つむじかぜ 698号 年末年始直前! まだ間に合う駆け込み歓迎ツアー特集! 号

 

つむじかぜ698号



年末年始直前!
まだ間に合う駆け込み歓迎ツアー特集! 号



特集1駆け込み歓迎! 年末年始ツアー特集


ようやくお休みが決まった方の駆け込み予約が続いています。実はまだギリギリ間に合うツアーもありますので、席がなくなる前にお急ぎください!

※掲載コース以外にも、出発日を少しずらせばOKな事が多々あります。諦めずにまずはお問い合わせ下さい。


12/27発

青蔵鉄道でラサへ 真冬は晴天率が高く、白い雪山を望める可能性が高い
出発日
12/27, 1/10,
世界最高所を走る青蔵鉄道に乗ってチベットの聖都ラサを訪れます。冬は農閑期のためラサにはたくさんの巡礼者が訪れ、街は熱い信仰心で満たされます。

12/27発

読経をする尼さん(チンプー渓谷の尼寺)
出発日
12/27, 1/10,
祈りの風景をキーワードにラサとその近郊、「トルコ石の湖」ヤムドク、チベットで最初の仏教僧院サムイエ、さらに密教の神々の壁画で彩られた寺、聖地ムード満点の修行場など、通常のツアーでは行くことのない濃密なチベットの人々の祈りの風景もご紹介します。


12/28発

夜はオーロラハンティングをして、積極的に追いかけます
出発日
12/28, 1/6,
ホワイトホース郊外の隠れ家キャビンに3連泊。日中は犬ぞりやスノーシューなどを楽しみ、夜は極北の空に舞うオーロラを積極的に追い求めます。

12/28発

「ネパールの豊かな自然にふれ、人と自然が共存していく在り方を体感できる空間を目指す=はなのいえ」
出発日
12/28, 1/11, 2/15, 3/8,
【新企画】ヘリコプターでアンナプルナベースキャンプまでひとっ飛び。8,000m峰に囲まれた贅沢な時間をお過ごしください。「はなのいえ」では、洗練されたマウンテンリゾートをゆっくりご満喫いただきます。

12/28発

モハレから拝むヒマラヤ越しの日の出
出発日
12/28, 3/17,
【新企画】自然豊かで、静かなトレッキングを楽しめる穴場ルートです。春はシャクナゲの森を歩けます。

12/28発

_A654753
出発日
12/28,
【新企画】モンゴルで最も寒いと言われるフブスグルで、冬にしか味わうことが出来ない素晴らしい世界を堪能。車で凍った湖や川や峠を越え、最後はトナカイに乗って森の中へ!全てが別世界です。-30~40℃の世界をお手軽に体験!講師として、20年以上にわたって現地に通い続けるしゃがぁ理事長西村氏が同行。


12/29発

冬の交河古城は人影もまばら(4日目)
出発日
11/24, 12/15, 12/29, 1/12, 2/16, 3/2,
ベテランガイドが案内するトルファンとカシュガル。冬のシルクロードも暖房とあつあつの食べ物と新疆の人のおもてなしで心もあったかの6日間です

12/29発

IMG_8108
出発日
12/29, 1/5, 3/16,
ネパールヒマラヤのほぼど真ん中、美しき山々に囲まれたアンナプルナベースキャンプで大展望を満喫! 復路ヘリコプター利用で日程を短縮しています。

12/29発

エベレスト(左)とローツェ(右)を背に
出発日
11/23, 11/24, 12/22, 12/29, 2/9, 3/16,
一番人気の定番コース! 日本発着9日間で、世界最高峰・エベレストを見に行きましょう。2名で催行、出発日もご相談可能です。


12/30発

長い伝統のあるペルシャ絨毯の工房を訪ねます(3,4,5日目)
出発日
12/30, 1/20, 2/17, 3/8,
ペルシアが残した美しい伝統と都市を訪ねます。3つのペルシャ絨毯工房、「世界の半分」イスファハン、光の芸術ローズモスク、アケメネス朝の都跡ペルセポリスなど。


年末年始ツアー一覧はこちら!



特集2スリランカ乗馬 催行人員到達間近!


期待の声に支えられ内容を一新し再設定したスリランカ乗馬ですが、2/9(土)発はあと2名で最少催行人員(6名)到達です。とはいえ、7名限定のツアーです。ご予約はお早めに!

シギリア・ロックへ馬で向かいます大自然と世界遺産シギリヤ・ロックを巡る
[7名様限定]馬と楽しむスリランカ9日間

最少催行人員●6名(定員7名) 添乗員●同行(成田から成田まで)

2/9(土)発|東京発 448,000円 もうすぐ催行決定
4/27(土)発|東京発 498,000円 募集中

ツアー概要自然豊かなスリランカの森やジャングルを馬で巡り、世界遺産シギリヤ・ロック、キャンディの仏歯寺など主要な見どころを訪れる、盛り沢山のツアーです。

また、利用航空会社の減便によりツアー設定を見送っていたバヌアツ乗馬も、経由地を変更しGWに再設定。4名から催行します!

リゾート感たっぷり南の島の楽園へ
海と料理とバヌアツ乗馬8日間

最少催行人員●4名(定員10名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名の場合は同行)

4/27(土)発|東京発 598,000円 募集中

ツアー概要南の島の自然の中で乗馬を楽しむほか、南太平洋随一美しい「シャンパンビーチ」、神秘的な「ブルーホール」訪問や、バヌアツ牛などの料理にも舌鼓!



特選!風カルチャークラブ情報


カルチャーの秋。様々な企画が目白押しです。風カルチャークラブのカレンダーを今すぐチェック!


【講座】



11/10(土) 

太い、太すぎる...眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと関東の食文化を歩く
[終了] 11/10(土) 群馬の桐生 超幅広のひもかわ



11/10(土) 

存在感のある巨樹・巨木に会いに行きます(目黒区大鳥神社のオオアカガシ)※過去の講座風景より穂苅勲夫さんと歩く
里山を歩こう -名木と花(山野草)と史跡を訪ねて-



11/11(日) 

ジャヤバルマン7世頭部像インドを知る シリーズ5
[終了] -アンコール遺跡・理解のために- カンボジアの歴史と遺跡



11/17(土) 

穂苅勲夫さんと歩く
関八州・日帰りの山



【国内】



※まもなく締め切り!

晩秋の霊山奥田博さんと歩く
11/18(日)発 福島・歴史探訪の山旅



※まもなく締め切り!

苔むした石畳の古道を往く熊野の語り部と行く
【催行決定 お急ぎください】11/23(金祝)発 熊野古道・中辺路を歩く



東京の島で見上げる夜空星の文筆家・景山えりかさんと行く
【新企画!】1/25(金)夜発 神津島 -東京の神秘の島で縁結びスポット、海の幸、満天の星を味わいつくす旅-



【海外】



_A654753NPOしゃがぁ理事長 西村幹也同行!
<催行決定!>【新企画】12/28(金)発 タイガの森でトナカイと年を越す8日間 ─凍った大地を走り、雪原をトナカイで往く─



アトラスオオカブト(2018年8月下見の際 宿周辺での夜の観察にて)昆虫展翅家・政所名積さんが同行解説する
【初登場!】12/31(月)発 インドネシア・スラウェシ島で昆虫探索7日間



遺跡の森を往く丹羽隆志さんと行く
12/29(土)・1/2(水)発 自転車でアンコールワット・5日間  遺跡と農村の森をサイクリング



※催行人数到達!

静かに美しく佇むクレイドルマウンテンタスマニア在住の千々岩健一郎さんが解説
【催行人数到達!】12/29(土)発 タスマニア島 -森と動物の楽園・8日間-



光は樹上のはるか上に...屋久島ネイチャーガイド・市川聡さんも憧れる熱帯雨林を往く
1/10(木)発 ブルネイ・ジャングル紀行7日間



ジャヤバルマン7世頭部像関根秋雄先生と巡るカンボジアの今と昔
【新企画】1/12(土)発 プノンペンからクメール遺跡・芸術を巡る旅8日間



 風カルチャークラブ 講座・ツアー一覧



今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【こちら、学スタ発信局】
【社会人も休みやすい!】 モロッコ年末年始ツアー
社会人の方の参加も多いので怯まずご参加を!

【添乗報告記】
イラン~アゼルバイジャン ゾロアスターからイスラムの世界13日間(2018年9月)
企画者の熱意つまったツアーレポートです

【風の鳥日和】
【添乗報告記】 10/13発 渡り鳥の楽園・秋の飛島 3日間
最近話題の飛島ですね

【風スタッフブログ】
【なにわ日記】アルゼンチン土産
アルゼンチン土産といえばこれ





お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


風カルチャークラブ年末年始ツアー大紹介

年末年始の風カルチャークラブのツアー説明会を開催します。この機会に、気になっている講座や、「参加してみたいけど、私にもできるかな?」と迷っているツアーなど、スタッフに直接質問するチャンスです。

  • 日 時:11/14(水) 19:00~21:00
  • 会 場:風の旅行社 東京本社(東京・中野)
  • 参加費:無料


外部イベント


草原の風 モンゴル祭 大阪2018

  • 日 時:11/10(土) 10:30~16:00
  • 会 場:靱公園・東園(大阪・西区)


『旅するYogi Yogi 第7弾 @画廊ル・パルク』 トーク企画「私たちが見たグアテマラ~民族衣装と子どもたち ~」

  • 日 時:11/11(日) 11:00~12:00、14:30~15:30
  • 会 場:画廊ル・パルク(大阪・吹田)
  • 講 師:いけおゆかり(グアテマラ・マニア)、かんまききよみ(手作り絵本作家)






風の向くまま・気の向くまま ―第五百二十ニ話―

 

代表取締役 原 優二


●結婚式


日曜日に社員の結婚式があり、開式30分前には式場へ着くよう朝8時半に家を出た。式場は、最寄り駅から徒歩5分とあったが、遠目にもあそこが式場だと判るような洋館風の造りだった。最近は、結婚式専門に建てられたこういう式場での結婚式が、若い人には人気があるようだ。

入り口の門から歩道にはみ出すように何人か黒いスーツ姿の男性が立っていて、その一人が「結婚式に御参列ですか」と聞いてきたので「はい」と答えると、「御両家のお名前をお聞かせください」「○○家と△△家です」「かしこまりました。ではこちらにどうぞ」と、入り口の門の正面にある15mほどの幅で50段もあろうかという大きな階段ではなく、横の細い通路を通って受付のロビーまで案内してくれた。確かに、この案内をしてもらわなかったら階段を登ったに違いない。登ってから「受付は下です」などと案内されたらさぞかし嫌な気分になっただろう。

しかし、敷地の外にまではみ出て参列者を待ち、一人ずつ案内しないといけないとは随分面倒な話である。よくよくみると敷地に全く余裕がない。結局、あの階段は、御両人を囲んで参列者全員の集合写真を撮るためのものだと後で分かったが、カメラマンも歩道に3mはあろうかという折りたたみ式の梯子を広げ、それに登って撮影するという始末だった。しかも、歩道が少し坂になっているから梯子が傾いていた。倒れやしないかと心配したほどである。おそらく最初から集合写真を撮るために階段は設計されたのだろうが、敷地の狭さからくる制約とその意図がずれてしまったのかもしれない。

式場内のチャペルで行われた結婚式に招待客全員が参列し、そのまま披露宴にでた。式は儀式であって親族など限られた者で執り行い、その報告を披露宴でする。そんな区別があっていいと私は思うが、今回のやり方だと儀式というよりは披露宴も含めて一つのイベントということになる。みんなに祝ってもらうという主旨から考えれば、むしろこの方が正解かもしれない。

披露宴は、新郎新婦の気持ちのこもった清清しくてなかなか素晴らしいものだった。終了は14時を過ぎていたと思う。約5時間半かかり少々疲れたが、日暮れまでには時間がある。そのまま会社の男性スタッフ諸氏と二次会へと流れた。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼11月9日(金) 22時00分~23時00分 NHKBSプレミアム 【タンザニア】
岩合光昭の世界ネコ歩き選「ザンジバル」
動物写真家岩合光昭さん、アフリカ・タンザニアの東にあるザンジバルに行った。島はちょうど子ネコがいっぱいの季節。スパイスの森で街角で海岸で子ネコたち大活躍だった。


▼11月11日(日) 18時45分~19時00分 TOKYO MX2 【ベトナム】
ASAHI Pop’n’PRESS!千原せいじのKids’World
東南アジアの国ベトナム。子どもが好きな料理を徹底調査。ベトナムといえば生春巻きが有名ですが現地で人気なのは揚げ春巻きなんですって。そして伝統的なデザートとは!


▼11月11日(日) 26時20分~27時35分 NHK総合1・東京 【モンゴル】
NHKスペシャル「ノモンハン 責任なき戦い」
79年前、日本がソ連と戦い敗北したノモンハン事件。司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と執筆を断念した戦争を、150時間の音声とAIカラー化映像で伝える


▼11月15日(木) 21時48分~21時54分 テレビ東京1 【ジョージア】
Beeワールド ジョージア篇「ジョージア 蜂蜜とワイン」
8000年ほど前から飲まれてきたワイン。 その発祥の地がコーカサス地方にあるジョージア。このワイン造りに深く関わっているのがミツバチ。ジョージア東部にあるカヘティ地方で、ワインを造る傍ら、養蜂を営んでいるのがバチーチュキさんを訪ねる。



編集後記


添乗業務でアルゼンチンに行ってきました。アルゼンチンの広大な草原(パンパ)があり、そこにはガウチョ(乗馬に秀でた牧童達)の文化がある事をご存知でしたか?

ツアー中、ほんの30分ほどでしたが乗馬体験をし、ガウチョによる乗馬ショーを観てきたのですが乗馬企画者としてピピンときちゃいました。面白いことが出来そうな気配を感じます・・・。情熱的なタンゴとガウチョ×乗馬!?

そう、あとはロケーションと安全への配慮が可能な乗馬手配の可否など諸々の条件をクリアできる場所が見つかれば・・・! ということで模索中。期待しすぎずにお待ちくださいませ!

(やまだ)




※次号699号は11月15日頃の配信予定です
——————————
 
■つむじかぜ698号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2018年11月8日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2018 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)