隠れたマチュピチュの名所「マチュピチュ峰ハイキング」


遺跡からマチュピチュ山を望む

このタイトルを見て「知ってるよ、よく写真に出てくる遺跡のバックに出てくる山でしょ!」と言う方もいるでしょう。でも、それは「ワイナピチュ峰」と言い、この「マチュピチュ峰」とは違います。
じゃあ、「マチュピチュ峰」ってなに?と思うでしょう、実はワイナピチュとちょうど反対側の山が「マチュピチュ峰」なのです。

マチュピチュ峰の頂上へ遺跡の上部から道があり、インカ古道のような石畳が続きます。ルートは一部急なところもありますが、ワイナピチュよりも道は歩きやすく、体調に問題なければどなたでも登れます。 途中振り返ると、マチュピチュ遺跡とワイナピチュの眺めが素晴らしく、角度や高さにより違った顔を見せてくれます。また、道のあちこちで、花や植物が目を楽しませてくれる。


このような石畳の
道が続く

約1時間半〜2時間程で頂上へ到着。頂上からは眼下にマチュピチュ遺跡とワイナピチュそしてウルバンバ渓谷が広がり、下では見ることが出来ないマチュピチュの全景とそれを形造っている地形まで見渡せます。また、天気がよければ、周りにはサルカンタイ山系など雪を抱いたアンデスの山々が広がり、素晴らしい眺めを楽しめます。

このマチュピチュ峰は標高約3,050m、ワイナピチュより標高が300mほど高く、周りに遮るものがないため、360度のパノラマが楽しめるのです。これはワイナピチュでは味わえない眺め。そしてこのルートはまだ歩く人が少ないため、落ち着いてハイキングが楽しめます。人数制限をしているワイナピチュとはだいぶ違います。
マチュピチュで時間を取れる方は是非「マチュピチュ峰ハイキング」をお楽しみ下さい。


晴れるとアンデスの
雪山も見渡せます

霧に包まれたマチュピチュ
遺跡を頂上から望む

マチュピチュ山の頂上