やまもりモンゴル

中村のモンゴル出張報告記<その3>
いざ、シャンバラへ


天国への入り口・シャンバラ 天国への入り口・シャンバラ

天国への入り口は段差がポイント?!

さて、いよいよサインシャンダのメインイベントであるシャンバリーンオローン(シャンバラ)である。
モンゴル語では「シャンバリーンオロン」というそうだが、語源はもちろんサンスクリット語の「シャンバラ」だ。

「シャンバラ」とは、チベット仏教圏に伝わる、伝説上の秘密の仏教王国でのことなのだが、ここでは「天国」や「理想郷」とほぼ同義語として考えられている。つまり、この地は「天国への入り口」で、死者と交信できる「モンゴルの恐山」のような場所とされているらしい(とは言ってもイタコはいないので、実際には死者に祈りを捧げるだけ)。
さらに、この地は大地のエネルギーが湧き出す場所で、地面に横たわるとそのエネルギーをキャッチすることが出来るらしい。
(more…)

中村のモンゴル出張報告記<その2>
熱いぞモンゴル人の信仰心! ゴビ砂漠のハマリン寺院


ハマリン寺院机に並ぶさまざまな仏具

砂漠に突如現われる ハマリン寺院

鉄道駅のあるサインシャンダの街から、ダンザンラブジャーが建立したハマリン寺院までは約40km、ゴビ砂漠の道を走る。
平らな砂の大地が緩やかに下り坂になると、目の前に砂漠には不釣合いなほど巨大な寺院とそれを取り巻くゲル集落が出現した。これがハマリン寺院である。正直、かなり異様な光景だ。

砂漠に突如現われるハマリン寺院 ゴビ砂漠に突如現われるハマリン寺院

来る前に数年前の写真を見返したが、そこには山門だけが立派でお寺の代わりのゲルが写っていた。
しかし、今では、巨大な建物が数棟あり、後方には天を突くような仏塔が建っている。えらい変わりようだ。


(more…)

中村のモンゴル出張報告記<その1>
ダンザンラブジャー博物館の誕生秘話


ダンザンラブジャー博物館

学芸員の説明を聞くハグワさん
博物館で学芸員(左)の説明を聞くハグワさん(右)

アルタンゲレル館長の長い話(序章参照)が終わると、我々は博物館の展示を見学することにした。担当の学芸員さんが隣に立ち、一つ一つの展示について解説してくれる。(もちろんモンゴル語なので、同行のハグワ社長が通訳してくれる)


(more…)

中村のモンゴル出張報告記<序章>
サインシャンダ、行ってみたら本当はこんなトコだった!


2015年10月、雪の季節を迎えたモンゴルへ出張してきました。

以前から気になっていたモンゴルの「エネルギースポット」=サインシャンダ

10年ほど前にこの地を初めてパンフレットで紹介した時、日本で流行った「パワースポット」を意識してしまったので、どうも、「いかがわしい」イメージが頭にこびりついてしまい、斜め上からしか見ていませんでしたが、今、流行りの「行って見たら本当はこんなトコだった!」状態で、目からウロコが108枚くらい落ちました。

ここぞまさに、「モンゴル仏教の現在」があり、19世紀にモンゴルの宗教界だけでなく、モンゴルの社会に改革をもたらそうとした、「モンゴルの大塩平八郎(いや吉田松陰か?)」ことダンザンラブジャーの魂が息づく土地だったのでした!


(more…)

2015年の優秀ガイド・ドライバー発表!!


2015年ガイド・ドライバー大集合

10月末、そろそろ最低気温が氷点下に安定してきた秋のモンゴルへ行ってきました。

毎年恒例となっていますが、秋になると日本語ガイドとドライバー、直営キャンプ「ほしのいえ」&「そらのいえ」のキャンプスタッフを集め、お客様から頂いたアンケートを元にした反省会や企画の見直し、そして優秀者の表彰(注1)を行っています。 (more…)

「山どん」からの便り


2013年の研修の様子(山どんのみなさんと一緒に)

2013年の冬に、モンゴルから風の旅行社・直営キャンプ「ほしのいえ」のキャンプ長モチコ(本名:ムンフツェツェグ)と乗馬リーダーのザヤー(本名:バトザヤー)が来日研修でお世話になった、群馬県片品村のアウトドアースポーツロッジ「尾瀬山どん」から夏野菜が届きました。
(more…)

モニターツアー参加者より フォトレポート届きました


サインバイノー?
久しぶりのやまもりモンゴル更新です。
今回は先日、メールマガジン等で募集をしましたモニターツアー当選者の赤崎えいかさんより投稿いただきました!

*****

こんにちは
トラベルフォトライターの赤崎えいかです。
今回、風の旅行社さんと共にはじめてモンゴルの大地に足を踏み入れました。

yamamori20150818_1

(more…)

モンゴル北部に残された 知られざるチベット仏教の聖地へ


アマルバヤスガラント寺院<
大草原に突然現れるアマルバヤスガラント寺院

ウランバートルから車で約6時間、モンゴル最大の穀倉地帯を抜けた先の大草原に突然、モンゴルで最も美しいと言われる「アマルバヤスガラント寺院」が現れます。 (more…)

仙台からモンゴルは、その日のうちに!


モンベルフェアではミニゲルでお出迎えサインバイノー?
6月7日(土)、風の旅行社としては初めて、「杜の都」仙台にてツアー説明会を開催しました。当日は8名の方にお集まり頂きモンゴル、チベット、ブータンのツアーについてお話させていただきました。さらに7日、8日の両日は、モンベルが主催するモンベルクラブ・フレンドフェア仙台(外部サイト)にも出展してきました。
※写真はモンベルフェアに同行した川上と仙台名物「牛タン」(本文とは直接関係ありませんが、美味しかったです)
  (more…)

山田からサインバイノー! 恐竜博物館に行ってきました


みなさま、サインバイノー?
モンゴル出張中の山田です。この夏のガイド研修や施設の下見のために、ウランバートルに来ています。

今日はガイド研修前の打ち合わせを終えて、今年の春にオープンした「恐竜博物館」に行ってきました。 (more…)