ここがモンゴルの理想郷

花と温泉 そらのいえに泊まる草原乗馬8日間

2名催行日本語ガイド

アルハンガイは中央の大草原とは異なる景色が広がります

温泉付の直営キャンプ「そらのいえ」

一日の疲れは温泉で癒しましょう

オゴタイハーンの宮殿跡に馬で訪れます

高原地帯のアルハンガイで乗馬を楽しみます

高原地帯のアルハンガイで乗馬を楽しみます

世界遺産「エルデニ・ゾー寺院群」を観光します

出発日設定2019/06/01〜6/16の毎日~2019/08/22~08/31の毎日
旅行代金318,000円~353,000円
出発地東京、大阪
詳細

「そらのいえ」はモンゴルで最も恵み豊かで美しい自然が残る土地」アルハンガイ県の大自然の中にある風の旅行社直営キャンプです。
そらのいえに4泊滞在し、のんびりと周囲の時間とともに表情を変えて いく景観を眺めるのも良し、乗馬をするなら、林あり、断続的に現れる丘あり、一面に広がる花畑あり、小川越えもありという変化ある地形と自然が、 毎日飽きることない乗馬時間を与えてくれます。一日の終わりは、万病に効くと信じられている温泉の源泉から直接パイプで繋がった草原の中の露天温泉に浸かり、1日の終わりの疲れた心身を癒してください。

※注1:天候により源泉のお湯の温度が低くなることがあります。温かくなるようスタッフ一同工夫を凝らしていますが、自然の事につき何卒ご理解下さい。
※注2:そらのいえの営業期間は8月末までとなります。


乗馬日数:3日間 合計乗馬距離:平均約40〜60km 対象:未経験〜上級者(乗馬経験のない方~乗馬の駆け足が出来る方)
※乗馬レベルについて

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪ウランバートル

午後:東京(成田)・大阪(関西)よりMIATモンゴル航空にて空路、モンゴルの首都ウランバートルへ。

夜:到着後、日本語ガイドとともに車でホテルへ。

ホテル
2日目

ウランバートルツァガンスム

午前:車で一路、モンゴルの遊牧民が森の豊かさに憧れるというアルハンガイ県ツァガンスムにある直営キャンプ「そらのいえ」へ。一日がかりのドライブです。(走行=約8.5時間、470km)

夕刻:そらのいえに到着。温泉につかり長旅で疲れた体を癒して下さい。

ゲル
3日目

ツァガンスム

終日:草原乗馬

まずは日本語ガイドや乗馬スタッフから乗馬前の講習を受けて、キャンプ周辺で乗馬練習をします。その後、上達具合によって、少し遠出して、点在する遊牧民のゲルを訪問します。

ゲル
4日目

ツァガンスム

終日:草原乗馬

草原の奥に続く松林、小高い山、お花畑、アルハンガイの豊かな風景を満喫しつつ、ツァガンスム寺院の跡地に立つ巨大オボーオゴタイハーンの夏の宮殿跡といわれる遺跡を見に出かけたり、モンゴルの大自然とはるかなる歴史に浸ってください。

乗馬後には温泉で一日の疲れを癒しましょう。

ゲル
5日目

ツァガンスム

終日:草原乗馬

草原の奥に続く松林、小高い山、お花畑、アルハンガイの豊かな風景を満喫しつつ、ツァガンスム寺院の跡地に立つ巨大オボーオゴタイハーンの夏の宮殿跡といわれる遺跡を見に出かけたり、モンゴルの大自然とはるかなる歴史に浸ってください。

乗馬後には温泉で一日の疲れを癒しましょう。

ゲル
6日目

ツァガンスムハラホリンブルド

午前:車でモンゴル帝国の古都カラコルム遺跡があるハラホリンへ。(走行=約3時間、90km)

午後:エルデ二・ゾー寺院ハラホリン博物館を観光後、車でブルドにあるツーリストキャンプへ。(走行=約2時間、約120km)

夕刻:ツーリストキャンプ到着。

ゲル
7日目

ブルドウランバートル

午前:車で一路ウランバートルに戻ります。到着後、時間があればデパートまたは市場を訪れます。

夕刻:民族音楽コンサート鑑賞。

ホテル
8日目

ウランバートル東京・大阪

早朝:車で空港へ。

午前:MIATモンゴル航空にて帰国の途へ。

午後:東京(成田)・大阪(関西)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/06/01〜6/16の毎日 ¥318,000 東京 募集中
2019/07/01〜7/23の毎日 ¥338,000 東京、大阪 募集中
2019/08/02〜8/9の毎日 ¥353,000 東京、大阪 募集中
2019/08/22~08/31の毎日 ¥348,000 東京、大阪 募集中
最少催行人員 2名(定員6名) <各出発地ごとに2名> 添乗員 同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社 MIATモンゴル航空
利用予定ホテル

<ウランバートル>
フラワー、バヤンゴル、アルファ、ロイヤルマウンテン、フブスグルレイクホテル、モンゴリカ

<ツァガンスム>
直営キャンプ「そらのいえ」
<ブルド>
ツーリストキャンプ〈ゲル泊〉
※ツーリストキャンプはいずれも原則として男女別3〜4人1室の相部屋になります。
※2名占有または家族ゲルご希望の方はお問い合わせください。

お一人部屋追加代金 16,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
2,000円 (2019年3月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

その他

●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税2,610円
・関西空港諸税3,040円
・国際観光旅客税1,000円
・モンゴル出国税22,000トゥグリグ(2019年2月現在900円)

●旅券(パスポート)の残存期間
モンゴル入国時に6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/06/01〜6/16の毎日 ¥318,000 東京 募集中
2019/07/01〜7/23の毎日 ¥338,000 東京、大阪 募集中
2019/08/02〜8/9の毎日 ¥353,000 東京、大阪 募集中
2019/08/22~08/31の毎日 ¥348,000 東京、大阪 募集中

いってきました!

出発日:2017.07.22

評価:

インストラクター Aさんは、落ち着いてほどよく私たちを見ていてくれたので、とても楽しい乗馬ができましたまた、運転手Bさんも、言葉が通じないながらも場を明るくしてくれました。皆さんに感謝です。ブルドのツーリストキャンプで、韓国のお客さんが朝から大音響で音楽をかけていて迷惑でした

出発日:2017.07.22

評価:

「そらのいえに泊まる草原乗馬8日間」を選んだ理由は次のとおりです。
・乗馬と花の両方を楽しみたかったから。
・同じ場所で4連泊なので、ゆっくりできるから(移動距離は長いですが)。
・直営キャンプだから。

>残念だったこと
■移動の車
後部座席(右)のシートベルトが故障していました。まったく使えないわけではありませんが、あそびの部分がなく、装着していると、どんどん締まってしまうので、事実上使えませんでした。万一の際に命に関わることなので、整備をきちんとしてもらいたいです。

■エアジャケット
サイズが大きすぎました。同行のAさんはSサイズでぴったりでしたが、私の分はフリーサイズ。乗馬中に鞍に当たるし、ズレてシャカシャカうるさいしで気になってしまいました。身長や体格は分かっているはずなので、合ったものを用意してもらえるとよかったです。

>良かったこと
■水回り
私は「水洗トイレは壊れた時に面倒だから、落下式で十分」と思っているような旅行者です。壊れない水洗トイレがあって(1回だけ水が出なくなりましたが)、シャワーが使えて、こんなに快適でいいのかしらと思いました。湿度が低く不快感があまりないので、シャワーも短時間の使用で十分でした。シャワーがあるだけで満足でしたが、それでも、やはり温泉はうれしいものですね。どんなに楽しくても異国でそれなりに緊張しているなか、心もほぐれるような気がします。露天風呂というのが、またよかったです。暮れていく空を眺めながら入りました。

なお、そらのいえの、洗面所の張り紙の内容が間違っていました。細かい文言を忘れてしまいましたが、「蛇口はこまめに開け閉めして」というような意味のはずが、逆の意味になっていました。まあ、日本人は意図を察してくれると思いますが。なお、韓国人のお客さん向けの節水表示も掲示した方が良いかと。水を出しっぱなしで洗濯している人がいましたが、うまく言葉が通じず、説明できませんでした。

■博物館や寺院の見学
博物館や寺院の見学は、ちょっと億劫だなと思っていました。でも、やはり寄ってよかったです。博物館は先史時代からの歴史がコンパクトにまとめられており、国の歴史を少しでも知ることができて有意義でした。また、迦陵頻伽や銅鏡など、日本にも伝来した文物との共通点もあり親近感がわきました(迦陵頻伽が好きなのでうれしかった)。寺院で一緒にお参りさせてもらえたのも、よかったです。

■星空
星空の美しさに魅了されました。長野でも、それなりに美しい夜空を眺められますが、なんというか次元が違う。天球に星がびっしりと撒かれたような空を見ていて、正岡子規の「真砂なす数なき星のそのなかに吾に向かひて光る星あり」を思い出しました。私にとっての「光る星」はアンタレスです。さそり座なので(笑)。しっかり見えました。

>その他、雑多に

 ツアーは人との出会いがあっておもしろいですね。自分とは異なる視点をもつ人との旅は、発見の幅が広がります。同行の中野さんが食事や風景やさまざまな物事に対して漏らす感想が、私にとっては意外だったり、不思議だったり、ああそういうところを見ているのかと面白かったり。よい同行者と巡り合えてよかったです。

 モンゴル語そのものはわからないのですが、学生時代に第二外国語としてロシア語をとっていたので、キリル文字が少しわかります。ウランバートル市内や道中で、看板の頻出単語をノートに書き留めて意味を推測し、Bさんに教えてもらって遊びました。旅行中、聞き取りが全然できなかったのですが、文字は視覚的にわかるので、楽しかったです。そういえば、カラオケ店がたくさんありますね。さすが世界のカラオケです。

 寝台列車(今はやりの豪華列車ではなく、昔の安い4人用の)や、長距離フェリーなどでぼんやり外を眺めるのが好きです。そらのいえまでの道中は、さすがに長旅(しかも暑い)でしたが、流れる景色は見飽きることがありませんでした。心配していた車酔いも平気でした。遠くの景色をずっと眺めているからでしょうか。

 帰国後しばらくは、頻繁にモンゴルの夢をみました。18年ぶりとはいえ2回目のモンゴルなので、もうこれで満足するかな、と出発前は思っていました。でも、やっぱりまた行きたい!今度は3年以内の再訪を目指します。来年は7-8月に休めない部署に戻ることになったので、スケジュール調整が難しくなりそうですが、6月や9月などに何とかして行こうと思います。

 今回は乗馬がちょっと物足りなかったので、次はもう少し乗馬を多く、もう少し走れるコースを選ぼうと思います。セレクト乗馬がよいでしょうか。そして、できることなら山田さんの添乗ツアーに参加してみたいです。一方、ウランバートル市内をもっと見てみたいし、市内の博物館にも行ってみたい、など乗馬以外のやりたいことが増えました。いろいろ迷うと思いますので、また相談に乗ってください。

おかえりなさい!

シートベルトの件、ジャケットの件、申し訳ありません。 再度、厳しく点検するよう改善を促します。

出発日:2016.08.13

評価:

とても楽しい、印象に残る旅でした。あの草原の広大さが忘れられません。のんびりと大らかに非日常を過ごせました。私自身は乗馬はおまけのつもりだったのですが、乗ってみると楽しくてまた馬で草原を走ってみたいです。メンバーにケガが無かったのが何よりでした。

そらのいえからの帰りに車が泥道にはまって、脱出するのに近くの遊牧民の力を借りて一苦労でした。あの道でははまるのも仕方ないところですが、長靴やスコップ、車輪の空転を防ぐ板等、脱出道具を積んでいった方が無難だと思います。こちらとしては、少々のトラブルも思い出のうち(笑)なんですが、今回は手伝ってもらった遊牧民の方に感謝!
不便さの中に豊かさを感じる旅、日本ではできない経験をさせてくれるツアーを提供してもらい有り難いです。

もっと見る