イランの新年を祝う

イランのお正月ノウルーズ体験とペルシア周遊9日間

3名催行日本語ガイド

17世紀世界中の富を集ったサファーヴィー朝の都イスファハン

西アジアの伝統的肉体鍛錬法の場ズールハーネ

ゾロアスター教の教えに沿った風葬が行われていた沈黙の塔

テヘランの考古学博物館はやはり見逃せません(ペルセポリス出土品)

イランにあるアルメニア正教会(イスファハン)

淡いピンク色のタイルとステンドグラスの光で人気のローズモスク

アレキサンダー大王が破壊したペルセポリス 紀元前6世紀の壮大な石造宮殿です

「世界の半分がここにある」と言わしめたサファヴィー朝の都イスファハン

イスファハンは工芸の町でもある バザール歩きはそれだけでも楽しい

ノウルーズ(お正月)の飾りつけハフトスィン(一例)(

お正月が近づくと現われる道化師ハッジ・フィールーズ 街中で出会えるかもしれません

ペルセポリスにある獅子(夏)が牡牛(冬)を食うレリーフ、「春分」を表すと言われる

出発日設定2020/03/17(火)
旅行代金488,000円~498,000円
出発地東京、大阪、名古屋
POINT
  • イランの新年ノウルーズにまつわる行事を家族に混じって体験
  • ペルシアの歴史的遺物が展示される考古学博物館を見学
  • ササン朝の国教となったゾロアスター教の「風葬」の遺跡が残るヤズドも訪れます
  • インスタ映えで人気のローズモスクも訪れます
  • アケメネス朝ペルシャの遺跡ペルセポリスを見学
  • 「世界の半分」とたたえられたサファヴィー朝の都イスファハンもじっくり1日観光
詳細

●イランのお正月
イランのお正月は「春分」。イランのノウルーズはゾロアスター教に由来するといわれ、ダレイオス1世時代のペルセポリスでも毎年盛大に新年の祝宴が催されていたそうです。イランのお正月が近づくと、リンゴ、金魚、ろうそく、芝、など古来から決まったもの(ハフトスィン)を並べて準備をします。そして今回はイランの家族に混ざってお正月準備をしたり、家庭料理をいただいたり、イラン暦年末に火を焚いてその上を飛び越える、無病息災を祈念する儀礼(チャハールシャンベスーリー)を体験したりします。イランの家庭では元旦にあたる春分点通過時間を家族で温かく迎えます。今年の春分点は朝の7時19分。私たちは、その春分点時刻を砂漠に上る朝日を見ながら迎える予定です。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(名古屋)東京・大阪

〔名古屋発の場合 午後 :名古屋駅からバスで関西空港へ〕

夜 :東京(成田)発、または深夜 :東京(羽田)・大阪(関西)発。
空路、乗継地のドバイへ。

機内
2日目

ドバイ テヘラン

午前:イランの首都テヘラン到着後、イラン人家族を訪問。イランのお正月ノウルーズのための買い物やお正月飾りハフトスィンの飾りつけを家族といっしょに体験します。

夕刻:民家で夕食。イランの家庭料理をお楽しみ下さい。

夜:火の上を飛び越える風習チャハールシャンベスーリーも体験します。

ホテル
3日目

テヘラン  ヤズド

午前:イラン考古学博物館などを観光。

午後:国内線でゾロアスター教徒の多いヤズドへ。

ホテル
4日目

ヤズド

【イラン元旦】

深夜:車でカラカル砂漠へ。(走行=約140㎞、約2時間)

早朝:砂漠の中で朝食を取りながら、初日の出を待ちます。イランの新年は春分点通過時間(7:19)に始まります。前年最後の朝日と新年最初の朝日を鑑賞しましょう。その後、ホテルに戻り休憩。(走行=約140㎞、約2時間)

午後:1930年代まで風葬が行われていた岩山「沈黙の塔」火の家など、ゾロアスター教にゆかりの場所や伝統的肉体鍛錬場ズールハーネを見学します。

ホテル
5日目

ヤズド シーラーズ

午前:車でシーラーズへ。(走行=約440㎞、約6時間半)

午後:シーラーズ着。ハーフェズ廟などを観光。

ホテル
6日目

シーラーズ イスファハン

午前:ローズモスク、アケメネス朝ペルシアの都ペルセポリスやアケメネス朝の歴代王の墓やササン朝時代のレリーフが残るナグジェ・ロスタムなどペルシアの歴史的遺産を観光します。(走行=約70㎞、約1時間半)

午後:車でイスファハンへ。(走行=約420㎞、約5時間半)

ホテル
7日目

イスファハン

午前:「世界の半分」と称えられたイスファハンのエマーム広場に、王の寺院マスジェデ・エマームマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーアーリー・ガーフー宮殿などを観光します。

午後:イラン寺院建築歴史が垣間見れるマスジェデ・ジャーメペルシャ式庭園チェヘル・ソトゥーン宮殿やアルメニア正教のヴァーンク教会を観光。

夜:ライトアップされたエマーム広場を鑑賞します。

ホテル
8日目

イスファハン アブヤーネコムテヘラン

午前:車でゾロアスターの伝統が残るアブヤーネの村を訪れ、散策。(走行=約190km、約2時間) その後、シーア派の聖地コムのファーテイマ廟へ。(走行=約190km、約2時間)

午後:テヘランの空港へ。(走行=約110km、約1時間半)

空路、乗継地へ。

機内
9日目

ドバイ 大阪・東京(名古屋)

深夜 :乗り継いで、空路、帰国の途へ。 

夕刻 :大阪(関西)・東京(成田)到着。

[名古屋着の場合 夜 :関西空港からバスで名古屋駅へ]

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2020/03/17(火) ¥488,000 東京 募集中
2020/03/17(火) ¥498,000 大阪、名古屋 募集中
最少催行人員 3名(定員12名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。 (但し8名以上の場合は同行)
利用予定航空会社 エミレーツ航空
利用予定ホテル

【テヘラン】フェルドゥシー、パルシアン、エンゲラーブ、アーサーレ、ホウェイゼ、グランド、エヴィン
【ヤズド】ダッド、ファハダン、ガーデンモシール、ソンナティ・メフル、マレク・オットジャール、ラベ・ハーンダグ
【シーラーズ】アルヨー・バルザン、、セタレガン、キャリームハーン、、エリゼ、パールス・インターナショナルパールセ、パルシアン、ヴァキ-ル
【イスファハン】アリガプ、サフィール、セターレ、ヴィーナス、ピールジー、パルティカン、シェイフ・バハイ

お一人部屋追加代金 75,000円 (ホテル泊)
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線:24,000円(2019年4月1日以降、羽田発成田着は別途6,000円、成田発成田着は別途4,000円必要) (2019年8月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ●旅券(パスポート) イラン:入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が見開き2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要、イスラエル入国のスタンプがないこと
各国空港税/査証

●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税:2,610円
・羽田空港諸税:2,670円(国際線)
・関西空港諸税:3,040円
・国際観光旅客税:1,000円
・ドバイ空港諸税:80UAEディルハム(約2,430円)
・イラン出国税:350,000イランリアル(約330円)
・イラン旅客保安税:4ユーロ(約480円)
(※全て2019年8月現在の金額および換算レートです。)

●査証(ビザ)
・イラン査証(ビザ)代金(実費、手数料含む):9,180円
※現地事情により、予告なく金額が変わる場合があります。予めご了承下さい。
※外国籍の方は、ご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 480,000円~589,000円(東京・大阪~テヘラン間/予約クラスにより異なります。)
その他

※米国や米国経由でのご旅行をご予定の方へ:米国はテロ対策の一環として、日本国籍でも2011年3月1日以降イランに入国した人等は、米国へのビザ免除プログラムを利用しての渡米ができなくなっていますのでご注意下さい。詳しくはお問い合わせ下さい。 <参考>アメリカ大使館ホームページをご覧下さい。
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

※ヤズドのホテルは元々伝統邸宅のため部屋ごとに大きさや設備にばらつきがあります。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2020/03/17(火) ¥488,000 東京 募集中
2020/03/17(火) ¥498,000 大阪、名古屋 募集中