東京スタッフブログ

【開講記】安定のさいたま 秋ヶ瀬 充実の50種超え!

 

ツアー名:11/26(日)さいたま 秋ヶ瀬 目指せ 冬鳥20種


浦和駅から秋ヶ瀬公園はすぐ近く。天気がいいので荒川の橋の上からは大きな富士山が見えます。駐車場に到着すると、近くの標識にチョウゲンボウが止まっています。

準備を整えて森ゾーンに入って行くと日影でまだ冷えひえ。アカゲラがあわただしく動いています。どうやら2羽いるようです。後頭部が赤いのでオスでしょうか。ケンカ中かな。




小さな池のほとりの木のてっぺんにアオサギが止まっています。まだ寒いので日光浴でしょうか。カワウが2羽上空を通過していきました。

カワラヒワやマヒワが群れで木に止まっています。忙しそうに木の実を食べています。やはり餌があるときに食べておかねば! ということでしょうかね。近くではシジュウカラやメジロも動き回っていました。




繁みのてっぺんにモズがいます。メスのようです。モズが飛び去った後にはカシラダカの姿が。頭上の木にはエナガの群れがやってきました。



モズ

場所を移動して小さな川沿いへ。早速、カワセミがやってきました。少し前にはアオバトがいたそうです。ベニマシコのメスも2羽登場。オスもぜひお願いします。

近くではアオジが水浴びをしています。昨年に引き続きトラ○ズクが遠めに見えるポイントに行きましたが、今回は木の葉が繁り過ぎなのか、見つけることはできませんでした。



ベニマシコ(♀)

午後は池のポイントへ。浮き具の上でカワウやユリカモメが休んでいます。遠くではカンムリカイツブリやオオバン、たくさんのカモ類が浮かんでいます。



カンムリカイツブリ

最後は巨大な堤防建設中の田園地帯へ。農道を歩くとスズメの群れやヒバリ、タヒバリが飛び交います。遠くにノスリが飛んでいますが、逆光で見づらいです。反対の空ではチョウゲンボウが飛び去っていきました。



タヒバリ

ちょっと先の田んぼの中にゴイサギがいました。上空のラジコン飛行機を気にしているようです。堤防の反対側の耕作地にタゲリが飛来したようです。それではと堤防を登って行くとタゲリが再び飛んで行く姿が。なんとか1羽だけ残っていました。しかし遠い。。。




カラスの群れの中にミヤマガラスがいるようです。普通のカラスとは見分けがなかなか難しいですね。



ミヤマガラス

小高い堤防から周辺を一通り観察したところで終了。次回は年明け1/13(土)渡良瀬遊水地です。コミミズクは現れるのか!?


※写真はご参加の方からもご提供いただきました



【今回確認できた鳥達】


オカヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ・カルガモ・ハシビロガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・キジバト・カワウ・ゴイサギ・アオサギ・ダイサギ・コサギ・オオバン・タゲリ・ユリカモメ・トビ・ハイタカ・ノスリ・カワセミ・コゲラ・アカゲラ・チョウゲンボウ・モズ・ミヤマガラス・ハシボソガラス・ハシブトガラス・シジュウカラ・ヒバリ・ヒヨドリ・ウグイス・エナガ・メジロ・ムクドリ・シロハラ・ツグミ・ジョウビタキ・スズメ・キセキレイ・ハクセキレイ・タヒバリ・カワラヒワ・マヒワ・ベニマシコ・シメ・ホオジロ・カシラダカ・アオジ・ドバト・ガビチョウ



 

風の鳥日和