ヒューストンで乗り継ぎ、マナグアへ。(日付変更線通過)
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 機内
2マナグア
サンホルヘ
 オメテペ島
サンホルヘ
マナグア
早朝: マナグアを出発し、サン・ホルヘのフェリー埠頭へ。
フェリーでニカラグア湖を渡り、オメテペ島へ。
到着後、先住民文化を育んだ島の景観、謎の線刻画、不思議な石像を見学します。
観光後、フェリーでサン・ホルヘ埠頭へ。着後、マナグアへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3マナグア
 |国境|
 ホンジュラス国内
 |国境|
サンサルバドル
早朝: 専用車でTICA BUSターミナルへ。
国際バスのTICA BUSでマナグアからエルサルバドルの首都サンサルバドルへ。ニカラグア|ホンジュラス、ホンジュラス|エルサルバドルの二箇所の国境を越えます。
夜: サンサルバドルに到着。専用車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4サンサルバドル
 ホヤ・デ・セレン
 タスマル遺跡
 サンアンドレス遺跡
サンサルバドル
終日、エルサルバドル三大遺跡めぐり。
火山灰の中から発見された中東のポンペイ『ホヤ・デ・セレン遺跡(世界文化遺産)』、チャルチュアパ遺跡群の中心『タスマル遺跡』、8世紀ごろの遺跡で正式名称も建造年代も不明な『サンアンドレス遺跡』を巡ります。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5サンサルバドル
 |国境|
グアテマラシティ
早朝: 専用車でTICA BUSターミナルへ。
国際バスのTICA BUSでサンサルバドルからグアテマラの首都グアテマラシティへ。エルサルバドル|グアテマラの国境を越えます。
午後: グアテマラシティに到着。専用車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6グアテマラシティ
 |国境|
 コパン遺跡
 |国境|
グアテマラシティ
終日、ホンジュラスにあるマヤを代表するコパン遺跡を観光します。途中、グアテマラ|ホンジュラスの国境を越えます。
コパン遺跡では、『神文の階段』、『球戯場III』、『祭壇Q』など、マヤの至宝とも言われる遺跡を見学します。
再び専用車でグアテマラシティへ。ホンジュラス|グアテマラの国境を再度、越えます。
ホテル着は夕方~夜になります。

  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7グアテマラシティ
ヒューストン
朝、グアテマラシティを出発。空路、ヒューストンへ。
乗り換えて空路、成田空港へ。
  宿泊●機内泊 食事●機内 /  - / 機内
8東京(成田)
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/4/28(土)750,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/4/28(土)
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/4/28(土)
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(定員6名)
添乗員●同行(マナグアよりグアテマラシティまで同行)
利用予定航空会社●ユナイテッド航空(ANAとのコードシェア便を含む)
利用予定ホテル●【マナグア】ブラント・エフェクティボ・ロス・ロブレス、モソンテ、アロハ・ベッドアンドブレックファスト、ロス・ロブレス・デ・サンフアン、エウロペオ、ホリデイイン・マナグア・コンベンションセンター、ホリデイイン・エクスプレス・マナグア、バルセロ・マナグア、クラウン・プラザ・マナグア、ヒルトン・プリンセス・マナグア、ハイアット・プレイス・マナグア、ザ・セミノール 【サンサルバドル】ミラドール・プラサ、ラ・ポサダ・デル・レイ・プリメロ、ヴィラ・テッラ、サンタ・エレナ、ヴィラ・フローレンシア、ラマダ・イン、メディテラネオ・プラサ、ノボ・アパルトホテル、テクアニ・カル、ベストウエスタン・プラス・ホテル・テラッザ、バルセロ・サンサルバドル、コートヤード 【グアテマラシティ】ラス・アメリカス、ベストウエスタン・プラス・ストフェージャ、ポサダ・ベレン、パン・アメリカン、カーサ・ベランダ、クラリオン・スイーツ・グアテマラシティ、ハワード・ジョンソン・イン、ロ・デ・ベルナル、ビルトモア、アドリアティカ・ブティック・グアテマラ、ホリデイイン・グアテマラ、グランド・ティカル・フューチュラ 中米の一部のホテル・旅館は、基本的にバスタブなしのシャワーのみとなります
お一人部屋追加代金●36,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(基準日: 2018年2月現在)
国際線¥21,000(ユナイテッド)
●注意点
※ 添乗員は、現地で合流~現地で離団となります。
  1日目のマナグア空港到着時にお出迎えし、7日目のグアテマラ
  シティ空港出発までアテンドし、出発時にお見送り致します。
※ オメテペ島、コパン遺跡、エルサルバドル三大遺跡には虫が
  います。虫が苦手な方は、携帯用蚊取線香、防虫機具をお持ち 
  下さい。
※ 石鹸やシャンプーなどのアメニティが乏しい地域です。
  自前の石鹸、シャンプー/リンス/コンディショナー/歯磨き
  などをご持参下さい。
※ 道路が冠水した場合、遠回りをする可能性があります。
※ 中米の陸路入出国税は、予告なく変更になる場合があります。
※ 中米の料理には豆類が含まれます。アレルギーをお持ちの方は
  お知らせ下さい。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費。

【事前徴収】
・成田空港諸税: 2,610円
・米国空港諸税: 5,350円 (US$48.62)
・グアテマラ空港諸税: 3,630円 (US$33.00)
・ニカラグア到着観光旅客税: 550円 (US$5.00)
・ニカラグア陸路出国旅客税: 330円 (US$3.00)
・ホンジュラス陸路入国旅客税: 1,100円 (US$5.00x2)
・ホンジュラス陸路出国旅客税: 660円 (US$3.00x2)
・エルサルバドル陸路入国旅客税: 550円 (US$5.00)
・エルサルバドル陸路出国旅客税: 330円 (US$3.00)
・グアテマラ陸路入国旅客税: 2,320円 (Q.10.00x2)
・グアテマラ陸路出国旅客税: 1,160円 (Q.10.00)
<2018年02月現在>

●旅券(パスポート)の残存期間
帰国時に残存有効期限が6ヶ月以上あることが望ましい。
パスポートの未使用ページが4ページ以上あることが望ましい。

●査証(ビザ)
日本国籍のお客様の場合、不要。
日本以外の国籍のお客様はお問合せ下さい。
【ESTA】
乗り継ぎ地米国においては米国電子渡航認証システム(ESTA)の登録必要です。ESTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料としてUS$14が必要となります。
※2011年3月以降にイラン,イラク,スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがあるかたはESTAが利用できません。査証を申請する必要があります。
※ソマリアには、事実上の独立国家となっているソマリランドを含みます。スーダンには独立前の南スーダンを含みます。

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,000円(2013年5月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。




 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求