4名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

冬に訪れる中央アジアの謎の国

アラル海船の墓場とトルクメニスタン周遊9日間

  • 中立記念塔 アシガバットには近未来都市のような建物がある(4日目)
  • 火の色の城砦を意味する奇観「ヤンギカラ」(5日目)
  • モンゴル軍の激しい攻撃を耐え抜いたスルタン・サンジャール廟(6日目)
  • ウズベキスタン歴史博物館のガンダーラ仏(8日目)
  • 工芸博物館のショップで見つけたスザニ(8日目)
  • セルジューク朝の王が奴隷の娘たちを侍らせたというキズカラ「乙女の城」(メルヴ遺跡)(6日目)
  • 夜、神々しく燃える「地獄の門」(ダルヴァサ)(3日目)
  • アラル海の消えた漁港に残された船(2日目)

●陸路で訪れる謎の国トルクメニスタン
冬のアラル海やトルクメニスタンはオフシーズン。11,12,3月の最低気温は0℃前後。でも、ツーリストは少ない点はねらい目です。この時期しか休みが取れない方へ、静かな中央アジアはいかがですか。
ウズベキスタンでは、船の墓場となったアラル海や歴史博物館を。トルクメニスタンでは、燃え続ける巨大ガスクレーター「地獄の門」、太古のカスピ海が後退してできた「ヤンギカラ大峡谷」、世界遺産ニサ遺跡やメルヴ遺跡、古代遺跡と対照的な近代都市アシガバットを訪れます。

※福岡発着は成田発着と同料金です。
ツアーポイント
1. 灌漑のために消え行くアラル海に船の墓場を訪ねます
2. 40年間燃え続ける巨大ガスクレーター「地獄の門」は一番神々しく夜訪れます
3. トルクメニスタンの首都アシガバットでは国立博物館や世界遺産のニサ遺跡、白の大理石で統一された新市街などを訪れます
4. 世界最大の湖カスピ海や炎のような色の地層が圧巻の「ヤンギカラ大峡谷」を訪れます
5. シルクロード史上珍しい、紀元前から長きに渡って繁栄したメルブ遺跡を見学
6. タシケントでは美しいガンダーラ仏のある歴史博物館やスザニのショップも人気の工芸博物館を訪れます

このツアーは割引サービスが適用されます。


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋・福岡
ソウル
タシケント
09:00 ~ 12:30:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡から空路、飛行機を乗り継ぎタシケントへ。

  宿泊●ホテル泊 食事● - /  - / 機内
2タシケント
ヌクス
モイナック
ヌクス
午前:国内線にてウズベキスタン内の自治共和国カラ・カルパクスタンの首都・ヌクスへ。到着後、車でアラル海のかつての漁港モイナックを目指します。(走行=約2時間30分)
到着後、歴史博物館、船の墓場と言われているモニュメント周辺を見学します。
夕方:ヌクスへ戻ります。(走行=約2時間30分)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ヌクス
<国境通過>
クフナ・ウルゲンチ
ダルヴァザ
アシガバット
午前:車でトルクメニスタン国境へ。(走行=約1時間半)国境を越え、車を乗り換えて中世ホレズム王国の都のあったクフナ・ウルゲンチへ。(走行=約1時間半)中央アジアで最も高いミナレットを見学します。
午後:カラクム砂漠を南下しダルヴァザへ。(走行=約4時間半)
夜:暗闇の中で燃え続けるガスクレーター「地獄の門」を見学後、首都アシガバットへ。(走行=約4時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4アシガバット
トルクメンバシュ
午前:古代パルティア王国の都市ニサ遺跡とニサやメルヴ遺跡からの出土品が展示されている国立博物館などを観光。
午後:中立広場、独立記念塔など白い大理石で美しく整えられた新市街を見学します。
午後:国内線でカスピ海湖岸のトルクメンバシュへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5トルクメンバシュ
ヤンギカラ
トルクメンバシュ
アシガバット
午前:世界最大の湖・カスピ海を望んだ後、車で「火色の城砦」を意味するヤンギカラ大峡谷へ。散策後、再び車でカスピ海湖岸の町トルクメンバシュを目指します。(走行=往復約8時間)
夕食後、国内線でアシガバットへ。到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6アシガバット
マーリ
メルヴ
マーリ
午前:国内線でマーリへ。
午後:古代都市メルヴ遺跡観光。出土品などを納めた郷土史博物館、メルヴを代表するキズ・カラの城塞遺跡、最古の城跡エルク・カラ、ギャウル・カラ、セルジューク朝のスルタン・カラや最盛期を築いたスルタン・サンジャール廟などを訪れます。(走行=往復約1時間半)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7マーリ
<国境通過>
ブハラ
タシケント
午前:車でウズベキスタンとの国境へ。アムダリヤ川を渡り、ウズベキスタン国境を越え、車を乗り換えてブハラへ。(走行=約7 時間)
夜:寝台列車でタシケントへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8タシケント早朝:タシケント着。
終日:タシケント市内観光。美しいガンダーラ仏のある歴史博物館やスザニのショップも充実した工芸博物館、バザールなどを訪れます。
夕刻:シャワーを浴びてから夕食へ。その後、空港へお送りします。
夜:空路、乗継地ソウルへ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 / 夕
9ソウル
東京・大阪・名古屋・福岡
10:45 ~ 21:10:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京・大阪・名古屋発
2018/12/28(金)488,000円
2019/3/15(金)408,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018/11/23(金・祝)398,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●4名(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●アシアナ航空、大韓航空
利用予定ホテル●
【タシケント】シャークホテル、ショドゥリクパレス、アリエンプラザ、ベク、ホテルウズベキスタン、シティパレス、マリカ・タシケント 【ヌクス】ラフナモホテル、ホテルヌクス、ジペック・ジョイル、アルジホテル
【アシガバット】アクアルティン、グランドトルクメン、ラーチュン
【トルクメンバシュ】イェルケンヨットクラブ、セイラナ、デニス
【マーリ】マーリ、マルグーシュ、イルスガル、ダヤンチ、サンジャール
お一人部屋追加代金●40,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線9,000円(基準日2018年5月1日)
●ご注意
・国境の出入国手続きにはガイドは同行しません。
・国境では緩衝地帯(約0.5~1.5km)を歩きます。荷物はご自分で持ち運べる程度にまとめ、歩きやすい靴をご用意下さい。
・11月~3月の間はごくまれに通常営業日であるにも関わらず予告なく閉館となり観光ができない場合があります。
・いずれの宿泊場所もバスタブがなくシャワー設備のみのお部屋になる場合があります。

●ツアー代金に含まれないもの
*事前徴収
 ・成田空港諸税:2,610円
 ・関西空港諸税:3,040円
 ・中部空港使用料:2,570円
 ・福岡空港使用料:970円
 ・ウズベキスタン空港税:15ユーロ(約2,000円)
 ・ウズベキスタン空港保安税:10ユーロ(約1,330円)
 ・韓国空港税:10,000ウォン/2回(約2,080円)
*現地払い
・トルクメニスタン宿泊税:2米ドル(1泊につき)
(※全て2018年5月現在の金額および換算レートです。)

*その他
個人的な出費、クリーニング代など


●地方発について
お問い合わせください。

●旅券(パスポート)
ウズベキスタン:出国時に有効期間が3ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要
トルクメ二スタン:出国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要

●査証(ビザ)
ウズベキスタンは2018年2月10日より不要

トルクメニスタン:査証(ビザ)申請代行料金:4,320円(事前徴収)
トルクメニスタン:査証(ビザ)59米ドル(現地払い)
トルクメニスタン国境通過税:14米ドル(現地払い)

※トルクメニスタン査証はご旅行前に弊社が代行申請し、トルクメニスタン入国時に国境にて取得して頂きます。その際に査証実費が徴収されます。
※現地事情により、予告なく金額が変わる場合があります。予めご了承下さい。

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

(※全て2015年9月現在の金額および換算レートです。)
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求