お役立ち情報

虎跳峡トレッキングのすすめ


中国雲南省麗江―旧市街が世界遺産に登録されたナシ族の街。その麗江から北東約50kmの山間部に標高差3,000mを越す大峡谷があります。伝説に虎が跳び越えたといわれるほど川幅が狭まっていることから『虎跳峡』と呼ばれています。

玉龍雪山は13の峰が連なります
玉龍雪山は13の峰が連なります

  (more…)

モロッコお土産情報


モロッコお土産情報

モロッコを歩いていると目に入るのは、おしゃれな雑貨やインテリア。特に小物類はお土産にしたいものがたくさんあります。デザインが素敵な陶器などの食器類、室内履きに最適なバブーシュなど、みればみるほど欲しくなるものがたくさんあります。ところがスークでのお買い物では定価がなく値段交渉が必要。そこで代表的なお土産と値段をまとめてみました。こちらを基準に値段交渉にトライしてみてはいかがでしょうか?
(◆通貨 モロッコ ディルハム(DH) 1DH=約12.5円 2014年3月現在) (more…)

ウズベキスタンの気候と服装


ウズベキスタンは乾燥が激しく寒暖差の大きい大陸性気候です。昼夜の気温差も大きいため、いつの季節も重ね着(暑かったら脱ぐ、寒かったら着る)で服装などをご用意ください。
 一般的な旅行シーズンは4月~6月の春と9月~10月の秋です。6月下旬~9月上旬は40℃を超える日もありますが、湿度が低く乾燥をしていますので、まとわりつような暑さではありません。また12月~2月は日本の真冬の服装が必要ですが、ホテルなどはパイプを通したセントラルヒーティングを完備しているところが多く、室内は暑く感じることも多いです。

(more…)

ネワールの古都を訪ねる


nepal_kiji036

ネワールとはカトマンズ盆地の先住民族のこと。独特の都市文明を築き、建築、彫刻、宗教、言語などの文化を高度に発展させました。ネワールの文化はこの国を代表する文化とも言えます。
カトマンズ盆地には数多くのネワールの街がありますが、特に規模が大きいのがマッラ王朝時代にそれぞれ王国の首都として栄えたカトマンズ、パタン、バクタプルです。[街の位置を見る]
これらの古都を訪れると、脈々と受け継がれるネワールの文化を肌で感じることができます。

(more…)

ネワールの宿に泊まる(ネパール・アレンジプラン)


赤レンガ造りで、窓や柱に美しい木彫が施されたネワール建築。その建築様式を取り入れたホテルや、古民家を改築して作られた宿など、こだわりいっぱいのホテルをご紹介します。

※ツアーのホテルをアップグレードすることも可能です。
 追加代金はお問合せ下さい。

(more…)

12~3月のペルー旅行 こんなところがおススメ!耳寄り情報


「ペルーの旅行シーズンはいつですか?」と良く聞かれますが、旅行は一年を通して楽しむことができます。たとえば、12~3月はアンデス山岳地方が雨季のためご旅行を敬遠されがちですが、実はこの時期ならではの「楽しみ方」があるんです!

【その1】マチュピチュがより神秘的に!
雨模様のマチュピチュは、朝方、霧に包まれることが多くなります。日が昇るにつれ霧が晴れ、マチュピチュの町が徐々に姿を現していく光景はなんとも幻想的です。 (more…)

密教壁画の世界へようこそ


パンコル・チューデギャンツェのパンコル・チューデ


tibet_kiji053

目にも鮮やかな極彩色、女性を抱いたセクシャルな姿、目を見開いた恐ろしい表情など、チベット密教のエッセンスが凝縮された壁画の世界をご紹介します。


(more…)

風のカンボジアをサポートしてくれる日本人スタッフ


アンコールワット観光だけに偏りがちなカンボジアの旅の幅を広げてくれているのが、現地在住の大塚めぐみさん(ピースインツアー・アンコール代表)。彼女のサポートで、カンボジアファン増殖中。

大塚めぐみプロフィール

神奈川県出身。初めての海外旅行でカンボジアへ。素朴なカンボジア人と壮大な遺跡に心を打たれ3年後の1992年、首都プノンペンにて旅行会社を設立し、生活を始める。シハァヌーク国王帰還、UNTAC到来、新政権発足、ポルポトの死と、激動の時代をカンボジアで過ごす。一旦は日本へ戻るも 2003年に再びカンボジアに戻り旅行会社設立、現在に至る。著書に『好き、好き、好き、カンボジア』(出版工房原生林刊)がある。



(more…)

パノラマ展望を楽しむ!空中都市マチュピチュ・ハイキングコースのご紹介


1泊2日でマチュピチュに滞在される方にお勧めの、3つのハイキングプランをご紹介いたします。マチュピチュ遺跡がある山の頂上「マチュピチュ峰」、マチュピチュ遺跡の背後にそびえ立つ鋭鋒「ワイナピチュ峰」、かつてインカの人々が歩いた古道の一部をハイキングするアレンジが可能です。

1日目遺跡内をゆっくり観光した後、2日目はハイキングプランで楽しむのはいかがですか?遺跡を取り囲む環境を山の上から見てみると「よくこんな断崖絶壁の場所に町を作ったなぁ」とまた違った目線でマチュピチュ遺跡を楽しむことができるでしょう。
(more…)

中米の気候情報(グアテマラ・ホンジュラス・メキシコユカタン半島周辺)


ここでは、グアテマラとの周辺諸国の気候情報をお届けします。


guatemala map



(more…)