ツアー関連情報

「素顔」が見える 風のラサ滞在

 

ラサにはポタラ宮や歴史のある古刹、大僧院など、たくさんの見所がありますが、その精神世界に興味を持ってこの地を訪れる人も多いのではないでしょうか。せっかくチベットへ行くのですから是非その魅力を身近に感じたい。『風のチベット』のツアーにはそんな方にご満足いただけるコダワリがたくさんあります。


組紐 1. 巡礼路を歩く

人々が五体投地を繰り返すサンゲ・ドゥングの磨崖仏
人々が五体投地を繰り返す
サンゲ・ドゥングの磨崖仏

人々の祈りの場を訪れ、巡礼者と一緒に歩きます。まずはポタラ宮のはす向かいのチャクポリ(薬王山)の裏にあるサンゲ・ドゥング。巨大な岩に掘り込まれた大量の磨崖仏や、経文が彫られた石がタワーの様に積み上げられたマニ塚があります。もうひとつは、チベット人がダライ・ラマへの畏敬の念を込めながら歩いているポタラ宮の巡礼路。
どちらも、地元の人々が朝夕に訪れて祈りを捧げる神聖な場所で、観光客が来ることは滅多にありません。巡礼者と一緒に歩くことで人々の篤い信仰心を肌で感じることができるでしょう。また、多くのチベット人はフレンドリーで、日本人には同じ仏教徒として親しみを感じています。一緒に巡礼すればお互いの距離が近づき、身振り手振りで会話が始まることも。
※日程に含んでいないツアーも一部あります。

チベット人に話しかけてみる!
チベット人に
話しかけてみる!
チベット人と一緒にマニ車を回してみる!
チベット人と一緒に
マニ車を回してみる!
チベット人に習って五体投地をしてみる!
チベット人に習って
五体投地をしてみる!


組紐 2. 民家を訪問し家庭料理を食べる

チベット人の普段の生活を知るにはやはりお宅訪問が一番。田園地帯にあるチベット人一家のお宅にお邪魔し、家庭料理をいただきます。チベット風のすいとんやチベット風カレーなどのメインメニューの他に、チベット人の主食ツァンパ(麦焦がしの粉)やバター茶、ヤクの乾し肉など、レストランでは食べられない物もご用意しています。チベットの民族衣装チュパの試着もお楽しみいただけます。
※日程に含んでいないツアーも一部あります。

民族衣装を着て 気分はすっかりチベット人!
民族衣装を着て
気分はすっかりチベット人!
チベット風すいとん「テントゥク」(右) と漬け物(左)
チベット風すいとん「テントゥク」(右)と漬け物(左)
私の手料理、食べに来て〜
私の手料理、食べに来て!

添乗報告記●チベット グルメ?紀行 (2012年4月)


組紐 3. 旧市街を散策

ラサの街は大まかに、チベット人が多く住むジョカン寺を中心とした旧市街と、旧市街の西側に大きく広がりビルやマンションが立ち並ぶ新市街に分けられます。旧市街はラサで「チベットらしさ」をもっとも色濃く残している場所。ジョカン寺を囲む巡礼路バルコルやその周辺を散策します。巡礼者たちと一緒にバルコルを時計回りにコルラ(周回)をし、その途中で商店を覗いたり、お茶屋さんで休憩したり、小さなお堂に立ち寄ったりと、のんびりと散歩を楽しめば、ラサの人々の日常が見えてきます。

巡礼路バルコル旧市街の中心・巡礼路バルコル
巡礼者が絶えない
チベット式の白壁の家が並ぶ旧市街
チベット式の白壁の
家が並ぶ旧市街


組紐 4. 茶館に立ち寄る

散策の途中などに地元の人で賑わう茶館に立ち寄ります。ラサの人は老若男女、お茶屋さんでチャガーモ(甘いミルクティー)を飲みながらおしゃべりをするのが大好き。地元の人々や巡礼者たちに積極的に話しかけて交流をしてみましょう。

茶館旧市街の茶館
茶館で交流を楽しもう
交流を楽しもう


トゥクパ

ご希望の方にはホテルの朝食の代わりに茶館の定番メニュー、チベット風うどん「トゥクパ」を食べにお連れします(ラサ滞在中に1回)。ご希望の方はガイドにお知らせください。




組紐 5. 旧市街のホテルを利用

ツアーで利用するラサのホテルは、おもに旧市街の中級ホテル。高級ホテルではありませんが、周囲は昔ながらの雰囲気を色濃く残すチベット人街ですので、朝の出発前や、夕方にホテルに戻ってからも、ぶらりと散歩に出かけられる好立地。軽めの散歩は体の循環を良くし、高度順応の一助にもなり、まさに一石二鳥です。

ホテルの一例
ホテルの一例
ホテルの一例