[ネパール]トレッキング中はどんなところに泊るの?

風の旅行社のネパールトレッキングではロッジ(山小屋)に泊ります(一部のツアーを除きます)。

ロッジ

トレッキング街道には宿泊や食事を提供するロッジがあり、現地では「バッティ」と呼ばれています。アンナプルナやエベレスト方面など多くのトレッカーが訪れるエリアは特にロッジの数が多いです。トレッキング中は宿泊以外にも昼食や休憩、トイレのためにロッジを利用します。
ツアーでは2~4人定員の部屋をご用意します(ほとんどがベッド2つの個室)。基本的には男女別の相部屋となりますが、ご夫婦やご友人同士など2名参加の場合はお2人で1部屋使っていただける場合がほとんどです。ただ、ロッジが混雑している場合は、他の一般の宿泊客と相室になる場合もあります。

ロッジの部屋(一例)

寝具は羽毛の寝袋を利用します(寝袋は弊社で無料レンタルいたします)。部屋には非常に簡素なベッドがあり、その上で寝袋を敷いて寝ます。
お部屋には暖房設備はありません。トイレ、シャワーも部屋に付いていないことが多いです。アンナプルナやエベレスト方面などでは部屋にトイレ、シャワーが付いているロッジも登場しましたが、まだ一般的ではありません。
また、温水シャワーを備えたロッジも増えてきましたが、ぬるいことが多くあまり期待できません。シャワー施設がない場合には、朝夕に顔や体を拭く程度のお湯を提供致します。
尚、各部屋に電源をとるコンセントがないことが多いですが、レストランなど共有スペースで有料で充電させてくれるロッジも多いです。また、各ロッジには簡単な売店があり、ビスケットやジュース類など購入することも可能です。

キャンプ

テントや食材をすべて用意し、キャンプしながら行くトレッキングです。専用のコックが同行するのでネパール料理のみならず西洋料理や簡単な日本食も準備できます。食事内容や宿泊地が臨機応変に対応できるのがメリットですが、装備を運ぶポーター、コック、キッチンボーイ等のスタッフが同行するため、その分費用も多くかかります。ご希望によりキャンプトレックの手配も可能です(別途追加代金が必要です)。