4名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

巡礼者の目線で旅をしよう

五体投地で祈る・ラサの歩き方6日間

  • 大勢の巡礼者と一緒に歩く(ポタラ宮の巡礼路)
  • 農閑期の冬は田舎から巡礼者がたくさんやってきます
  • ラサ一番の聖地のジョカン寺では、巡礼者が五体投地(体ごと地面に投げ出す祈りの動作)を繰り返しています
  • 民家で年越しパーティー。松明で一年の穢れを祓います。
  • 「グトゥ」という水団の煮込みスープで来年の運気を占います。

「巡礼」をテーマに冬のラサの街を満喫します。田舎から訪れるたくさんの巡礼者に混ざって巡礼路をコルラ(聖なる物を周回しながら祈ること)したり、チベットで最も聖なる寺であるジョカンを見学したり、巡礼者気分で実際に五体投地をしてみたり、人々が日常的に買い物をする商店を覗きながら旧市街を歩いたりと、巡礼にやってきた人々と同じ目線で旅をします。

また、ラサ郊外の民家を訪れて、家庭料理を頂きます。特に12/30発のツアーでは家族と一緒にチベットの年越し行事を楽しみます。松明で1年の穢れを祓う儀式を行い、「グトゥ」という水団の煮込みスープで1年の運気を占います。

秋~冬は農閑期にあたり、ラサには中国からの出稼ぎ労働者と入れ替わりに、地方からの巡礼者が詰め掛けます。冬は確かに寒いですが、日差しが強いので日中はそれほど寒くなく、空気が乾燥しているので、チベットらしい青い空が広がります。冬はもっともチベットらしさを味わえる隠れたシーズンです。

ラサではチベット人の日本語ガイドが同行。出稼ぎ日本語ガイドでは分からない仏教と日常生活に根ざしたチベット文化を、リアリティをもって解説します。

→ 観光中に訪れる場所やホテルにもコダワリがたくさん!風のラサ滞在はここが違う!
→ 風は「チベット専門店」だから ラサに事務所あり ガイドはチベット人です!
ツアーポイント
1. 冬のラサは巡礼者がひしめき、最も聖地らしくなるシーズン
2. 巡礼者が大勢訪れる聖地をや巡礼路を訪ねます
3. 巡礼者に混じって五体投地にチャレンジしよう!
4. 12/30発は、民家でチベットの年末行事を体験、一年の厄を払います

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの

添乗員報告記


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋経由・乗継西安07:00~18:00 東京(成田または羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)を出発。空路、経由便または乗り継いで西安へ。
(成田、関西空港からは直行便利用の場合があります)。
到着後、ガイドとともにホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 /  - 
2西安ラサ早朝:ガイドとともに空港へ。国内線で、ヒマラヤ山脈の東端・横断山脈を飛び越え、チベットの都・ラサ(3,658m)へ。
午後:高度順応を兼ねてジョカン寺を囲む巡礼路バルコルへ出掛けます。ラサの四方を司るリクスム・ゴンポの南寺、カルマシャル寺などを訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 / 昼 / 夕
3ラサ午前:地元の巡礼者が五体投地を繰り返す巡礼地サンゲ・ドゥングを訪れます。巡礼者と一緒に五体投地をしてみましょう。その後、ポタラ宮の巡礼路を巡礼者とともに歩きます。
午後:巡礼者で賑わうチベット仏教の総本山・ジョカン寺と付近の巡礼宿を訪れます。運がよければ遠くから五体投地でやってきた巡礼団に出会えるかも知れません

<12/30発のツアーを除く>
昼食はラサ郊外の民家を訪れて、家庭料理を頂きます。
<12/30発のコースのみ>
夕刻:郊外の民家を訪れ家族と一緒にニューイヤーパーティ。チベットの年越し行事を体験します。民族衣装の試着の後、バター茶やツァンパなどチベット家庭料理を食べ、1年の穢れを祓う儀式を行い、グトゥ(水団)で1年の運勢を占います
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ラサ午前:天空の宮殿・ポタラ宮を観光。
午後:河口慧海、多田等観が学んだセラ寺を観光。セラ寺の巡礼路をハイキングし、ポタラ宮やラサの街を一望します。(歩行=約1時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ラサヤムドク湖
ラサ・ゴンカル空港上海
午前:カンパラ峠(4,749m)を越えてヤムドク湖へ。
午後:空路、経由便または乗り継いで上海へ。
夜:上海到着後、ガイドとともにホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 機内
6上海東京・大阪・名古屋午前または午後:空路、帰国の途へ。(ご出発にあわせてガイドが空港へお送りします。出発が午後遅い場合は昼食へご案内いたします)
12:00〜22:00:東京(羽田または成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)着。
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発 [ 大阪発を見る・名古屋発を見る ]
2017/12/26(火)298,000円
2017/12/30(土)338,000円
2018/1/6(土)288,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/11/02(木)288,000円
大阪発 [ 東京発を見る・名古屋発を見る ]
2017/12/26(火)298,000円
2017/12/30(土)308,000円
2018/1/6(土)278,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/11/02(木)288,000円
名古屋発 [ 東京発を見る・大阪発を見る ]
2017/12/26(火)298,000円
2017/12/30(土)318,000円
2018/1/6(土)288,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/11/02(木)288,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●4名(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●中国国際航空、中国東方航空、四川航空
利用予定ホテル●【西安】天域凱莱大酒店、古都新世界大酒店、天朗時代大酒店 【ラサ】シャンバラホテル、*デカンホテル、*タシチョタホテル、*タンカホテル、*ゴルカホテル、*敦固賓館、*キチュホテル、ヤクホテル、*ガンゲンホテル 【上海】上海中航泊悦酒店、上海国際機場賓館、大衆空港賓館、莫泰168
*のホテルは浴室にバスタブがなく、シャワーのみの場合があります。
お一人部屋追加代金●35,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●目安3000円(2017年5月1日)
●注意点
※ポタラ宮の観光は入場時間が1時間以内に限定されます。また1日の入場人数制限があり観光時間、観光日が変更になる場合があります。
※復路北京での送迎は弊社の別ツアーのお客様と混載になる場合があります。

●高山病について
このコースは標高3,000mを超える高地に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。幣社としても高山病対策には万全を期していますが、健康な方でも高度の影響を受けて体調を崩す場合があります。健康に不安がある方や持病のある方は必ず事前に医師にご相談ください。お申込時に健康に関するアンケート、海外旅行保険へのご加入をお願いしております。ご協力をお願いいたします。

●代金に含まれないもの
各国空港税、燃油特別付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●空港税【事前徴収】
・日本国内空港税
(羽田:2,670円、成田:2,610円、関西:3,040円、中部:2,570円)
・中国出国税:90元(約1500円)
・中国国内空港税:50元x3回(約2,510円)
(2017/5/01現在)

●旅券(パスポート)
入国時に残存期間が6ヶ月以上必要

●査証(ビザ)
中国査証は15日以内は不要
※日本国籍以外の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますので自国の大使館や入国管理局にご確認ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2016-12-29発/総合評価★★★★★

旅の準備から海外旅行に慣れていない私にとって、詳しく事前情報がいただけて、不安や疑問を持ったまま当日を迎える・・・ということにならなかったので、安心しました。
旅行中も常に体調に配慮して下さり、ガイドの丁寧でユーモアある説明や添乗員のAさんのお人柄も、リラックスして旅を楽しみ、チベットをもっと知りたい、また訪れたい・・・と感じられる貴重な旅になった大きな要因だと思います。お世話になりました。      

  • 2016-12-29発/総合評価★★★★

チベットの人たちとその文化の一端に触れることができ、人々の仏教への奥深い帰依に感動し、そして、添乗員さんとガイドさんに恵まれて良い旅ができました。

初日、成都のホテル入りが遅く、睡眠時間の確保ができないまま、翌日、高地入りがきつかったです。(といってもフライトのスケジュールがあるから仕方ないのですが。)最終日、北京から関空行きの飛行機にあわや乗り遅れるところでした。解散あいさつの段階でラストコールになっている表示に主人が気付き、しかもゲートが一番奥で大急ぎで歩き(ほとんど小走り)セーフでした(間もなく離陸しますのアナウンスの最中にゲート到着)。最後の最後、少しの余裕の確保を。
     

  • 2016-12-29発/総合評価★★★★★

ツアー参加者ともすぐに打ち解け、14〜5名というメンバー規模も適切で、五体投地も体験できて、素晴らしい景色も堪能できて、ガイドさんも添乗員さんも天気も最高で申し分ありませんでした。
想定外だったのは、高山病を薬なしで乗り切ったつもりが北京に降りた途端に風邪が悪化したことです。高地の環境がそれほど過酷であっという間に体力を奪うものだということが身をもってわかりました。チベットは本当に凄いところです。

飛行機でいきなり高地に旅行することの厳しさを教えてもらいました。ですが、何から何まで日本と違いすぎた体験に、全て忘れられない思い出となりました。ずっと行きたかったラサに行けて、本当に良かったです。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求