お役立ち情報

【風の女子旅・韓国編】 韓国の伝統家屋 「韓屋」に泊まる


●文・写真 平山未来(東京本社)


( 趣きある造りの「韓屋」の門 )


新企画!風の女子旅・韓国編では、『韓屋』と呼ばれる伝統家屋に宿泊します。

「韓屋」とは?

韓屋(ハノック)とは、韓国伝統の建築様式で作った家のことを指します。韓国のもっとも伝統的な家である韓屋は、木や土、石、わら、瓦、紙などの天然素材で作られており、環境にも優しい住居として知られています。古の先人たちの知恵の結集とも言える木造建築物です。

韓屋の内部は、柱と枠には木材を使い、その間に土と草を腐らせて固めたものを塗って壁をつくり、床は石と土で作るそうです。窓わくや門には韓紙を貼り、壁にも韓紙を貼って仕上げているとのこと。 (more…)

【風の女子旅・韓国編】気になる、四象体質診断をレポート!


四象診断の専門病院 入り口
広くて清潔感ある病院の受付

文●鹿島菜月(東京本社)

風の女子旅に、「ココロとカラダを元気にする旅・ハンバン(韓方)とおいしい韓国4日間」が新しく仲間入りしました!
このツアーで立寄る、四象体質診断の専門病院。いったいどんなことをするのか、気になる方も多いと思います。今回は、そんな気になる「四象体質診断」をレポートします。


(more…)

夢のような絶景露天風呂


つきのいえの露天風呂お風呂に入りながらヒマラヤの絶景、こんな夢のような露天風呂があるんです

私は旅行や山登りに行った時に、ゆっくりお風呂に入るのが好きです。
特に露天風呂は開放感がたまらないですよね~。
(more…)

がんばれネパール


ネパール定番のお土産・紅茶

先日、震災後のネパールを訪れた知人に、定番の紅茶のお土産をいただきました。
紅茶で有名なインドのダージリンに近いイラム地方で生産されているネパールの紅茶。 (more…)

風のモンゴル●直営キャンプ「そらのいえ」


RIMG6292

山と森と豊富な水。自然に恵まれたアルハンガイ県。
モンゴル人憧れのこの地の魅力を知ってもらいたいという想いから「そらのいえ」は誕生しました。ウランバートル近郊では体験できない、変化に富んだ地形やお花畑の中での乗馬を楽しんだ後は「そらのいえ」でしか味わえない、180度草原パノラマの露天温泉で疲れを癒してください。


(more…)

スザニの町”ウルグット”


●文・写真 田中真紀子(東京本社)

ウルグットのスザニ。ティーポットのモチーフが特徴
ウルグットのスザニ。ティーポットのモチーフが特徴

サマルカンドからシャフリサブス方面へ約40km南下した田園風景の中にウルグットの町があります。実はこのウルグットが伝統刺繍「スザニ」の町として今脚光を浴びています。 (more…)

ウズベキスタンの自然を満喫  パリタウ谷ハイキング


都会を抜けると現れる自然いっぱいのパリタウ谷をご紹介!
都会を抜けると現れる自然いっぱいのパリタウ谷をご紹介!



タシケントから日帰りでウズベキスタンの自然を見ることができるウガム・チャトカル自然保護区は、タシケントから北東へ車で約2時間(約80km)に位置し、北はカザフスタン、東はキルギスとの国境に位置します。ここでは、4月はチューリップ、10月には黄葉を楽しむことができ、地元の人たちや欧米の方に人気がある場所です。今回この保護区内のパリタウ谷周辺をハイキングしてきました。 (more…)

ラオスの村でホームステイ体験


ホームステイ先の家
ホームステイ先の家

世界遺産の街ルアンプラバーンからボートで約40分、メコン川の畔にノクモンクン村という村があります。ノクモンクン村はラオ族、カム族、モン族、合計約30家族が暮らす小さな村。観光地ではありませんので、観光客に出会うことはほとんどなく、昔からの素朴な村人たちの生活を垣間見ることができます。この村でホームステイを体験してきました。 (more…)

〜モロッコへの道〜 ドバイ空港 乗り換えレポート


海外旅行には行きたいけれど、海外空港での乗り換えを心配される方も多いのではないでしょうか?
人気のモロッコへ行くにも、日本からの直行便がないので乗り換えが必要です。
今回は、風の旅行社のモロッコツアーで利用するエミレーツ航空に乗り、ドバイ国際空港で乗り継ぐ様子をリポートします。

(more…)

はなのいえのパンケーキ


はなのいえのパンケーキ

はなのいえ朝食のパンケーキ

(お皿の上がパンケーキ、下はオムレツ)


ネパールを旅して一番美味しかったものは?と聞かれたら…。

ダルバートも、モモも(エベレストビールもロキシーも)美味しかったのですが、My bestは何といっても「はなのいえ」の朝食パンケーキ。町のホテルでも、トレッキング中のバッティ(ロッジ)でも食べれるようなお馴染みのメニューではありますが、はなのいえ製は違います(ここで私の感動を語らせてください!) (more…)