お役立ち情報

ラダックの祭 聖者を称える極彩色の仮面舞踏



ツェチュで披露される仏教の
教えを体現した仮面舞踏「チャム」

チベット文化圏であるラダックでは、人々はチベット仏教を深く信仰しており、お祭はほとんど仏教がらみ。特にラダックの短い観光シーズンである春から夏にかけてはお祭が多数開かれます。有名なのはチベット文化圏に仏教を広めた聖者グル・リンポチェを称えるツェチュ祭ですが、各地のお寺で仮面舞踏(チャム)を伴うお祭が開かれ、近隣の住民のみならず、多くの観客が訪れます。また、各村々でも麦の収穫を祝う収穫祭などが開かれ、アーチェリー、歌や踊りが披露されます。
以下に代表的なお祭を紹介します。

グル・リンポチェを称える ツェチュ祭

ツェチュとは「(月の)10日」の意味で9世紀にチベット文化圏に仏教を伝えたインド出身の聖者グル・リンポチェ(別 名:パドマ・サムババ)の起こした12の奇跡が毎月の10日に起きたことにちなんでいます。
ツェチュ祭では、かつてグル・リンポチェを始めとする高僧たちが、仏教に反抗した土着の神々を調伏し仏教を守護する護法神へと変えた物語を、ミュージカルのような仮面 舞踏「チャム」に仕立てて人々に披露します。本来は宗教儀式ですが、娯楽の少ないチベット文化圏では近隣の住民が着飾って年に一度の楽しみとしています。またお寺によっては見るだけで解脱するという「トンドル」と呼ばれる巨大なタンカが開帳されます。 (more…)

風のおすすめ!ラサの隠れた巡礼スポット


巡礼路を楽しそうに歩く地元の人
巡礼路を楽しそうに歩く地元の人

すっかり近代化したラサですが、巨大なデパートや、近代的なアパートに隠れるように、人々の祈りの場が点在しています。そんな光景を目の当たりにすると人々の篤い信仰心はまだまだ健在なのだと、なんだか嬉しくなってしまいます。 ラサへ行ったら誰もが訪れるジョカンやバルコル以外の、チベットの原風景に出会う、ラサのお勧め巡礼スポットをご紹介します。

(more…)

旅のヒント●おいしいモンゴル実践編・ボーズ


ボーズって?(モンゴル風蒸し餃子)

ボーズという名まえは中国語の包子(パオズ)からきています。その名の通り、小麦粉の皮で細かく刻んだ肉を包んで蒸した、餃子のような小龍包のような料理です。

ツァガンサル(旧正月)などお祝いの席には欠かせないモンゴル料理の代表と言っていいでしょう。もちろん、日常の食事でもよく登場します。ゴアンズと呼ばれる庶民派食堂にも必ずあって1個から注文でき、気軽なファーストフード感覚でも食べられています。

包み方は何種類もあり、簡単ですぐにできるものから、結構な技術が必要なものまで、実にさまざまです。

また、皮に膨らし粉をいれて蒸しあげる肉まんのような「マントウボーズ」は日本人にも馴染みやすい料理でしょう。


(more…)

モンゴルでフタコブラクダに出会う旅 日本じゃできない体験を!


世界のラクダには大きく分けて2種類あるのをご存知ですか?ひとつは西アジアから北アフリカに生息するヒトコブラクダ。そしてもうひとつがモンゴルを始めとする中央アジアで見られるフタコブラクダです。ずんぐりした体形のフタコブラクダは、重い荷物の運搬役として古くからモンゴル高原の遊牧民たちに飼われて来ました。ここでは、モンゴルでそんなラクダたちに出会えるツアーをご紹介します。 (more…)

聖なる谷の田園風景は「パッチワーク」模様



小高い丘から眺める
パッチワーク模様の畑(乾季)

同じ国や場所であっても、季節によって様々な姿を見せるものです。そんな季節による変化を見せる場所で是非紹介したいのが聖なる谷です。

聖なる谷はペルー・インカの都クスコ郊外にあり、のどかな田園風景が広がる豊かな土地です。秋には何十、何百種類ものジャガイモやトウモロコシそして豆といったアンデスの野菜が沢山収穫されます。
(more…)

隠れたマチュピチュの名所「マチュピチュ峰ハイキング」



遺跡からマチュピチュ山を望む

このタイトルを見て「知ってるよ、よく写真に出てくる遺跡のバックに出てくる山でしょ!」と言う方もいるでしょう。でも、それは「ワイナピチュ峰」と言い、この「マチュピチュ峰」とは違います。
じゃあ、「マチュピチュ峰」ってなに?と思うでしょう、実はワイナピチュとちょうど反対側の山が「マチュピチュ峰」なのです。

マチュピチュ峰の頂上へ遺跡の上部から道があり、インカ古道のような石畳が続きます。 (more…)

宮内の「モンゴル・ホームステイ」体験記


文●宮内 愛(大阪支店)


ホームステイ中の一番の遊び相手

モンゴルの自然や遊牧民の人の生活を知りたい、乗馬以外にも何かモンゴルらしい体験をしてみたい、という方にはホームステイなんて如何ですか?

ホームステイ中は基本的にはプログラムはありません。
何もすることがなくて退屈なんじゃないか、面白くないんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、こんなに時間が過ぎるのが早いのかとびっくりするくらいにモンゴルの夏はやることがいっぱいです。そして、自然と生きていることを実感できる特別な体験が出来ます。
私が体験したある夏のモンゴル草原の朝を紹介します。 (more…)

「はなのいえ」ができるまで


文・写真●比田井博

nepal_point3_1

自然の恵みを大切にした、環境にやさしい有機農場併設リゾート「はなのいえ」。ここでは随所に生かされたコダワリをご紹介していきます。


(more…)

高山病にならないためには 風の高所トレッキング


風の高山病対策  執筆●寺山 元(大阪支店)


ゴーキョピークより
ヒマラヤの山々を望む

夏来たりなば秋遠からじ・・・秋と言えば、ネパールのベストシーズン。スカーンと晴れた青空をバックに、白い、厳然としたヒマラヤの巨峰がりんとしてそびえる風景は、何度見てもいつも新鮮な感動を覚えます。加えて、ネパールの人々の暖かいもてなし。生来穏やかな人々であるというだけでなく、我々が触れるガイドなどのスタッフは、サービス業のプロとして、一生懸命努力しているということが最近よく見えてきました。 (more…)

まごころの村シルバリで山村ホームステイ


nepal_point5_2

「あんなすばらしい所は私もネパールで見たことなかったよォ。」NKT(風の旅行社ネパール支店)スタッフから、何度もこう聞かされていたシルバリ村。事前調査で行ったスタッフたちが感動し、その話を聞いて訪れた他のスタッフもまた、同じように感動して帰ってきたとのこと。村のホスピタリティやサービスは、「今までのネパールでは考えられないほど『凄い!』」とNKT内では大絶賛。期待に胸を膨らませ、ネパールへ飛んでいった野村幸憲(東京本社)からの報告です。
(more…)