つむじかぜ 697号 電気orオグロヅル どっちを取るか考えちゃう人に届け! 号

 

つむじかぜ697号



電気orオグロヅル
どっちを取るか考えちゃう人に届け! 号



特集1ブータンにオグロヅルがやってきた!


電柱を立てるとオグロヅルたちが引っかかって怪我をしてまうかもしれないと、「電気を諦めてツルを取った」エピソードで知られるブータンのポブジ谷。

オグロヅルビジターセンターから、無事にツルが飛来したとのニュースが発表されました。年末年始のコースを含め、今シーズンも優雅なツルの姿を楽しめそうですね。

ポブジ谷で越冬するオグロヅル日本語ガイドの案内でのんびり楽しむ
「オグロヅルの里」ポブジ谷も訪れる ブータン4つの谷巡り9日間

最少催行人員●2名(定員16名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)

12/8(土)発|東京・大阪・名古屋発 398,000円 2名催行
12/28(金)発|東京・大阪・名古屋発 458,000円 2名催行
1/12(土)発|東京・大阪・名古屋発 398,000円 2名催行
2/9(土)発|東京・大阪・名古屋発 409,000円 2名催行

ツアー概要ブータンの首都ティンプー、豊かな農村で断崖の寺院タクツァンのあるパロ、チベット軍との戦いに勝利した「冬の都」プナカ、そしてオグロヅルと共棲する「隠れ谷」ポブジ谷。西ブータンの4つの谷を各地で連泊しながら日本語ガイドの案内でじっくり回る特別企画。12/8発は「ドゥク・ワンゲル・ツェチュ祭」見学。

年末年始ツアー一覧はこちら!



特集2冬の旅行を選ぼう! 同行者募集中ツアー


気になるツアーがきっと見つかる! あなたのお申し込みで催行も!?

1人参加なので、旅仲間が欲しい!
1名催行だと料金が高くなってしまうから、2名以上にして費用を抑えたい!
出発日は融通が利くから誰かいませんか?
催行人員まで達していないので、もっともっと旅仲間を増やしたい。

という思いを持った方が旅仲間を募集するコーナーです。もちろん、

すでに出ている「たびとも」を募集してるツアーに応募したい!
少し時期をずらせばいけるんだけど? 都合はどうかな?

という方のお問合せも大募集中!




特選!風カルチャークラブ情報


11月、秋も深まっていきます。秋から年末まで、様々な企画が目白押し。風カルチャークラブのカレンダーページを今すぐチェック!

【講座】



11/10(土) 

太い、太すぎる...眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと関東の食文化を歩く
[終了] 11/10(土) 群馬の桐生 超幅広のひもかわ



11/10(土) 

存在感のある巨樹・巨木に会いに行きます(目黒区大鳥神社のオオアカガシ)※過去の講座風景より穂苅勲夫さんと歩く
里山を歩こう -名木と花(山野草)と史跡を訪ねて-



11/11(日) 

ジャヤバルマン7世頭部像インドを知る シリーズ5
[終了] -アンコール遺跡・理解のために- カンボジアの歴史と遺跡



11/17(土) 

穂苅勲夫さんと歩く
関八州・日帰りの山



【国内】



【まだ受付中】

ぜひ近づいて触ってほしいこの迫力里山研究の最前線をゆく気鋭の写真家と歩く
11/3(土祝)発 山形県・小国町に残る本物の里山、本物の原生林を歩く 2日間



晩秋の霊山奥田博さんと歩く
11/18(日)発 福島・歴史探訪の山旅



苔むした石畳の古道を往く熊野の語り部と行く
【催行決定 お急ぎください】11/23(金祝)発 熊野古道・中辺路を歩く



【海外】



_A654753NPOしゃがぁ理事長 西村幹也同行!
<催行決定!>【新企画】12/28(金)発 タイガの森でトナカイと年を越す8日間 ─凍った大地を走り、雪原をトナカイで往く─



アトラスオオカブト(2018年8月下見の際 宿周辺での夜の観察にて)昆虫展翅家・政所名積さんが同行解説する
【初登場!】12/31(月)発 インドネシア・スラウェシ島で昆虫探索7日間



遺跡の森を往く丹羽隆志さんと行く
12/29(土)・1/2(水)発 自転車でアンコールワット・5日間  遺跡と農村の森をサイクリング



※催行人数到達!

静かに美しく佇むクレイドルマウンテンタスマニア在住の千々岩健一郎さんが解説
【催行人数到達!】12/29(土)発 タスマニア島 -森と動物の楽園・8日間-



光は樹上のはるか上に...屋久島ネイチャーガイド・市川聡さんも憧れる熱帯雨林を往く
1/10(木)発 ブルネイ・ジャングル紀行7日間



ジャヤバルマン7世頭部像関根秋雄先生と巡るカンボジアの今と昔
【新企画】1/12(土)発 プノンペンからクメール遺跡・芸術を巡る旅8日間



 風カルチャークラブ 講座・ツアー一覧



今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【なにわ日記】
ミャンマーが期間限定ビザ無しで・・・
期間延長もあり得る・・・かも?

【ヒマラヤの宝探し】
第249回 チュッポ ~森の豊かさ~
ナメコが美味しそう!

【なにわ日記】
モロッコは、ずーとサマータイムのまま?
サマータイムの終了は実施されず??

【風の鳥日和】
【添乗報告記】秋の道東 エゾライチョウとシギチドリを見る
“おさらい”のクオリティに感嘆





お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


風カルチャークラブ年末年始ツアー大紹介

年末年始の風カルチャークラブのツアー説明会を開催します。この機会に、気になっている講座や、「参加してみたいけど、私にもできるかな?」と迷っているツアーなど、スタッフに直接質問するチャンスです。

  • 日 時:11/14(水) 19:00~21:00
  • 会 場:風の旅行社 東京本社(東京・中野)
  • 参加費:無料



風の向くまま・気の向くまま ―第五百二十一話―

 

代表取締役 原 優二


●大掃除


掃除は毎日するものだ。と思うのだが、自分の家では週一回である。以前もここに書いたが、掃除するときは、一か所だけ「局所大掃除」をするようにしている。例えば冷蔵庫を動かして、隠れていた壁面や床の埃を取りドアの汚れを取る。冷蔵庫の中身の整理までやると大事になる。別の日に、しかも2~3回に分けてやるといい。

浴槽の側面を外して、浴槽の側面や隠れた床を掃除する。といった具合である。先週は、本が大分増えてきたので整理して、50冊ほどブックオフに売りに行った。いつもは、ほとんどお金にはならないので今回も期待していなかったが、意外にも4,000円ほどになった。明細を見てみたら、「脊椎間狭窄症の、、、」とか「ストレッチ 、、、」といった健康関係の本に200円の値段がついていた。

二人の息子も昨年自立し家を出て行ったので、家も広くなると思いきや、一向に広くならない。原因は、二人の荷物がまだまだたくさん置いてあるからだ。特に学習机とその中身には困ってしまう。もう捨てるぞというと、片づけに行くからそのままにしておいてくれ、などというが一向に片づけになど来ない。いつになってもそのままである。

そういえば、自分の時はどうしたのだろうか。田舎の家だから部屋数には余裕があったので、私が東京の大学に出ても、自分の部屋はそのままになっていた。東京に就職してからは、いつの間にか片づけられて、アルバムとか通信簿など僅かなものだけが一つの段ボール箱にまとめられ送られてきた。やっとその時の親の気持ちが理解できる。

息子たちの置いて行った荷物も、本当に必要な物などほとんどないに違いない。おそらく、黙って捨ててしまっても息子たちは文句など言わないだろうと思う。しかし、 なんとなくもう暫くはそのままにしておくような雰囲気である。

そろそろ、着る物も整理しなくてはと思っている。理由はタンスに入らなくなってきたからだ。私は、ファッションを楽しむなどという習慣が身につかなかったので、服は必要なものだけしか買わない。ところが、それでも何故か服は増える。そこで、何年かに一遍は、まだ着られる服でも殆ど着ない物は整理するようにしている。

さて、次回はどこを大掃除しようか。冷蔵庫の中も、結構古いものがそのままになっている。あれとあれは捨てなきゃなあと前から思っているので実行してみよう。その次は、テレビの横の棚かな。こう考えれば、掃除も意外に嫌な作業ではなくなる。年末の大掃除など不要になって一石二鳥のはずである。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼11月4日(日) 18時00分~18時30分 TBS1 【雲南など】
世界遺産「3つの大河が流れる!ヒマラヤの秘境~雲南の三江併流保護地域」
ヒマラヤ山脈の東、中国・雲南省の秘境。高山の間を、長江、メコン川、タンルウィン川の3つの大河の源流が並行に流れている希有な場所。さらに絶滅寸前の幻のサルも撮影。


▼11月4日(日) 24時00分~24時45分 NHKEテレ1東京 【カナダ】
地球ドラマチック「天空の神秘 オーロラの謎」
夜空に輝く幻想的な光、オーロラ。いつ、どこで、なぜ現れるのか?太陽とオーロラの深い関係とは? 最新科学を駆使して、宇宙の壮大な力を秘めたオーロラの正体に迫る!


▼11月5日(月) 27時00分~28時00分 NHKBSプレミアム 【チベット】 
中国 黄河源流への旅「銀川から天空の畑へ」
中国寧夏回族自治区の古都、銀川から黄河をさかのぼる3回シリーズ。一回目は甘粛省の蘭州や巨大なチベット寺院を見ながら、青海省に広がる段々畑までを紹介する。


▼11月6日(火) 23時00分~23時54分 BS朝日1 【韓国】
迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 「韓国&ベルギー2カ国を放浪の旅」
ぶらりと降りた駅で、ローカルグルメと地元の方とのふれあいを探す。今回は韓国、ベルギーの2カ国へ。



編集後記


モンゴル支店長のハグワが来日したため、飲みの席にご一緒してきました。

“馬は酔っ払って落馬しても待っていてくれる”だとか“大雨で草原が川になりランクルが流された”だとか、本当とも嘘ともつかないような話で盛り上がりましたが、その中でモンゴルのバイクについての考察も飛び出しました。

「モンゴルでは日本車ばかり見かけるのに、なんで遊牧民のバイクは日本製じゃないんだろう?」
「そりゃぁ高いからでしょう」
「それを言っちゃあおしまいよ。どうやったら売れると思う?」
「そういえば、オーストリアのKTMというメーカーのバイクはネパールで大人気らしいですよ!」
「じゃぁ、ULNというバイクを作ればモンゴルで大ヒット間違いなしだ!」

※あえて言いたくありませんが、カトマンズの都市コードはKTM、ウランバートルはULNです。

と、まぁこんな調子です。

与太話はさておき、国内でニーズが減って困っているバイクメーカーのみなさん。安くて壊れず安全なバイクをモンゴルで販売できないものでしょうか? 案外、意外な所にブルーオーシャンが広がっているかもしれませんよ。

(かわかみ)




※次号698号は11月8日頃の配信予定です
——————————
 
■つむじかぜ697号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2018年11月1日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2018 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)