いってきました
いってきました

アンケート掲載方法

【チベット】

青蔵鉄道で行く 冬のラサ7日間にいってきました

  評価:★★★★★

五体を投げ出して祈る心と、神秘に満ちた寺々、そして、途方もなく広がる大自然…。チベット仏教の世界とチベットの人達の心の世界を知るうえで、とてもよくアレンジされたツアーだと思いました。
ガイドの人達もただ案内するだけでなく、チベット人の心のありかた、ふだんの生活などについて、よく話してくれました。

聖都ラサ探訪6日間にいってきました

  評価:

・チベット行きの話が急に具体化しました。(だから思い切っていけたのかもしれません)もう少し身体を鍛えたおくのだったと後悔。
・成都のホテルはもっと空港の近くにあったらよかった。(連日早起きでラサへ飛ぶ前に疲れ気味) 麻婆豆腐はいらない。コンビニのおにぎりぐらいでよかったかも…成都はおもしろそうな街。でも難関のチベット行きを控えているのでとにもかくにもホテルへ早く入って備えた方がよい。
・ラサ発大幅な飛行機の遅れに直面し真っ青に。航空会社からの情報はガイドさん(北京の)に上手く伝わらなかったようで、空港で何時間も待って下さったようだ。電話連絡しなかった私達の(私達が?)悪い。が!ラサの空港で、何時に飛ぶかがなかなか表示されずやきもき。4時過ぎの飛行機が結局7:30頃の発となった。
元々成都で乗り継ぎ予定だったが、成都でエアチャイナから四川航空に変更(?)になった。乗り継ぎの成都では降りて移動してバタバタと振り分けられた。時間の余裕がなかった。北京のガイド錫さんは私達が行方不明になったと心配されたらしい。このあたりがエアチャイナから何らかの情報が出ないものか…と。もどかしい重いです。エアチャイナの都合でそうなったのに。う~ん。 
深夜2時ごろ待っていて下った(ガイドの)Cさんご夫婦に感謝です。チベットではミネラルウォーターより温かいお茶を飲みなさいといわれました。確かに熱いお茶がおいしいです。
ポカリスウェットの粉末を持っていきましたがおいしかった。持参の「梅干昆布」もおいしかった。食べなれたチョコとクッキーですがいまひとつでした。
もこもこフリースやニットのカーディガン、手袋なども重宝しました。ラサのホテルは30度に設定してあるエアコンが18度位にしかあがらず寒かった。何故か3日目は暑かった。(修理されたのか?)連泊だったのでクリーニングサービスを利用しました。(服二日分をもこもこのフリースなどに置き換えて正解でした)

(ガイドの)Aさんのお父さんが早くに亡くなったこと、おじいさんに、尼さんになるかと言われたこと、お母さんの言葉で運命が変わったこと、、などいろいろお話を聞けてしんみりしたり笑ったり、、本屋さんにもつれてってもらいました。
せっかくジョカン寺の近くにホテルを設定したのに、帰ってきて、もう一度出て行く体力も気力もありませんでした。残念!星空も見たかったのにすっかり忘れていました、残念!!
それでも少しずつ順応していくのが4700mのカンパラ峠もヤムドク湖も大丈夫でした。
ポタラ宮観光は50分に制限されているそうですが、私の為に交渉して1時間という時間を取ってくださいました。ありがたかったです。
今回は大奮発してビジネスクラスを利用しましたが、正解だったと思います。ゆったりとした座席で、ゆったりとサービスを受けられました。
ダイアモックスは効いたかどうかよく分かりません。利尿作用があるとのことでしたが、日本にいる時よりトイレの回数が少なかったです。脱水気味だったのでしょうか。
夢の様な6日間を過ごさせていただきました。
前田さんをはじめ皆様にも色々お世話になりありがとうございました。感謝です。

聖都ラサ探訪6日間にいってきました

  評価:★★★★

チベットがまた訪れたい国の一つとなったのは(予約担当の)Aさんはじめ【風の旅行社様】のおかげです。有難うございました。

【青島経由】聖なる都ラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 11日間にいってきました

  評価:★★★★

無事にラサ・ヤムドク湖等を楽しめて、風様を選んでかったと改めて感じました。安全・安心・楽しいの旅を計画してくださいました、ありがとうございます

【青島経由】聖なる都ラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 11日間にいってきました

  評価:★★★★★

チベットは漢民族も増えてきて街並みや生活などが大分中国化してきている中で、チベット族の方に案内してもらえたのは、変化の狭間での葛藤やその中でも力強く生活しているチベットの状況に理解を深める上で非常によかったと思えました。

費用的には決してお安くはなかったですが、同時に検討していた中国系の旅行会社はガイドさんが漢民族とのことだったので、もしもう一社の方を選んでいたらここまでディープな話は聞けなかったと思いますので、選んでよかったと思っています。

【レー発着】ザンスカール ダルチャ・トレッキングとラダック周遊高原ドライブ12日間にいってきました

  評価:★★★★★

お寺や自然、農村生活、景色などラダックとザンスカールを凝縮して楽しめた旅でした。景色は、他の国では絶対に見られないものだと思います。
ガイドが現地の人と相談してトレッキングのスケジュールを無理ないように変更してくれたり、状況を見てホームステイをすすめてくれたり、フレキシブルな対応で安心して旅ができました。
ガイドは、ラダックだけでなくザンスカールについても詳しく、人々の暮らしや文化、歴史の知識も色々得ることができました。

青蔵鉄道で行く 遙かなる聖都ラサ7日間にいってきました

  評価:★★★★★

全般に不満はありません。ガイドも良かったですが、(ガイドの)Aさんの案内で全体の行程をあらかじめ知らせておいてほしかった。
・西寧もラサも、食事の選択肢のある場合、事前に示してもらった方がよい、店に入ってからきかれて「では別の店に行きましょうか」というケースがあった。
・青蔵鉄道乗車の際、席を交換していたので乗車して車輌を変わろうとしたが車輌間の扉が閉まっていてすこしあわてた。事前に最適な乗り方を考えておくべきだった。
・帰りの北京空港はゲートに入る前の時間をとってほしかった。

青蔵鉄道で行く 遙かなる聖都ラサ7日間にいってきました

  評価:★★★★★

サムさん・ダジュンさんのおかげでとても良いチベット滞在となりました。

青蔵鉄道で行く 遙かなる聖都ラサ7日間にいってきました

  評価:★★★★★

憧れのポタラ宮に行き、ラサの街を歩き、チベット密教の世界にたっぷり触れ、青蔵鉄道にも乗車でき、メンバーにも恵まれ、本当に楽しい旅行でした。軽い高山病か、鉄道乗車からラサ着二日目の朝まで頭痛がありましたが、徐々に順応し心ゆくまで観光を楽しむことができ大満足です。強いて希望を言えば、青蔵鉄道はかなりの長時間なので、料金が加算されても一等車に乗りたかったです。
***事なきを得ましたが、もしかして関西組と逆だったのでは?***
最終日程表に1日目の朝食は✖、昼食、夕食が機内食とでてました。実際は成田ー成都の朝10時ころの一度のみ、成都ー西寧は豆菓子の小袋一つで機内食なしでした。西寧でホテルには夕方5時頃ついて、そこで両替は明日です、と言われました。夕食は機内食と思っていたし、中国元の持ち合わせもなく、夕食はホテル周辺でと言われてもどうしたらいいのやら?たまたま同室になった方が少額成田で換金されていたのでお借りしましたが、両替は食事の必要有無にかかわらず到着当日に願いたいです。
関西から参加された方の日程表は逆に夕食は✖印だったとのことで、日本から携帯食料を持ち込んだところ、成田からの便も乗り換え後の北京からの便も機内食が出たそうです。

いろいろありましたがまるごと含めて大満足の旅です。スタッフの対応は日本でも現地でも、親切で丁寧で、個人的な希望などにも心から対応していただいて感謝してます。頼りになる人が居るという安心感が、心から観光を楽しめる大前提です。
・日本で事前にブルーポピーの咲いている場所を具体的に伺えたので現地で車窓から見ることができました。
・ラサで突然の体調不良時、夜9時過ぎに電話したら必要な買い物をしてくれ、ホテルまで駆けつけてくれました。
・街中で手に入らない食材を分けてもらいました(ツァンパ)。
みんなからの小さな疑問や質問にもひとつひとつ笑顔でこたえてもらい、チベットへの興味がますます増しました。ありがとうございました。

おかえりなさい
両替の件は、当日のはずですが、どうしてこうなったのか確認し改善いたします。

青蔵鉄道で行く 遙かなる聖都ラサ7日間にいってきました

  評価:★★★★★

訪問した民家ではチベットの衣装を試着させていただくことができ、とても楽しかったです。また、ライトアップされたポタラ宮を見たいというリクエストに応じてくださり、予定を変えて一同を宮殿前でバスから降ろしてくれました。おかげで、昼とはまた違ったポタラ宮の姿を見ることができました。
この旅行企画は、ガイドさんが全てと言っても過言ではないと思います。その意味で、とても満足しています。皆さん、お人柄も良く、とても真面目で熱心でした。安心して旅を楽しむことができました。また、旅のお仲間も本当に良い方ばかりでした。帰国後改めて、旅は人が創るものなんだなぁ、としみじみ感じているところです。

・旅行日程表では、『1日目夕食あり』でしたが、現地時間の夕方(比較的早い時間)に機内食が供給されたので、西寧のホテルに到着後「夕食はどうなっていますか?」と尋ねたところ、「各自で食べてください」というお返事でした。これでは『夕食あり』とは言えないのではないでしょうか・・・?
・さらに、『西寧に到着後、ガイドさんが日本円で5千円分の中国元に両替する』という段取りだったはずなのに、「両替は明日です」と言われました。夕食は各自でと言われても、日本で中国元に両替して来なかった人もいたので、みな一瞬困惑しました。結局、念のため中国元を持参していた人が立替える事にし、この問題は自分たち(旅行者側)で解決しました。今回、何故このような行き違いがあったのかを確認していただき、今後改善して欲しいと思います。
・上記の点があっても、総合評価は『とても良い』に変わりはありません。

おかえりなさい
ご指摘の点、現地と、再度確認して行き違いのないようにいたします。ご意見、ありがとうございました。