ツアー関連情報

ラダックの祭 聖者を称える極彩色の仮面舞踏

 

ツェチュで披露される仏教の
教えを体現した仮面舞踏「チャム」

チベット文化圏であるラダックでは、人々はチベット仏教を深く信仰しており、お祭はほとんど仏教がらみ。特にラダックの短い観光シーズンである春から夏にかけてはお祭が多数開かれます。有名なのはチベット文化圏に仏教を広めた聖者グル・リンポチェを称えるツェチュ祭ですが、各地のお寺で仮面舞踏(チャム)を伴うお祭が開かれ、近隣の住民のみならず、多くの観客が訪れます。また、各村々でも麦の収穫を祝う収穫祭などが開かれ、アーチェリー、歌や踊りが披露されます。
以下に代表的なお祭を紹介します。

グル・リンポチェを称える ツェチュ祭

ツェチュとは「(月の)10日」の意味で9世紀にチベット文化圏に仏教を伝えたインド出身の聖者グル・リンポチェ(別 名:パドマ・サムババ)の起こした12の奇跡が毎月の10日に起きたことにちなんでいます。
ツェチュ祭では、かつてグル・リンポチェを始めとする高僧たちが、仏教に反抗した土着の神々を調伏し仏教を守護する護法神へと変えた物語を、ミュージカルのような仮面 舞踏「チャム」に仕立てて人々に披露します。本来は宗教儀式ですが、娯楽の少ないチベット文化圏では近隣の住民が着飾って年に一度の楽しみとしています。またお寺によっては見るだけで解脱するという「トンドル」と呼ばれる巨大なタンカが開帳されます。


ヘミス・ツェチュ

ヘミス・ツェチュのタンカ


ヘミス・ゴンパ

へミス・ツェチュ(チベット暦5月10、11日)

ラダックを代表するお祭で、グル・リンポチェのお誕生日を祝うツェチュ祭。お祭の舞台となるへミス・ゴンパはもともと王家の庇護を受けていたこともあり、ラダックでもっとも裕福なゴンパのひとつ。当然お祭も盛大で、国内外の観光客も押し寄せます。


タクトク・ツェチュ

タクトク・ツェチュ(チベット暦6月10、11日)

タクトク・ゴンパはラダックでは珍しいニンマ派のお寺で、グル・リンポチェが修行したと言う伝説の残る瞑想洞窟から発展したラダックでも珍しい洞窟寺院。 へミスほどの盛り上がりはありませんが、田舎の素朴なお祭が楽しめるでしょう。


その他のお祭


ピャン・ツェドゥプの踊り

ピャン・ツェドゥプ(チベット暦6月2、3日)

ピャン・ゴンパはカギュ派の一派であるディグン派のラダックにおける総本山。 ツェドゥプのお祭はそのディグン派の開祖ジクテン・ゴンポの誕生日を祝うお祭で、掲げられるタンカもジクテン・ゴンポのものです。ツェチュと同じようにチャムが奉納されます。



このほかにも、毎年9月1日から15日まで行われる観光局が主催するラダック・フェスティバル、ブッダの悟り入滅を記念するサカダワ(チベット暦4月15日)、秋の収穫祭などのお祭も各地で行われています。