添乗報告記


添乗報告記●GW特別企画天山南路オアシスルートをたどる9日間


2007年4月28日~5月6日  文●水野恭一(東京本社)

トルファンでお邪魔した民家

記憶はあいまいなのですが、1980年の4月、NHKで始まった番組「シルクロード-絲綢之路-」は、現在のようにデジタル処理もされておらず、懐かしい映画のような画面でした。

喜太郎のテーマ曲は、当時、アコースティックな音楽が好みだったので少々違和感を感じたものですが、シリーズが重ねられるうち、いつしか口ずさんでいたことを想いだします。

たしかこのシリーズは、NHKと中国中央電視台により共同取材が行われ、中国領土内のシルクロードの外国メディアによる取材が認められたのはこの番組が初めてであり、大きな関心を呼びました。当時は、本や映像の世界で想像を脹らませるだけで、西域には、生きているうちに訪れることはできないだろうとも思っていました。
(more…)

添乗報告記●タクラマカン砂漠縦断とホータン・カシュガル9日間


2007年4月28日〜5月6日  文●岡田賢司(大阪支店)


砂漠公路とバス

はるかなる奥地・・・といったイメージのシルクロード。
ゴールデンウィークの9日間を利用して、「タッキリ=死、マカン=果てしなく広い」という意味を持つ砂漠「タクラマカン」を縦断する「タクラマカン砂漠縦断とホータン・カシュガル9日間」のコースに添乗員として同行いたしました。
このコースの魅力は「死の砂漠」だけでなく、幹線から取り残されたかつての交易路、天山南路・西域南道のオアシス都市です。また、クチャやトルファンといった仏教遺跡も訪れる盛りだくさんのコースでした。
その中から今回は、ウイグル族が多く住んでいるカシュガルから西域南道、タクラマカン砂漠をこえるところを報告したいと思います。
(more…)

添乗報告記●青蔵鉄道で行く遙かなる聖都・ラサ7日間(2007年4月)


2007年4月28日~5月5日  文●宮内 愛(大阪支店)


ゴルムドで連結された先頭機関車

今年のお正月以来、
急激に知名度を上げた「青蔵鉄道」。

・どんな人が乗ってるの?
・そんな高いところ苦しくないの?
・ねぇ、本当に楽しいの?

という色々な疑問と共にGW添乗の時の潜入報告です!

(more…)

添乗員報告記●風薫る新緑のブータンへ
西ブータン三都周遊とホームステイ7日間(2007年4月)


2007年4月29日~5月5日  文●竹嶋 友(東京本社)


プナカ・ゾンと颯爽とした僧

ヒマラヤの南に広がる「雷龍の国」ブータン

ブータンは他国からの文明の波を拒み、自国の伝統文化を護るため、約35年前まで鎖国状態であった王国です。緑豊かな国土と独自の伝統文化を持ち、訪れた旅人に「心の豊かさとは何か」を優しく感じさせてくれる、不思議な魅力もつ国。今回私が同行させていただいたのは、ブータンの玄関口であるパロ、首都ティンプー、かつての首都プナカを巡る7日間の旅でした。

(more…)

添乗報告記●自転車でヒマラヤ縦断(2007年4月)


2007年4月28日〜5月12日  文●荻原文彦(東京本社)


ティンリからユンブへの道

「タシデレ〜!」から「ナマステ!」へ。
チベットのラサからネパールのカトマンズまで約1,000kmの中尼公路を、マウンテンバイク(=MTB)とバスを使って縦断する風カルチャークラブ(=風カル)のアドベンチャー・ツアー。
大穀倉地帯や、荒涼とした5,000m級の峠を持つチベット高原から、緑溢れるネパールの町ドラルガート(約600m)まで、標高差は実に4,500m以上!気候の変化や、民族や暮らしの違いを目の当たりにします。
「標高5,000mを自転車で!?」、「なぜ敢えて自転車なの!?」、「キャンプ生活ってどんな感じ!?」などなど・・・。 (more…)

添乗員報告記●温かい家族と一緒に迎える
パロ・ツェチュ祭とホームステイ9日間(2007年4月)


2007年3月31日~4月8日  文●田中真紀子(東京本社)


トンドルを前に人・人・人・・・

「生きている間に一度は行ってみたい国」の一つとしてよく名前があがる国、ブータン。 かつてはヒマラヤの小国、最後の桃源郷などイメージで語られることの多かったブータンですが、今では伝統が色濃く受け継がれている国、素朴で温かい人々、国民総幸福量 などその姿の一片をテレビや雑誌で見かける方も増えてきたのではないでしょうか。そんな魅力あふれる国ブータンのお祭、人々、風景に触れる今回のコース「パロ・ツェチュ祭とホームステイ9日間」に私も添乗員として同行させていただきました。

(more…)

自転車で南台湾みちくさ三昧


2007年2月9日(金)〜2月12日(月)4日間  文●嶋田 京一(東京本社)

台湾南部の海岸沿いを地元の人に混じって路線バスや船、鉄道を利用して移動します。行き当たりばったりのバックパッカー的要素に自転車旅行の楽しさをドッキング、折畳み自転車を駆使して公共交通機関に自転車を積み込み大きく移動、到着したらすぐに自転車でこぎだそうという新しい試みのツアーです。歩いてまわるには距離があり、車でまわるには大げさな場所へは自転車の機動力が最適です。そしてそんな場所はえてして観光客がめったに訪れず、それでいて実はディープな魅力に溢れています。屋台巡りにも最適!?

(more…)

研修添乗員報告記●青蔵鉄道で行く遥かなる聖都・ラサ7日間(2007年3月)


2007年3月10日〜3月16日  文●林 真弓(東京本社)

青蔵鉄道の番組がNHKで紹介された日以来、風の旅行社にも問い合わせが殺到し、現在チベットツアーの中で一番人気のコースとなっているこのツアーですが、昨年開通したばかりなので、まだ風の旅行社でも乗ったことがあるスタッフはわずか。その青蔵鉄道の魅力をこの目で確かめるため、この度新人林が研修添乗員として潜入して参りました!
(more…)

添乗報告記●キリマンジャロ登頂とサファリ12日間(2006年12月)


2006年12月1日~12月12日 文●荻原 文彦(風の旅行社・東京本社)

いざキリマンジャロへ

アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5,895m)は、赤道に程近いケニアとタンザニアの国境付近に位置し、スワヒリ語で「白く輝ける頂」という意味と言われます。2006年師走、男性5名、女性6名の11名(57歳~78歳)にてこの山に挑みました。

いざ!キリマンジャロへ
「ジャンボ~(やあ)!」と登山口で合流した現地スタッフは、タンザニア在住の案内人・大森憲治さん、登山ガイド、コックそしてポーターの総勢31人。ルートは、タンザニア側からのキリマンジャロ登山で最もポピュラーな「マラング・ルート」。登山口となるマラング・ゲート(約1,800m)から3つの山小屋を繋いで行きます。 (more…)

添乗報告記●キリマンジャロ登頂とサファリ12日間(2006年12月)


2006年12月1日~12月12日 文・荻原 文彦(風の旅行社・東京本社)

いざキリマンジャロへ

アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5,895m)は、赤道に程近いケニアとタンザニアの国境付近に位置し、スワヒリ語で「白く輝ける頂」という意味と言われます。2006年師走、男性5名、女性6名の11名(57歳~78歳)にてこの山に挑みました。

いざ!キリマンジャロへ
「ジャンボ~(こんにちは)!」と登山口で合流した現地スタッフは、タンザニア在住の案内人・大森憲治さん、登山ガイド、コックそしてポーターの総勢31人。ルートは、タンザニア側からのキリマンジャロ登山で最もポピュラーな「マラング・ルート」。登山口となるマラング・ゲート(約1,800m)から3つの山小屋を繋いで行きます。 (more…)