風の山人添乗員報告記

添乗報告記●最近のエベレスト街道の様子(2013年12月)


コース名:山歩き実践講座 エベレスト展望トレッキング9日間 2013年12月28日~2014年1月5日  文●川上哲朗(東京本社) 「ラッキーボーイ!」 3年ぶり4度目になるエベレスト街道のトレッキングを終え、カトマンズ … Continued

添乗報告記●エベレスト展望! シャンボチェ・トレッキング9日間(2012年12月)


コース名:山歩き実践講座 エベレスト展望トレッキング9日間 2012年12月29日~2013年1月6日  文●荻原文彦(東京本社) 神々の嶺 エベレスト街道(クリックで拡大) 2012年12月29日にネパールの首都カトマ … Continued

添乗報告記●ダウラギリ・アンナプルナ展望 ゴレパニトレッキング(2012年4月)


2012年4月28日~2012年5月6日 文●平山未来(東京本社) 今回のルート図 (クリックで拡大) ネパールトレッキングの醍醐味とは・・・?それは、ヒマラヤの山々の眺望はもちろんのこと、山を望むことだけではなく、その … Continued

【終了】美しきランタン谷トレッキングとヤラピーク(5,520m)12日間


ヒマラヤ登山への第一歩!
世界で最も美しい谷の一つと称される、ランタン谷。名峰ランタンリルンや、ヒマラヤ襞の美しいガンチェンポなど、6,000m~7,000m峰を間近に望む好展望ピークがヤラピーク(5,520m)です。
標高こそ6,000mに届きませんが、ピッケルとアイゼンを使用する雪山ですので、高みを目指す山好きにとって、まさにヒマラヤ登山への第一歩となります(氷雪面登下降時は、クライミングシェルパがロープを結びサポートします)。
高所順応と高所疲労軽減を両立した行程でありつつ、復路にヘリコプターを利用し12日間というコンパクトな日程になっています。
添乗員は、8回のヒマラヤ遠征経験と7,000m峰新ルートアルパインスタイル登頂記録も持つ、㈱風の旅行社名古屋の古谷(フルヤ)。皆様の高所登山を全面サポートいたします。
*雪山でのアイゼン歩行、ピッケル使用経験のある方が対象となります。詳細はお問合せ下さい。

添乗報告記●エベレスト展望 シャンボチェ・トレッキング9日間(2011年10月)


2011年10月15日〜10月23日 文●鈴木雅子(東京本社) ヒマラヤを見てみたい、と思う方ならまず思い浮かべるのが、やはり世界最高峰エベレスト。今回はエベレストを始め、ローツェや、アマダブラム、カンテガ、コンデリとい … Continued

【休止中】 亜熱帯の森から氷河展望へ ランタン・トレッキング 9日間


<何しろヒマラヤが近い!!>
「世界で最も美しい谷」のひとつと称されるランタン谷。訪れるトレッカーは少なく、誰もが知る有名な山はないものの、6,000 m〜7,000 m峰が間近に聳え眺望の良さは抜群!! 鬱蒼とした樹林帯から歩き始め、草原帯を抜け氷河の間近まで、日々景観や植生がダイナミックに変化します。
最奥の村キャンジンゴンパからキャンジンリ(4,550 m)へ登ると、秀峰ランタンリルン(7,245m)の全容とリルン氷河をはじめ、ランタン谷の山々が聳えます。復路はヘリコプターでカトマンズまで一気に戻り、時間短縮とともに、空からのヒマラヤ展望も楽しむ特別企画です。

充実の9日間! 旧知の山岳ガイドと歩いたランタン谷トレッキング


ツアー名:〜樹林帯から氷河に迫る!〜 山岳ガイド・風の谷 ランタン谷トレック9日間 2010年3月3日〜3月11日 文●古谷朋之(東京本社) なるべく短い日数で、ランタン谷を歩きたい。 これが、問合せの第一声でした。問合 … Continued

添乗報告記●キリマンジャロ登頂とサファリ12日間(2006年12月)


2006年12月1日~12月12日 文●荻原 文彦(風の旅行社・東京本社) アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5,895m)は、赤道に程近いケニアとタンザニアの国境付近に位置し、スワヒリ語で「白く輝ける頂」という意味と言 … Continued

添乗報告記●ゴレパニ山村トレック8日間(2005年12月)


2005年12月25日~2006年1月1日 執筆●平山未来(東京本社) ネパールではベストシーズンの時期に、アンナプルナ連峰を展望しながら山村を巡る、ゴレパニ山村トレッキングに行ってまいりました。お天気にも恵まれ、毎日素 … Continued