お役立ち情報

ブータンのデラックス・ホテル紹介~ゆっくり快適に過ごす休日~


ブータンにもこんなホテルがあるんです。 (ウマ・パロ、ロビー風景)
ブータンにもこんなホテルがあるんです。 (ウマ・パロ、ロビー風景)

記念旅行やオーダーメイド旅行でブータンを旅される方には、可能な限り連泊を織り交ぜたゆったりめのスケジュールで、ブータン時間をお楽しみいただくのがお薦めです。そこにデラックス・ホテルのアレンジを少し加えることで、より快適なブータンの旅をお楽しみいただけることでしょう。 (more…)

風のモロッコ ツアーで訪れる各都市の魅力


モロッコMAP
地図の地名をクリックすると、各地のポイントが表示されます。

マラケシュ フェズ フェズ エッサウィラ アイト・ベン・ハッドゥ メクネス メクネス ヴォルビリス ヴォルビリス ティトゥアン アル・ジャディーダ ラバト ラバト メルズーガ メルズーガ ザゴラ・マアミド ザゴラ・マアミド カスバ街道 カスバ街道 アトラス山脈 トドラ峡谷 トドラ峡谷 カサブランカ カサブランカ シャウエン タンジェ タルーダント
(more…)

陶芸の町 ギジュドゥヴァン


色鮮やかな陶器
色鮮やかな陶器

ブハラから約1時間、ブハラとサマルカンドを結ぶ街道沿いに陶器の町ギジュドゥヴァンがあります。ウズベキスタンの中でもリシュタンとギジュドゥヴァンは2大陶器の町と言われ、天然の釉薬を使った青色の陶器が有名なリシュタンに対し、ギジュドゥヴァンは深い黄色や濃い緑色を多用したのが特徴です。 (more…)

4月新潟ギフチョウツアー集合前の楽しみかた


昆虫展翅家・政所名積さんと行く
4/21(土)発 春の女神 ギフチョウを求めて新潟・小千谷へ



小千谷に集合する前に、こんな楽しみ方とお誘いが! 
ある参加者から素敵なプラン提示がありましたので紹介させていただきます。

非公認と書かれておりますが、この場を借りて公認とさせていただきました!

ギフチョウ寄り道計画


ご参加お待ちしております。

熊野古道・大辺路 おはなし絵地図が凄い!


IMG_4402



風カルチャークラブ企画 「熊野古道・大辺路を歩く」の講師、上野一夫さんが代表を務める、熊野古道大辺路刈り開き隊が作った大辺路 おはなし絵地図が凄い!

紀伊田辺から那智勝浦までを楽しく紹介したこの絵地図は、弊社のカウンターにも広げきれずに机の端から転げ落ちてもまだ伸ばせるくらい長いです。

ツアーではさすがに絵地図のルート全てを歩くことはできませんが、いつか全部歩いてみたくなる絵地図です。上野さんからツアー中に購入が可能です。地図を手に入れるため! ではありませんがぜひ参加してみませんか? お待ちしています。



IMG_4403


熊野古道・大辺路を歩く


海風が気持ちよい
2016年に整備、復元され世界遺産に追加登録された
4/28(土)発 熊野古道・大辺路を歩く

【特集】見逃せない!チベットの夏祭り3選 大タンカとチベットオペラの祭典


チベット旅行のベストシーズンのひとつである夏。その最大の魅力はなんと言っても人々の敬虔な信仰のパワーを目の当たりにする夏のお祭でしょう。村ごとに行われる競馬祭や収穫祭のような小さなものから、数万人規模の人々が集る大規模なものまで大小さまざまなお祭が開かれますが、ここでは、ラサ近郊の寺院で開かれる代表的な夏祭りをご紹介します。 (more…)

【風のクルーズ ダイヤモンド・プリンセス】
初めての方にもおすすめ! テーマで楽しむショートクルーズ


今年のショートクルーズでは、プリンセス・クルーズ日本発着クルーズの魅力はそのままに、さらに歴史・夏祭り・ハロウィン&オクトーバーフェストを体験いただける限定クルーズもご用意しました。寄港地観光や船内施設などを楽しむだけではなく、洋上のテーマパークとして自分好みにお楽しみいただけます。


明治維新150周年記念! 幕末ゆかりの地と韓国 6日間(M817)


【風のクルーズ ダイヤモンド・プリンセス】
2018/6/3(日)~2018/6/8(金) 明治維新150周年記念!幕末ゆかりの地と韓国 6日間(M817)

江戸幕府が海軍操練所を作った神戸を出発し、大政奉還で重要な役割を果たした土佐(高知)、薩摩(鹿児島)、馬関戦争の舞台ともなった関門海峡をめぐる、まさに150年前の明治維新を鑑みるコースです。内側のご旅行代金が97,000円⇒68,000円に値下げになりました!
(more…)

チベットの(わりと)実用的なお土産9選


風の旅行社スタッフが厳選した、チベット土産をご紹介します。
最近はチベット(特にラサ)でも「帰国後に職場や家族に配っても嫌な顔をされない」お菓子などの実用的なお土産も出てきました。風の旅行社のツアーでは、ラサは旧市街のホテルを利用するので、ジョカン寺(大昭寺)の門前街バルコル(八角街)は至近距離。バルコル周辺には巡礼者や観光客相手のお土産物屋が軒を連ねているので、観光の合間などに散策がてら出掛けてみましょう。

現地では値段は交渉制なので、お値段はあくまで目安です。同じようなものを売っている店を何軒か回って金額を確かめたり、一旦店を離れてみたり、上手に値段交渉をして値切るのも買い物の楽しみ方です。品物によってはスーパーや空港の売店にも置いてあり、そちらは定価販売なので安心です。
※1元(中国元)=約17.7円(2018年1月現在)
(more…)

チベット旅行 よくあるQ&A (チベット自治区編)


※下記はチベット自治区へのご旅行を想定しております。


(more…)

変化する感覚を楽しむ -カザフかぎ針刺繍の実践からわかること-


お母さんの横でその凄さを知る お母さんの横でその凄さを知る


知を深める旅へ

 大学受験の時に通っていた予備校の世界史の先生が、“おすすめの学習方法”として授業中によく口にしていた言葉があります。
 “知行合一”、それは、知識と行為は一体であるということ。本当の知は実践を伴わなければいけないという陽明学(*1)の教えです。本や人の話から知り得たことを、自分の身体を使って本物に触れながら学ぶことができたら、その知識はより深いものになるだろう。各地を旅した先生による世界史の授業は、まるで大きな世界に繋がっている物語を聴いているかのようで、わたしたちの知的好奇心を強く掻き立ててくれました。

(*1)陽明学は、中国の明代に、王陽明がおこした儒教の一派で、孟子の性善説の系譜に連なる。心即理・知行合一・致良知の説を主要な思想とする

刺繍壁掛け布トゥス・キーズ 刺繍壁掛け布トゥス・キーズ


 その数年後、私はある出来事をきっかけに、カザフの女性が作った刺繍壁掛け布トゥス・キーズに出会いました。その布には、ひと針ひと針丁寧に刺繍がほどこされていて、縫い目に触れると不思議と温かみを感じます。何度も布を眺めているうちに私の脳裏には、再び“あの”言葉が浮かんできました。そうだ、この布が作られた場所で刺繍を学ぼう。こうして、モンゴル国の最西端に位置するバヤン・ウルギーという土地に長期滞在することに決めました。


※クリックで拡大
バヤンウルギー県
カザフ民族MAP



 こんな大きな布に一体どうやって刺繍しているのだろう?一枚縫うためにどれくらいの時間を費やすのだろう?誰が刺繍するのだろう?
 現地で実際に刺繍しているところを見ることによって、布を眺めている時に浮かんできた様々な疑問を少しずつ解決していきます。それでもやはり、見ているだけでは物足りないと感じた私は、見よう見まねで刺繍を実践することに。
 針と枠、そして布を準備してもらい、いざ挑戦。カザフの女性達は皆スイスイと刺繍していくので、簡単に出来るのだろうと思っていたけど、これがなかなか難しい。元々不器用ということもあって、まともに直線を縫う事すら出来ない日々が続きます。結局、私には向いてないと思い、途中で挫折してしまったのでした。

お母さんの横で技法を見て学ぶ少女 お母さんの横で技法を見て学ぶ少女



(more…)