ペルー・アマゾン源流地帯へ●手軽で楽しいジャングル体験

ペルーはアンデスといった標高が高い山岳地帯のイメージが一般的ですが、実は国土の約半分がアマゾンなのです。アンデスの裏側からブラジルなどの近隣諸国の国境まで広がり、代表的な場所ではプエルトマルドナードがあります。そこを起点にジャングルツアーへ繰り出します。ペルーが持つ大自然の魅力を楽しみましょう。

静かに暮れ往くアマゾン

静かに暮れ往くアマゾン

 


飛行機でクスコを飛び立ち、10分を過ぎるとアンデス山脈とアマゾンの境目が見え始めます。赤茶けた大地に雪を抱いた雪山。その背後から果てしなく続く緑一面のジャングル地帯。アンデスからアマゾンへと移り変わるその光景にまず圧倒されてしまいます。こうして約30分のフライトの後、アマゾンの玄関口プエルト・マルドナードへ到着。飛行機を降りると濃密な空気感じます。ここから車と船を乗り継いでジャングル内のロッジへ向かいます。アマゾンの支流の港からボートで赤茶けた川を進みます。うっそうとしたジャングルが目の前に迫り、時折、ワニが現れたりとアマゾンらしい光景にワクワクしてきます。

(※リマからの国内線は、クスコ経由で所要時間 約2時間40分のフライトとなります。)

アンデスを越えると そこはもうジャングル地帯

アンデスを越えると

そこはもうジャングル地帯

こんなトラックで空港にお出迎え

こんなトラックで空港にお出迎え


約1時間ほどでロッジに到着。ジャングルの真っ只中にあり、ジャングルの天然素材で造られているため、トロピカルムードいっぱいです。初日の午後はロッジ近くのモンキーアイランドへ行きます。ちょうど、ロッジの向かいの中州の森の中に数種類のサルが生息していて、人に懐いているためすぐ近くまで寄ってきます。アマゾンの動物をすぐ近くで見れるめったに無いチャンスです。夕方は川沿いまで出てジャングルに沈む夕日を眺めます。真っ赤な太陽がジャングルの中へ消えてゆく光景はすばらしいの一言。そんな夕日を眺めながら初日が終わります。

船に乗り換えいざ!ジャングルへ

船に乗り換え いざ!ジャングルへ

ロッジに到着するとそこはもうジャングルの中

ロッジに到着すると

そこはもうジャングルの中


トロピカルムード満点のジャングルロッジ

トロピカルムード満点の

ジャングルロッジ

人懐こいモンキーアイランドのサル

人懐こいモンキーアイランドのサル


2日目はより本格的にアマゾン体験をします。まずは、ジャングルウォーキングツアーへ。ネイチャーガイドの案内で、ジャングルのトレイルを進んで行きます。アマゾンにしか生息しない珍しい植物などを観察しながらジャングル歩きが進んでいきます。途中、大木の上へと続くらせん階段が現れました。なんと!この上に展望台があるというのです。ちょっと怖いですが、一歩一歩上へと進んで行きます。頂上の展望台へ出ると目の前にすばらしい光景が広がります。緑一面に広がるジャングルの光景が眺爽快で思わず息を呑みます。大自然の偉大さを感じる瞬間です。

アマゾンに詳しいネイチャーガイドが説明してくれます

アマゾンに詳しいネイチャーガイドが

説明してくれます

こんな階段を登って展望台へ

こんな階段を登って展望台へ


展望台からは爽快なジャングルの眺めが広がります

展望台からは爽快な

ジャングルの眺めが広がります

アマゾンが静かに暮れていきます

アマゾンが静かに暮れていきます


朝は、森に響くホエザルのうなり声と野鳥たちのさえずりのモーニングコールで目覚め、夜は、フクロウやヨタカの声が暗闇に響く。都会とは違う森の音はなんとも賑やか。ですが、それらの生命の息遣いの音は、慣れてくると耳障りの良い快眠へといざなってくれます。深い夜の満点の星空、マドレデディオス(神々の母という意味)川から望む朝日と夕日、すべてに生命力溢れる「野生の自然」のチカラを感じます。

アマゾンのカラフルなオウム

アマゾンのカラフルなオウム

ロッジの庭で飼われているバグ

ロッジの庭で飼われているバグ

こんな巨大なワニにも出会えるかも!

こんな巨大なワニにも出会えるかも!


※1日目と2日目のプログラム内容は入れ替わる場合があります。また、天候や現地事情によりプログラムが変更になることもあります。


このようにペルーではアマゾンという素晴らしい大自然を持ち、アンデスだけではない魅力もあります。そんなペルーの魅力をマチュピチュと共に楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連ツアーはこちら!

関連よみもの

イキトスはペルーアマゾンのもうひとつの有名な観光地です。ここはペルーアマゾン北部にある街で、アマゾン川沿いにひしめくように立ち並ぶ高床式の水上家屋や人を乗せて行き交うカヌーなどアマゾンで生活する人々の姿を見ることが出来きます。また、プエルト・マルドナードと同様にジャングルツアーの起点となっていて、日数に併せて数多くのツアーが出ています。もうひとつのアマゾン体験もお勧めです。