2名様から催行出発日限定日本語ガイドは付きません英語ガイドが付きます添乗員が同行します特別講師は同行しません

ホームステイ感覚で滞在

9/18(火)発 太平洋に浮かぶ素朴な島国キリバス7日間

  • 柴崎恵次提督終焉のバンカー
  • ベシオ島に残る日本軍の砲台
  • ベシオの海岸で見つけた船の残骸
  • 左にも右にも海が見えるコーズウェイ
  • 魚と机と椅子があれば即席の魚市場
  • キリバスの工芸品は良質のものが多い
  • 伝統の集会場マネアバも近年ではモダンな建築に
  • 木造の集会場マネアバも最近では希少
  • のんびりと生活するキリバス/タラワ環礁の島民
  • マネアバ内にもうけられた小学校
  • タラワのスーパーマーケット。入荷日はちょっとしたイベント♪
  • タラワのラグーン(礁湖、内海)

キリバス

赤道の南北、日付変更線の東西に散らばっていたキリバス共和国。
『ひとつの国にふたつの日付』から起こる不便を解消するため、現在では日付変更線がキリバス領の東を通るようになったため、世界でもっとも早く日が昇る国となっています。
ギルバート諸島、ライン諸島、フェニックス諸島、そして孤島のバナナ島で構成されています。

西方からカヌーで渡来したミクロネシア系の人々が現在のキリバスに定住したのは、約2000年前といわれています。1892年(日本では明治25年)にはギルバート諸島が、隣接するエリス諸島(現ツバル)とともにイギリスの保護領となり、1916年(大正5年)には植民地となります。
1941年(昭和16年)、大日本帝国がキリバスを占領、以降、敗戦まで日本の統治下に置かれることになります。
1943年(昭和18年)マキン(現キリバスのブタリタリ島)、タラワの戦いで日本軍は玉砕するなどの甚大な損害を蒙り、キリバスから撤退します。
1971年(昭和46年)にイギリスの自治領となり、1978年(昭和53年)にはエリス諸島がツバルとして分離独立し、翌年、ギルバート諸島を中心とするキリバスも独立を果たします。


★キリバスで滞在
今回訪れるのは、主島タラワ島で、ギルバート諸島の中心となる島です。
タラワは、珊瑚礁が輪のように内海(ラグーン=礁湖)を囲む環礁です。
空港のあるボンリキの北に位置する伝統家屋スタイルの旅館に旅装を解き、ホームステイ感覚でご滞在いただきます。
観光ではベシオの戦跡や、キリバスの官庁街、伝統的な集会場(マネアバ)等をご覧頂きます。

今回、きれいなキリバスの海で泳ぐチャンスがあります。水着やタオル、ビーチ・シューズなどをぜひ、お持ち下さい。


ツアーポイント
1. 世界でもっとも早く日が昇る国
2. 左右に海を見ながら環礁の上の道を走行
3. 伝統的なブイアという家屋の旅館にホームステイ感覚で宿泊
4. 簡単なキリバス語をお教えします!
5. 旅館のビーチで泳げます!
6. ベシオの戦跡やバイリキの官公庁街を訪れます。



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京(成田)/名古屋(中部)/大阪(関西)
ソウル(インチョン)
午前:東京(成田)/名古屋(中部)/大阪(関西)発。
ソウル(インチョン)で乗り換え、フィジーのナンディへ。
  宿泊●機内泊 食事● - / 機内 / 機内
2
ナンディ
到着後、自由。
【オプション1】ご希望の方はフィジアンの伝統的な集落/シンガトカ大砂丘/古代の要塞遺跡への観光にご案内します(お一人10,000円。現地払い)
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 /  - /  - 
3ナンディ終日:自由行動。ホテルのお部屋は出発までご利用頂けます。
【オプション2】
ご希望の方は内陸のフィジアンの集落をトレッキングで訪れる混載ツアーにご案内します(お一人10,000円。日本払い)
夜:空港へ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 /  - /  - 
4ナンディ
ナウル
タラワ
深夜:空路、ナウル経由でキリバスのタラワへ。
着後:旅館へ。
午後:宿の周辺を散策します。
  宿泊●旅館泊 食事●機内 / 昼 / 夕
5タラワ終日:タラワ環礁を観光します。
 【ベシオ島】
 ・戦争記念公園&日本祠
 ・柴崎恵次提督部隊終焉のバンカー
 ・日本軍のトーチカ跡
 ・日本軍の砲台
 ・海辺に残る日本軍の武器の部品
 ・ベシオ村
 【タラワ環礁南部】
 ・国会議事堂
 ・修道院(日本軍の宣戦布告書を保管)
 ・伝統工芸展示即売所
 ・教会
 ・伝統的な集会所[マネアバ]
 ・地元のスーパーマーケット
  宿泊●旅館泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6タラワ
ナウル
ナンディ
午前:空路、ナウル経由でナンディへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 機内 /  - 
7ナンディ
ソウル(インチョン)
東京(成田)
午前:空路、乗継地のソウル(インチョン)へ。
ソウル(インチョン)で乗り換え、東京(成田)/名古屋(中部)/大阪(関西)へ。
  宿泊●泊 食事●朝 / 機内 / 機内
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/09/18600,000円
大阪発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/09/18660,000円
名古屋発
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/09/18630,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員6名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●大韓航空、ナウル航空
利用予定ホテル●【タラワ】タボン・テ・キィキィ 【ナンディ】タノア・スカイロッジ、ヘキサゴン・インターナショナル、グランド・メラネシアン、カプリコーン・フィジー、クラブ・フィジー、メルキュール・ナンディ、ウェルスレイ・リゾート、ノボテル・ナンディ、タンブア・サンズ、タノア・インターナショナル、トカトカ・リゾート
お一人部屋追加代金●36,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(2018年5月現在)
国際線¥21,000(大韓航空)
●注意点
※ キリバスではビーチ以外での他民族の肌の露出はタブーです。
※ 日差しが強いので、各自日焼け対策をお願い致します。
※ 海水浴をするチャンスがあります。水着・タオルをご用意下さい。
※ 伝統家屋のブイアには壁がなく、よしずとなります。貴重品は鍵のかかるスーツケースに入れましょう(但し治安はよいです)
※ リーフ(珊瑚礁)を歩きます。滑る場所もありますので、マリン・シューズをお持ちください。
※ 虫が苦手な方は、携帯用蚊取線香など、虫よけをお持ちください。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費。

【事前徴収】
・成田空港諸税:2,610円
・大韓民国旅客サービス料(乗換旅客):¥1,030(KRW10,000)
・フィジー出国税:¥22,000 (FJD200.00x2回)
・フィジー保安税:¥1,030 (FJD9.30x2回)
・フィジー空港税:¥1,030 (FJD9.30x2回)
・キリバス出国税:¥1,700 (AUD20.00)【現地支払い】
<2018年05月現在>

●旅券(パスポート)の残存期間
帰国時に残存期限が6ヶ月以上有効及びパスポートの未使用ページが3ページ以上ある旅券が必要

●査証(ビザ)
不要。

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,000円(2013年5月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。




 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求