3名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

民家訪問でマンティ作りや陶器工房も見学

列車でGOGOサマルカンドとレンガ色の町ブハラ7日間

  • 陶芸の町ギジュドゥバンでは民家で工房見学
  • サマルカンドの民家では、マンティ作りを体験 
  • アフロシャブ号でサマルカンドへGO 
  • 小 右  霊廟建ち並ぶシャーヒズィンダ廟群は地元の人も訪れる聖地 3日目
  • タシケント歴史博物館 のガンダーラ仏
  • 歴代ハーンの居城アルク城
  • ブハラでは個性的な宿ミッリィ-ウィに泊まります (一例)
  • 個性的な宿ミッリィーウィ(一例)

出発日限定の特別企画です。

東京・大阪・名古屋・福岡からご参加頂けます。福岡発は、東京発と同料金です。

民家を訪問し、料理体験や陶芸工房見学など、観るだけではなく、体験してウズベキスンを感じるコースです。

高速列車移動で、人気のサマルカンドとブハラ2都市をめぐります。



ツアーポイント
1. タシケントからサマルカンドは高速列車アフロシャブ号を利用します
2. サマルカンドでは民家を訪問して、ウズベキスタンの肉饅頭マンティ作りを体験します
3. ブハラ近郊の陶器で有名なギジュドゥバンの民家で昼食をいただき 陶器工房を見学します
4. ブハラでは旧市街の個性的な宿ミッリィーウィに泊まります

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの

ウズベキスタン・インフォメーション
ウズベキスタンで鉄道体験
陶芸の町 ギジュドゥヴァン

このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋・福岡
ソウル
タシケント
09:10 ~ 11:55:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡から空路、飛行機を乗り継ぎ、ウズベキスタンの首都タシケントへ。
※タシケント到着が20時以前の場合は、現地にて夕食をご用意いたします。
  宿泊●ホテル泊 食事● - /  - / 夕
2タシケント
サマルカンド
午前:高速鉄道アフロシャブ号に乗車し、青の都サマルカンドへ。(約300km、乗車時間=約2時間30分)

ウズベキスタンの鉄道体験

到着後、サマルカンド市内観光。中央アジアの観光で多くの人々の憧れの地となっているレギスタン広場、大型モスク・ビビハニム、ティムール一族が眠るグリ・アミール廟などを訪れます。

夕方、旧市街の民家を訪問します。家族に教えてもらいながら、マンティ(ウズベキスタンの肉饅頭)作りを体験します
夕食は作ったマンティと家庭料理をいただきます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3サマルカンドブハラ午前:霊廟立ち並ぶ荘厳なシャーヒズィンダ廟群をを訪れます
午後:車でブハラへ向かいます。(走行約300km、約4時間)
※宿泊は個性的な宿ミッリィーウィです。

ブハラ旧市街の個性的な宿ミッリィーウィに泊まる
  宿泊●ミッリィーウィ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ブハラギジュドゥバンブハラ午前:郊外にある陶芸の町ギジュドゥバンへ。(走行=約46km、約1時間)
工房を見学したあと、民家で昼食をいただきます。
午後:ブハラへ戻り、初期イスラム建築の代表作であるイスマイール・サーマーニ廟などを訪れます。
  宿泊●ミッリィーウィ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ブハラタシケント終日:ブハラ旧市街観光へ。ブハラのシンボルであるカラーン・ミナレット(外観のみ)、偶像壁画で有名なナディール・ディヴァンベギ・メドレセ、歴代ハーンの居城アルク城、屋根つきバザールのタキなどを訪れます。
夜:国内線でタシケントへ戻ります。
深夜:ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6タシケント午前:タシケント市内観光へ
ウズベキスタン歴史博物館、駅構内の装飾・建築が美しい中央アジアで最初の地下鉄に乗車体験、ナヴォイ・オペラ劇場、スーパーマーケットを訪れます。
夜:空路、乗継地ソウルへ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ソウル
東京・大阪・名古屋・福岡
午前:ソウル到着後、飛行機を乗り継ぎ、帰国の途へ。
10:45~ 21:10:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発 [ 大阪発を見る・名古屋発を見る ]
2019/7/14(日)★280,000円
2019/8/11(日)★281,000円
2019/9/22(日)319,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/11/18(日)催行決定288,000円
2018/12/30(日)★349,000円
2019/1/20(日)278,000円
2019/2/10(日)288,000円
2019/3/31(日)288,000円
2019/4/28(日)★348,000円
2019/5/19(日)283,000円
2019/6/16(日)283,000円
大阪発 [ 東京発を見る・名古屋発を見る ]
2019/7/14(日)★280,000円
2019/8/11(日)★281,000円
2019/9/22(日)319,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/11/18(日)催行決定288,000円
2018/12/30(日)★349,000円
2019/1/20(日)278,000円
2019/2/10(日)288,000円
2019/3/31(日)288,000円
2019/4/28(日)★348,000円
2019/5/19(日)283,000円
2019/6/16(日)283,000円
名古屋発 [ 東京発を見る・大阪発を見る ]
2019/7/14(日)★280,000円
2019/8/11(日)★281,000円
2019/9/22(日)319,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/11/18(日)催行決定288,000円
2018/12/30(日)★349,000円
2019/1/20(日)278,000円
2019/2/10(日)288,000円
2019/3/31(日)288,000円
2019/4/28(日)★348,000円
2019/5/19(日)283,000円
2019/6/16(日)283,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●3名(★は6名催行)(定員12名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●大韓航空、アシアナ航空
利用予定ホテル●タシケント:シャークホテル、ショドゥリクパレス、アリエンプラザ、ベク、ホテルウズベキスタン
  サマルカンド:エミールB&B、ビビハニム、シティホテル、スルタンホテルブティック、ホテル・ディオラ、マリカ・プライム
ブハラ:サーシャ&サン、アミュレット、メフタル・アンバール、ラビハウズ、ブティックホテル・ミンジファ、マリカ・ブハラ、キャラバン

お一人部屋追加代金●24,000円 ホテル・ミッリィーウィ泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線12,000円~17,000円
(2019年5月1日)
●ご注意
・ミナレットや城壁などへの特別入場料はお客様のご負担となります。

・いずれの宿泊場所もバスタブがなくシャワー設備のみのお部屋になる場合があります。

・ブハラ・ミッリィーウィ宿泊は、部屋ごとに広さや間取り、装飾も異なります。また、分宿になる場合があります。

・2日目の列車はエコノミー席です。 また列車のお席はガイドと車両が離れる場合もあります。

・サマルカンドの民家でのマンティ作りは、民家の台所の広さに応じて交代で料理をします。

●ツアー代金に含まれないもの(※2019年5月1日現在)
*事前徴収
 ・成田空港諸税:2,610円
 ・関西空港諸税:3,040円
 ・中部空港使用料:2,570円
 ・福岡空港使用料:970円
 ・ウズベキスタン空港税:15ユーロ(約1,880円)
 ・ウズベキスタン空港保安税:10ユーロ(約1,250円)
 ・韓国空港税:10,000ウォン/2回(約1,930円)
・国際観光旅客税1,000円
*その他
個人的な出費、クリーニング代など

●【ビジネスクラス追加代金】
161,000円~336,000円
(日本~タシケント往復/出発日・予約クラスにより異なります)


●地方発について
お問い合わせください。

●旅券
出国時に有効期間が3ヶ月以上残っているパスポートが必要です。
またパスポートの未使用査証欄が、見開き2ページ以上必要です。

●査証・その他
2018年2月10日より査証不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

●ビジネスクラス追加代金:161,000円~336,000円
日本~タシケント往復/出発日・予約クラスにより異なります。詳しくはお問い合わせください。


 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2018-12-30発/総合評価★★★★★

私はサッカー好きなこともあり、ソ連崩壊以降、ウズベキスタンという国名にはワールドカップ予選などを通じてなじみもあり、その他の中央アジア諸国とともに興味を持っていました。しかし職場で「ウズベキスタンに行く」というと「どこやそれ?」という反応がほとんどで、多くの人になじみがなく、出回っている情報も少ないのが現状です。旅行先に選ぶ人も、まだ少ないと思いますが、今回初めて訪れてみて、持っていた印象が大きく変わりました。一部ガイドブックに書かれているような(それが最新のものであっても),「悪徳警官がいる」「英語はあまり通じない」などというのがいまや過去のものだということがわかりましたし、日本人にとっても非常に観光しやすいところだと感じました。
もちろんこれは、設定されているコースや、ガイドさんによっても印象が変わってしまうものなのかもしれませんが、今回は非常に良い旅行ができたと感謝しております。ありがとうございました。

タシケントの空港での、ガイドさんの待っている場所について、もう少し詳しい説明があれば、と思いました。建物を出てすぐのところには、関係者や旅行者以外は入れないスペースがあり、ガイドさんはその外側で、客引きをするその他大勢のタクシードライバーとともに待たれていましたが、見つけるのに手間取りました。事前にいただいた説明をあとから見てみると、「そういうことだったのか」と納得はできるのですが、そのときはなかなか具体的なイメージができませんでした。建物を出てすぐのそのスペースにも、なぜか数人のタクシードライバーが入っており、しつこく声をかけられたため、すでに真っ暗で、なかなかガイドさんが見つからない状況では、少し不安を覚えました。
また上にも書きましたが、できれば乗り継ぎには2時間以上ほしいと思います。この時期は便の選択肢が限られてきて、難しいかもしれませんが・・・      

  • 2018-11-18発/総合評価★★★★★

「旅」に何を求めるか…ほとんどの方は「快適さ」「満足」「感動」かな?私は現地の人々との交流」ただし仕組まれたものではなく。けれど偶然の出会いなんて企画できませんよね。今までで一番良かったのは現地ガイドさんはホテルの送迎だけで自分達で移動し、行動し列車に乗りまちがえ全く別方向の遠い駅から戻ってきた時、予定の迎えは帰ってしまい、駅舎の外で道路工事の3人の男性達と駅の広場で歌い踊りながらタクシーを待った二時間でした。田舎町でお互いの言語とジェスチャーで笑いながら過ごしました。困った時に困ればいい。そこから何かが始まる。そんな旅がいい!

おかえりなさい
旅は、人それぞれ。弊社のスタッフも殆どが元はバックパッカーでした。      

  • 2018-11-18発/総合評価★★★★★

ガイドのA氏はとてもよく勉強をしておくれ、ウズベキスタンの歴史についてたくさん学ぶ事ができました。多くのガイドも良かったですし、いろいろお話できて楽しかったです。また、現地では様々な出会いがあり面白かったです。
ブラハでは時間がたっぷりあり、お茶の時間や自由歩きをしましたが、少し時間がありすぎたかも知れません。でもゆっくり過ごす事ができました。しおりに記載されていたチップを頼りに渡すつもりでしたが実際はそれ以上渡すことになったと思います。チップは判断が難しいです。慣れないもので。
四人でとても楽しい旅ができて”風”の旅行社でよかったと思っています。ありがとうございました。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求