戸塚 学さんと行く撮影の旅

韓国 繁殖期の野鳥 撮影・観察3日間【バードウォッチング】

6名催行日本語ガイド
出発日設定2019/06/23
旅行代金238,000円
出発地東京
詳細

日本の隣国、韓国の平野部から山地帯で繁殖する、韓国の普通種を撮影・観察します。「韓国は日本との共通した種しかいないから行かない」「固有種がいないから行く気がしない」「離島ではないのに面白いの?」などの声を聞きますが、それは野鳥の本当の面白さを理解していないと言えるでしょう。今回は日本の野鳥を良く知っている人はもちろんのこと、初めて訪れる方も納得の日程となっています。

●特徴その1 韓国の普通の環境で見る野鳥
日本ではブッポウソウやコウライウグイスを撮影するのは一苦労です。しかし、韓国ではどこでも見かける普通種であるため、撮影や観察がとても簡単に感じます。日本と同じ種や別亜種の違いもじっくり観察します。可能なら撮影も楽しめることでしょう。また、日本と同じような環境でありながら繁殖する鳥が違います。例えば低山帯の谷戸のような環境では、ヤマショウビンやアカハラダカ、コウライウグイス、ブッポウソウ、ダルマエナガ、ジョウビタキなどが繁殖しています。またカササギとオナガが同所的に存在しています。山地帯ではクマゲラやヤマゲラ、シロハラ、カラアカハラ、マミジロキビタキ、ミヤマホオジロなどが生息しています。ヤマショウビンはさすがに多くはありませんが、現地のバーダーや研究者との信頼関係を築いてきましたので旬の情報を基に撮影も狙います。さらに新しいシークレットポイントでは近い距離でワシミミズクが狙えることでしょう。
*目的の野鳥が必ず出現するとは限りません。

●特徴その2 移動距離の短さと、ガイド2名による撮影と観察の徹底した解説
各撮影・観察ポイントの距離を極力短くして2泊3日でも十分成果が得られるコース設定です。じっくりと撮影や観察が可能になります。
さらに、プロの写真家・戸塚さんによる懇切丁寧なカメラの扱い、写真撮影の指導を受けることができるほか、野鳥に関する解説は風の鳥日和ガイド・五百澤さんがわかりやすく説明します。

【期待したい野鳥】
(コウライ)キジ、クロツラヘラサギ、ミヤコドリ、キアシセグロカモメ、サシバ、ハチクマ、アカハラダカ、ワシミミズク、ヤマショウビン、ブッポウソウ、アカゲラ、オオアカゲラ、ヤマゲラ、クマゲラ、チョウゲンボウ、チゴハヤブサ、コウライウグイス、オナガ、カササギ、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ダルマエナガ、ジョウビタキ、ミヤマホオジロなど。種数は少なくとも撮影・観察内容は濃密です。(下見時65種ほど確認)

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/06/23 ¥238,000 東京 終了
最少催行人員 6名(定員10名) 添乗員 同行(出発地によっては現地より同行)
利用予定航空会社 大韓航空
利用予定ホテル

<春川>正館楼ホテル
<仁川>ゼメウスホテル

お一人部屋追加代金 16,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(基準日2019年4月1日)大韓航空1,000円

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

その他

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収(2019年4月1日現在)
・国際観光旅客税1,000円
・成田空港諸税2,610円
・関西空港諸税3,040円
・福岡空港諸税970円
・釜山空港使用料約2,200円

●旅券(パスポート)の残存期間
韓国入国時に有効期間が3ヶ月以上残っているパスポートが必要です

●査証(VISA)
日本国籍の方は不要●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/06/23 ¥238,000 東京 終了