つむじかぜ 659号 添乗レポート盛り沢山! 国内ツアーもお忘れなく!  号

 

つむじかぜ659号



添乗レポート盛り沢山!
国内ツアーもお忘れなく!  号



特集1編集部特選! 2月~3月のお勧めツアー


2月から3月にかけて、お勧めの旅先をピックアップしました。アトラス山脈サイクリング、ゆったりおさんぽ、ヒマラヤ乗馬、個性的な宿、海外バードウォッチング、春のお祭りなど、KAZEらしい企画が盛りだくさん!


2/10(土)、3/17(土)発
生活道をのんびり乗馬します
ベストシーズンのネパールへ 
3つの「風のいえ」を巡る ヒマラヤ展望乗馬6日間
6名様から催行 出発日限定 日本語ガイドが付きます 英語ガイドは付きません 添乗員が同行します 特別講師は同行しません
ネパールの3つの“風のいえ”を泊まり歩きながら乗馬を楽しみます。ヒマラヤを望む新しいスタイルの乗馬ツアーをぜひ体感してください!

3/3(土)発

静寂のサハラを行く
丹羽隆志さんと行く 
3/3(土)発 北アフリカ・モロッコ アトラス山脈からサハラへサイクリング 9日間
8名様から催行 出発日限定 日本語ガイドが付きます 英語ガイドは付きません 添乗員が同行します 特別講師が同行します
ヒマラヤ、アンデス、アトラスを『風の三大山脈』と勝手(!)に命名。絶景に加え、旅人をもてなす砂漠の民(ベルベルの人々)との交流もサイクリングならではです。

3/11(日)発

パタンの素敵なヘリテージホテル
【風の女子旅】個性的な宿に泊まって小さな町と山村を訪ね歩く 
おさんぽネパール7日間
4名様から催行 出発日限定 日本語ガイドが付きます 英語ガイドは付きません 添乗員は同行しません 特別講師は同行しません
市場やお祈りの場所などのローカルスポットも訪れ、素朴な山村ハイキングも楽しみつつ、大自然の中でのんびり過ごす、ゆったりおさんぽ旅です。

3/12(月)発

ブハラの個性的な宿ミッリィーウィに泊まる(一例)
ウズベキスタンの個性的な宿ミッリィーウィに泊まる 
ブハラ・サマルカンド旧市街探訪6日間
2名様から催行 毎週出発 日本語ガイドが付きます 英語ガイドは付きません 添乗員は同行しません 特別講師は同行しません
ウズベキスタンのオアシス都市の中で特に人気のブハラとサマルカンドに絞ったコース。ブハラでは旧市街のミッリィーウィに泊まります。

3/18(日)発

ズグロヤイロチョウ
五百澤日丸さんと行く 
フィリピン ネグロス島 6日間【バードウォッチング】
6名様から催行 出発日限定 添乗員が同行します 特別講師が同行します
ルソン島、ミンダナオ島に次ぐフィリピンで3番目に大きい島・ネグロス島。鳥の密度が高く、個体数・種数とも多彩な山地や農耕地、海辺などで探鳥します。

3/24(土)発

子供達もおめかしして参加
ベテラン日本語ガイド シンゲ・ナムゲル同行 
春の大祭パロ・ツェチュとゆったりブータン 9日間
2名様から催行 出発日限定 日本語ガイドが付きます 英語ガイドは付きません 添乗員は同行しません 特別講師は同行しません
ブータンの春の大祭「パロ・ツェチュ」に合わせた特別企画。パロではホームステイ、ティンプーでは民族衣装の試着、民家で織物体験、ブータン家庭料理もお楽しみください。パロ、ティンプー、それぞれで連泊するのでゆったりした日程です。しかも、ベテラン日本語ガイド、シンゲ・ナムゲルが同行します。



特集2【出揃いました】登山ツアー/登山教室


お待たせいたしました! 2018年6月までの登山ツアー/登山教室の発表です。いずれも大人気登山ガイド・木元康晴さんをお招きし、日本の山の多彩な魅力に迫っていきます。現地発着可能ですので、気軽にお問い合わせください。


注目企画をピックアップ!


ウバメガシの生える稜線
~ご当地アルプスシリーズ!~
2/25(日) 伊豆・奥沼津アルプス
8名様から催行 出発日限定 添乗員が同行します 特別講師が同行します
ウバメガシの岩尾根を通って沼津アルプス最高峰の鷲頭山にも登ります。低山ですが、アップダウンに富み、急な岩場やハシゴも出てくる楽しいルートです。

名残のスイセンが見られるかも
~ご当地アルプスシリーズ!~
3/10(土) 房総・房州アルプスから嵯峨山縦走
8名様から催行 出発日限定 添乗員が同行します 特別講師が同行します
「房州アルプス」から嵯峨山まで林道を繋いで縦走します。桃源郷のような里山集落へ下山します。河津桜や菜の花、名残のスイセンに期待しましょう。

権現小屋のやや上から見た夕暮れの南八ヶ岳の山並み
~雰囲気が異なる八ヶ岳南部の2座~
6/9(土)~6/10(日) 八ヶ岳・権現岳と編笠山
8名様から催行 出発日限定 添乗員が同行します 特別講師が同行します
急峻な岩壁を有した権現岳と、たおやかな裾野が印象的な編笠山。イメージの異なる八ヶ岳南部の名峰2座を巡ります。


登山ツアー一覧はこちら!



風の登山教室

各月のテーマに沿った内容を、机上講習と実践講習に分けて学びます。もちろん、ご興味のある講座のみのお申し込みも可能です!

風の登山教室
風の登山教室

New! 木元康晴さんと学ぶ「風の登山教室」講座一覧 (2018年)



特選!風カルチャークラブ情報


週末ごとに皆さまの好奇心を満たすべく講座をご用意しております。そして国内外への旅もあります。どうぞ、知的エンターテイメントの世界を楽しんでください。


【講座】



1/20(土)

存在感のある巨樹・巨木に会いに行きます(目黒区大鳥神社のオオアカガシ)※過去の講座風景より穂苅勲夫さんと歩く
里山を歩こう -名木と花(山野草)と史跡を訪ねて-




1/21(日)

f5817c5a1671bcdc6ae7c6ccd5a605ad
[終了] インドを知る シリーズ4 『魅惑のインド古典文学へ御招待』




1/27(土)

講座風景(イメージ)穂苅勲夫さんと歩く
関八州・日帰りの山




1/27(土)

これを干せばmy海苔のできあがり!眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと歩く
[終了] 1/27(土) 東京湾岸あるき 陸から海から今むかし
-木更津漁師と盤洲干潟の海苔すき体験 –




2/3(土)

撮影:三浦和人(講師)写真家・三浦和人さんと巡る
カメラ片手に旅に出る 『杉並 知る(シル)区(ク)ロード』を歩く




2/3(土)、2/17(土)

蝶の展翅展翅家・政所名積さんに教わる
2/3(土)&17(土) 展翅の世界 -虫たちの造形美-




【ツアー】



2/3(土)発 

出口家の元屋敷押切珠喜さん、出口春日さんとめぐる
[終了] 2/3(土)発 丹波・綾部の旧正月 -節分祭、人型流しを共にして磁場の根源を探る-



【海外】



2/10(土)発 ※まもなく締め切り!

光は樹上のはるか上に...屋久島の市川聡さん憧れの熱帯雨林を往く
2/10(土)発 ブルネイ・ジャングル紀行7日間



3/10(土)発 

バビルサYNAC市川聡さんが同行解説する
3/10(土)発 スラウェシ島の動物観察9日間



3/19(月)発 

カザフの刺繍壁掛け「トゥス・キーズ」遊牧民の手芸・装飾文化研究家・廣田千恵子さんが同行
<*出発日変更> 催行決定!【新企画】3/18(日)発 春の祝祭ナウルズとホームステイ 本場でカザフの刺繍を学び・作る8日間



 風カルチャークラブ 講座・ツアー一覧


今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【東京スタッフブログ】
ヒマラヤの絶景とのどかな農村でのんびり乗馬
年末ネパール乗馬の様子をレポート!

【東京スタッフブログ】
『マナスル西面展望トレッキング』
BEST VIEW HIMALはこれだ!

添乗スタッフが絶景の山々をご紹介

【風の鳥日和】
【開講記】静岡・富士山麓 今年はミヤマホオジロ!
黄色い帽子がオシャレ!

【ツアー関連情報】
チベットの(わりと)実用的なお土産9選
日本でどう使うかはアイデア次第!?

【なにわ日記】
サハラ砂漠でHAPPY NEW YEAR!
スーパームーンも登場!

【中坪のメルハバ!】
モロッコニュース エッサウィラとアルガンの村
顔よりデカいカニ! うまそ~。





お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


夢のシルクロード大走破計画 説明会 ~いつか時間ができたら~

ユーラシア大陸を東西に結ぶ道、人、モノ、コトを運んで縦横無尽に走る。ときに東西文化の伝達路であり、ときに侵略の道であり、ときに、敬虔な信仰伝道の道でした。1980年代のNHK特集世代ならずとも、胸ときめく一大ルート。時代は移り、国境、国名や政体も変わってしまっていますが、いまだからシルクロードを通して見えるものがあるはず。新疆のガイド「趙海龍」さんも来場いただく予定です。

  • 日 時
  • 【大阪開催】1/20(土)
  • (1)西安からタシケント編 13:00~14:00
  • (2)タシケントからコーカサス編 14:30~15:30
  • 【東京開催】1/28日(日)
  • (1)西安からタシケント編 10:00~11:00
  • (2)タシケントからコーカサス編 11:30~12:30
  • 会 場
  • 【大阪開催】ハービスプラザ3階 旅のセミナールーム(大阪・北区)
  • 【東京開催】風の旅行社東京本社 旅のセミナールーム(東京・中野)
  • 定 員
  • 【大阪開催】各回30名(事前予約制)
  • 【東京開催】各回24名(事前予約制)
  • 入場料:無料


ツアー同行講師・西村幹也が語る -タイガとバヤンウルギー ツアーの準備と実際-

ゲストに、NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ理事長の西村幹也さんが20年以上に亘ってモンゴル各地を旅して歩いた経験に基づいた内容を、モンゴルの専門家としての視点、そして実際に講師としてツアー同行した過去の経験をふまえ、現地での旅の実際や注意点、必要な装備などを具体的にお話しいたします。なかなか見ることのできない、現地で撮影した珍しい写真もお楽しみいただけます。

  • 日 時
  • 【東京開催】2/7(水) 19:00~21:30
  • 【大阪開催】2/12(月・祝) 10:00~12:30
  • 会 場
  • 【東京開催】風の旅行社東京本社 旅のセミナールーム(東京・中野)
  • 【大阪開催】ハービスプラザ3階 旅のセミナールーム(大阪・北区)
  • 入場料:無料


第9回 各国料理を大阪スタッフと一緒に食べに行こう!
「中津でモロッコ料理」

毎年恒例の風の旅行社大阪支店イベント、今年のテーマは風の旅行社でもお馴染みのモロッコです。会場は梅田・スカイビルから徒歩2分のモロッコ料理レストラン。旅でご一緒した仲間たちと旅の思い出やお気に入りの国を語り合いましょう。風ツアーにまだ参加されたことのない方も大歓迎! 毎年お一人参加の方も多いイベントです。

  • 日 時:3/19(日) 12:00~14:30
  • 会 場:モロッコ料理 LE MARRAKECH(大阪・中津)
  • 参加費:2,000円(食事代)






風の向くまま・気の向くまま ―第四百八十三話―

 

代表取締役 原 優二


●壱岐


壱岐が長崎県だと知っている人は少ない。私もそうだったが、場所すらはっきりしない人も多かろう。中には先日世界遺産に登録された沖ノ島と間違える人すらいる。歴史に詳しい人なら「壱岐・対馬」でセットで頭の中に入っている方もいるかもしれない。

対馬と九州の間、玄界灘に浮かぶ東西14㎞、南北17㎞、最高標高213m、人口が約25,000人の島である。観光のピークは7~9月の夏季で、海水浴客が主だそうだ。遠浅で綺麗な海が人気を呼んでいる。ただ、近年は、全国的に海水浴客自体が減少しているので嘗てのような賑わいはないようだ。

「神々の集う島」ともいわれる壱岐には、古い神社も多い。今回参拝した月読神社は西暦480年には存在したという記録が残っている。月読命は、古事記にはほとんど登場しないから目立たないが、この神社の古さには、同行した神社好きの仲間が驚き興奮していたくらいだ。

古墳も200以上あるし、弥生時代の村落を再現した施設もあり、その上、魏志倭人伝の時代に遡る資料が展示された「一支国博物館」がある。同博物館のHPでは「中国の歴史書『魏志倭人伝』に『一支国(いきこく)』と記された壱岐。古代日本を物語る貴重な資料が島内から多数出土しているが、これらを一堂に展示しているのが一支国博物館である。」と、歴史好きには堪らない説明がされている。この日は休館日で残念にも行けなかった。

今回は、観光以外にもう一つ目的があった。旅行産業経営塾の塾生が主催する異業種交流会に参加することである。投宿したビューホテル壱岐の吉田繁社長もこの交流会の島内の主催者をされており、活発な島の交流の中心におられた。何でも、赤字でもいいから集まって飲むことから何かが始まる。これがやり方らしい。何といっても若い人が多く嬉しかった。

今、地方創生で温度差はあるものの、活発に動いている地域もある。単に助成金頼みの事業ではなく、自らリスクを取って、島の伝統や産業を復活させようと頑張っている人たちが集まっていた。

途絶えてしまった日本酒造りを復活させた人、小さな6つの焼酎蔵を合併し一つの蔵にして販売を増加させている若頭首、日本一(?)ジャムを売る八百屋の主人。小企業の仕事のよろず相談を受けるサポートセンターの職員、プサンから来た企業経営者、等々、様々な人間たちが、壱岐を盛り上げていという意識を共有して集まってきていた。

離島は面白い。いつも私はそう感じる。なにかその島独特の匂いがあり、島を意識した人々がいる。博多港から高速船で約一時間で行ける。是非、訪れて頂きたい。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼1月20日(土) 16時00分~17時00分 TBS1 【ペルー】
第28回JNN企画大賞 大ナスカ~最後の謎~★新地上絵テレビ撮影世界初!
ナスカの地上絵は誰が、何のために、どのように描いていたのか? 山形大学研究チームを率いる坂井正人教授に密着しナスカ地上絵の謎に迫る。


▼1月20日(土) 21時00分~21時54分 TBS1 【パタゴニア】
世界ふしぎ発見!パタゴニア 世界最果てルートを行く!
世界最果ての地には日本人と同じモンゴロイドの遺伝子を受け継ぐ、おばあちゃんが! パタゴニア最高峰、わずか10分間の奇跡の光景とは? 期間限定! 氷河トレッキングツアー


▼1月21日(日) 27時30分~27時59分 NHKBS1 【ブータン】
再放送 Side by Side選「観光で人々を幸せに!~ブータン王国~」
自然保護と観光開発を両立させながら地方の活性化と若者の雇用創出を図るブータンで、日本のNGO職員の松尾茜さんと現地の人々による観光開発の現場を追う。


▼1月22日(月) 12時00分~13時00分 NHKBSプレミアム 【多摩川・野鳥】
再放送 発見!体感!都会の“大自然” 多摩川紀行
大都会を流れる多摩川の魅力を体感。河口のアサリ漁。住宅街のそばの野鳥の楽園。美しい紅葉で彩られる渓谷。源流がはぐくむ味。身近な“大自然”をルー大柴さんが旅する。




編集後記


大好評シリーズ 動物ふれあいウォッチング


年末年始はネパールへ行ってきました。国内線を2区間乗り継ぎ、辿り着いたのがジョムソン街道。その昔、チベットとの交易で栄えた「塩の道」です。

緑豊かなネパール中央部の農村と異なり、まるで他の惑星へ着陸したかのような荒涼とした雰囲気が印象的です。今回訪れた真冬は野生動物の気配を全くと言って良いほど感じませんでしたが、-10度以下の寒さでも馬やニワトリなどの家畜は元気一杯でした。

特に興味深かったのが、チベット系のオジサン(元ペーターと勝手に命名)がヤギを放牧させている所。



残念ながら元ペーターの写真はありません

ヤギたちの足元が白くなっているのがわかるでしょうか? これは雪ではなく、ご当地名産の「岩塩」が地表に露出している場所だとのこと。オジサンはヤギに塩を与えに来ていたようですね。

私は地面を舐めなくても塩分補給できている(むしろ過剰気味?)と思いますが、そうと知ったら味見しない訳にはいきません!



崖を下ってヤギの群れにナマステした私

ヤギ達に文句を言われつつ採集した塩の結晶を舐めてみると…これがとっても微妙。塩っぱさの中になにやら複雑な雑味が感じられ、正直、このままゆで卵に振って食べるのはキツいです。普通に売っている塩はよくよく精製されているのでしょうね。

味はともあれ新しい発見に盛り上がり、そして謎の雑味がヤギのおしっこでないことを祈りながら、「塩の道」ジョムソン街道を後にしたのでした。

(かわかみ)


ジョムソン街道へ行くならこのツアー!


喧騒のカトマンズも散策します靴裏から感じるダイバーシティ
ネパールの山村・聖地・都市部を歩き回る8日間

最少催行人員●4名(★は8名催行)(定員16名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し8名以上の場合は同行)

3/24(土)発|東京・大阪・名古屋発 379,000円 募集中

ツアー概要【新企画】直営ロッジがある山村ダンプス、聖地ムクティナート、生活感溢れる首都カトマンズ。それぞれじっくり歩いてネパールの多様性に迫ります。


np-jb-03_1古きよき素朴な村々を辿り聖地ムクティナートを目指す
ジョムソン騎馬トレック9日間

最少催行人員●8名(定員10名) 添乗員●同行(出発地によっては乗継地または現地より同行)

4/27(金)発|東京・大阪・名古屋発 495,000円 募集中
9/22(土)発|東京・大阪・名古屋発 468,000円 募集中
10/27(土)発|東京・大阪・名古屋発 448,000円 募集中

ツアー概要【新企画】チベット文化圏のジョムソンを出発し、ダウラギリ、ニルギリを仰ぎ見ながら、古きよき村々を辿り、聖地ムクティナートを目指す大絶景の騎馬トレックです。


np-yb-tg-16_1ネパール最奥に息づくチベット世界
【ジープで行く】禁断の王国・ムスタン探訪10日間

最少催行人員●2名(定員16名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し6名以上の場合は同行)

5/8(火)発|東京・大阪・名古屋発 568,000円 もうすぐ催行決定
6/22(金)発|東京・大阪・名古屋発 538,000円 募集中
8/10(金)発|東京・大阪・名古屋発 598,000円 催行人員到達
9/15(土)発|東京・大阪・名古屋発 578,000円 募集中

ツアー概要【新企画】ネパールでありながらチベット文化を色濃く残している地。かつて河口慧海も辿った道は今も昔も変わっていないのではと思うような原風景が広がっています。




※次号660号は1月24日頃の配信予定です
——————————
 
■つむじかぜ659号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2018年1月17日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2018 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)