添乗報告記

添乗報告記●大自然・暮らし・村巡り コロンビアでアマゾン体験9日間


2012年12月29日~2013年1月6日 
文●中台雅子(東京本社)

昨年の年末、初催行となった南米コロンビアツアーに添乗員として同行してきました。
さて、その行き先は・・・?日本から地球の裏側に流れる大河「アマゾン」です!

「アマゾン」と聞くとブラジルをイメージする人が多く、コロンビアとあまり結びつかないかもしれません。ですが、コロンビアもアマゾン河が流れる国の一つなのです。世界最大の流域面積を誇るアマゾン河は面積約700万平方km、全長6,400kmの巨大な大河。そのうちコロンビアは約2%に満たない割合のため存在感が少し薄いかもしれませんが、三国国境地帯に位置する特殊な立地(アマゾン河をボートで走り国境越えができる)や、ピンク色のカワイルカが見られるチャンスがあったりと、アマゾンを体感できる要素が詰まっています。そんなコロンビアアマゾンツアーの様子を詳しくレポートいたします。
(more…)

添乗報告記●宮城県・金華山復興支援活動5日間(2012年12月)


2012年12月29日〜2013年1月2日 文●関口雄太郎(東京本社)

雪が降る年末の金華山
雪が降る年末の金華山

2012年の年末、私は宮城県金華山に復興支援ボランティアツアーの添乗で訪れました。去年の8月に新企画として催行した第1回目からの夏の暑い時期とは違い、第4回目となる今回のツアーは、寒さ厳しい冬の金華山での復興支援となりました。夏の金華山の様子は以前の報告記でご紹介させていただきましたので、今回は冬ならでは、また年末年始ならではのご報告をしようと思います。
 
→ 2012年夏の金華山の様子はコチラ

(more…)

添乗報告記●エベレスト展望! シャンボチェ・トレッキング9日間(2012年12月)


コース名:山歩き実践講座 エベレスト展望トレッキング9日間
2012年12月29日~2013年1月6日 
文●荻原文彦(東京本社)

神々の嶺 エベレスト街道
神々の嶺 エベレスト街道(クリックで拡大)

2012年12月29日にネパールの首都カトマンズに到着した私達は、いくつかのトラブルにより、目的のエベレスト街道に入ったのは2日遅れの2013年1月1日のことでした。
大晦日にエベレスト街道の玄関口ルクラへの国内線がフライトキャンセルになった時、このツアーを解散し「チトワン国立公園でのサファリ+アンナプルナ展望トレッキング」や「マナスル展望のバンディプール+アンナプルナ展望トレッキング」など全く別の代案旅程も模索・相談しましたが、ヒマラヤの代名詞「エベレストを生で見てみたい!」という15名のメンバー皆様の想いは強く、翌日のフライトに賭けたのでした。
そして、元旦。カトマンズ空港で初日の出を観賞した後、待ちに待ったチェックイン開始! 目的地に向けて航空便にチェックインするという当たり前の事すら歓喜に変わるほど、待ちわびた瞬間でした。その後は、搭乗開始、離陸、機窓より去り行くカトマンズの街並み、ルクラ着陸…その都度拍手喝采、ついにエベレスト街道のトレッキングが始まりました。
トレッキング開始後は、夕方少し雲が出ることもありましたが天候にも恵まれ、ヒマラヤの展望を満喫することができました。 (more…)

添乗報告記●西ブータン三都でハイキング&パロで民家訪問8日間 (2012年12月)


近代化が進む首都ティンプー
近代化が進む首都ティンプー

文●中坪聴子(大阪支店)
2012年12月22日〜12月29日

一昨年の現国王夫妻来日で話題となったブータン。2012年末も2つのコースが添乗員同行で催行となりました。なんとブータンは11年ぶり(!)の添乗となった大阪支店中坪が前回(2001年)との違いをメインにレポートした添乗報告記です。変わったものと変わらないもの、ブータンの現在をお楽しみください。
(more…)

【特別企画】動物達の楽園を訪れよう ガラパゴス諸島満喫8日間


こんなツアーもあります!

関連よみもの

添乗報告記●自転車で東京 -イルミネーションライド-


六本木けやき坂通り
六本木けやき坂通り
2012年12月8日(土) 文●小塩 茜

12月の東京都心は、クリスマス・ソングとともに、華やかなイルミネーションが街に溢れます。この季節だけの趣向を凝らしたイルミネーションの数々。それらを一巡りできたら、楽しそうじゃありませんか?
そんな希望を叶えるならば「自転車」がもってこい。面積で言えば狭い東京都心も、徒歩もしくは車移動では時間がかかりますが、機動力があり小回りの効く自転車ならば効率よく巡れます。

(more…)

添乗報告記●宮城県・金華山復興支援活動4日間(2012年夏)


金華山黄金山神社
金華山黄金山神社

2012年8月・9月 文●竹嶋 友
風の学生スタディツアーは、海外だけでなく国内企画もあります。2012年の夏、私が添乗で訪れたのは、宮城県金華山。
「『地球の歩き方』海外ボランティア」と協力し募集を行っている復興支援ボランティアツアーです。

宮城県金華山は、青森の恐山、山形の出羽三山と並び奥州三大霊場の一つとして知られ、また、東日本大震災においては有人地として震源地から最も近くにあった場所としても知られています。島を訪問し、黄金山神社にて復興支援活動を行うのがこのツアーの趣旨です。
(more…)

添乗報告記●モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動10日間(2012年8月)


2012年8月26日(日)〜9月4日(火) 文●竹嶋 友

今春立ち上げた、KAZEの新ブランド「学生スタディーツアー」(略称・学スタ)の新企画コース「モロッコ サハラ砂漠の学校で子どもたちの教育支援を行う活動」の報告です。サハラ砂漠で暮らすベルベル人の小さな村ハミリア(KHAMLIA)。その村の学校からの要請を受け、村の子どもたちに教育支援(日本語の授業)を行い、村人との交流をしてきました。
気温40℃を超える、8月の灼熱のサハラでの活動はどんな様子だったのか、ぜひご覧下さい! (more…)

添乗報告記●ペルー マチュピチュ・クスコ日本語学校交流活動


2012年9月7日(金)〜9月14日(金) 文●平山未来

みんなで作ったメッセージボードの前で
みんなで作ったメッセージボードの前で

今春立ち上げた、KAZEの新ブランド「学生スタディーツアー」(略称・学スタ)。まだ、聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、その多くは風の支店(信頼できるパートナー)がある、おなじみの「ネパール」「モンゴル」「モロッコ」等を中心とした国や地域で、通常のツアーとは一味違った、より体験度の濃ゆ~いツアーを企画しています。今回は、そんな新星“学スタ”の中でも、特に人気の高いペルーツアーに同行してまいりました。「どんなことが体験できるの?」「社会人なので、学生さんたちと馴染めるか不安…」などなど、素朴な疑問をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。そこで、そんな未知なる旅への不安を払拭できるような、“風の学スタ”ならではの、涙と感動あふれる旅の実際をお届けしたいと思います。 (more…)

添乗報告記●チベット最大のお祭ショトゥンと夏のラサ(2012年8月)


コース名:青蔵鉄道で行くラサ 8日間 <ショトゥン祭スペシャル>
2012年8月12日〜19日 文●池内明穂

夏のチベットは、祭が盛りだくさん!

日常の販売業務の中で、検討中のお客様から「チベットはいつがお勧めですか?」という質問や相談を度々受けます。それぞれの季節の特徴やマイナス面も含めてお伝えしていますが、「夏の時期は祭も各地で開催されていますし、それぞれの地域やお寺で独特の息吹が感じられますよ」と案内をすることがあります。

今回訪れたショトゥン以外にも、ガンデン寺のセタン祭、アムド地方のルロ祭、ラサ郊外の洞窟で行われるイェルパ・ツェチュ祭など、夏のチベットは各地でお祭が開催され、賑わいをみせています。見るだけで功徳が積める巨大なタンカの開帳や、チベット仏教の教えを具現化した仮面舞踏チャム、華やかな衣装の女性と仮面を被った男性が舞うチベット歌劇アチェ・ラモなど、祭によって様々な楽しみ方があるのです。(→ チベットの祭についてはこちらへ(more…)