2020年9月23日〜9月25日 11:00〜17:00 
東京本社・臨時開業

お電話でのお問い合わせは 0120-987-553 へお願いします。詳しくはこちらをご覧ください。
なお、現在海外ツアーに関しましては、当面の間、募集を中止しております。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

森歩きと動物探索そして南半球の星空

2020/4/26(日)発 秋・黄葉のタスマニア島で動物探し8日間

6名催行

オーストラリアで唯一の落葉樹ファガス

ユーカリ林や低木林に棲息するウォンバット

スワンプガム呼ばれるユーカリの巨木

ダブ湖とクレイドルマウンテン

出発日設定2020/04/26(日)
旅行代金501,000円~516,000円
出発地東京、大阪・名古屋
POINT
  • 日中はハイキング、夜は動物探索に! 朝から晩までタスマニアの自然を味わいつくします。
  • タスマニア在住の千々岩さんが全行程通して同行、解説します。とっておきの野生動物出没スポットへもご案内します。
  • きれいな空気と美味しい食事を楽しみながら快適に自然を満喫する旅です。
早割60
詳細

オーストラリア大陸南東部から240キロ南氷洋上に浮かび、大陸から隔絶されたため、古代より独特の生態系が残り、息づく島、タスマニア。高さ80mにも達するユーカリの巨木、氷河に削り取られた湖、苔生した緑濃い森、固有の動物たち。
タスマニア島のほぼ半分を縦断、島の自然生態系を大きくつかんでみたい。日中の森歩きに加え、夜の動物探索でもタスマニア固有の動物たちの姿を追い求める旅。
秋は、ポプラやタスマニア在来種では、唯一の落葉樹ファガス(ブナ)の黄葉も目に美しい。
夜は、動物探索に加え、星空観察も楽しみます。南半球ならではの南十字星、南極老人星カノープス、そしてミルキーウエイにマゼラン大星雲などなど。
澄み切った秋の夜空にかがやく南十字星に期待。

タスマニア在住の日本人ガイド、千々岩さんが全行程を通して同行、長年蓄積してきたノウハウとデータをもとに島の自然生態系を解説します。

【カンタス航空利用を希望される場合は別途ご相談ください】

講師

千々岩 健一郎 (ちぢわ けんいちろう)

タスマニア島在住ツアーガイド

北海道大学農学部卒。1990年よりタスマニア在住。1995年よりAJPR社の代表として、当時、現地タスマニア唯一の日本人経営の旅行会社の運営と共に、自ら通訳、ツアーガイドとして活躍。タスマニアの自然への造詣が深く、各種のハイキング、ワイルドフラワー、森林探索ツアーなどのエコツアーを企画・催行。加えて、TVや雑誌などの各種メディアのコーディネートもこなす。専門の畜産学を背景にした「タスマニアの食」についての話も面白い。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋 乗継地

午後 東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)発。空路、乗継地へ。

乗継地からオーストラリア本土へ。

機内
2日目

オーストラリア本土 デボンポート クレイドルマウンテン国立公園

午前 シドニーまたはメルボルンで国内線に乗継ぎタスマニア島へ。

午後 着後、千々岩氏と共に車でクレイドルマウンテン国立公園へ。夕食前の明るいうちにウォンバット探しへ。

ロッジまたはホテル
3日目

クレイドルマウンテン国立公園

午前 ハイキング。タブ湖周遊道を歩きます

午後 クレイドルボードウォークを歩きます。夕食前、タスマニアデビルの保護センター(Davis@Cradle)を訪問し、タスマニアデビルの様子を見学します。 *天候により翌日の行程と入れ替える場合があります。

ロッジまたはホテル
4日目

クレイドルマウンテン国立公園

午前 ハイキングへ。オーバーランドトラックからクレーター湖を経てマリオン展望台へ。そこからウォンバットプール、リラ湖を経てダブ湖展望台へ。オーストラリアで唯一の落葉樹ファガスのオレンジ色にそまる黄葉を期待。

午後 キングビリートラックの森を歩き、樹齢1500年といわれるキングビリーパイン(杉の仲間)と対面

夜行性の野生動物探索へでかけます。 *当日の天候等によりコースを短縮する場合があります。

ロッジまたはホテル
5日目

クレイドルマウンテン国立公園 ビチェノ

終日 車で移動。途中、土ホタルで有名なマラクーバ鍾乳洞を見学マージー川ではカモノハシを探します。その後、黄葉のヘリテージ街道を南下、タスマニア島を縦断、映画『魔女の宅急便』に登場するパン屋さんのモデルといわれる史跡の村ロスにも立ち寄ります。

ホテル
6日目

ビチェノ フレシネ半島国立公園 ホバート

終日 車でフレシネ半島国立公園ヘ。ワイングラスベイ展望台までの往復1時間半のハイキングを楽しみます。午後:車でホバートへ。途中、入植の町リッチモンドに立ち寄ります。夕食はシーフードレストランでカキを堪能

ホテル
7日目

ホバート オーストラリア本土

午前 車で、タスマニアで最も黄葉が美しいといわれるダーウエントバレーとマウントフィールド国立公園へ。木性シダの生い茂るレインフォレストや雄大なラッセル滝、広葉樹では世界でもっとも高くなる高木のユーカリの森を歩きます。ランチで立ち寄るサーモンポンドではカモノハシ探しも楽しみです。

午後 ホバート空港へ。空路、オーストラリア本土で乗り継いで帰国の途へ。

機内
8日目

乗継地 東京・大阪・名古屋

午前 乗継地から日本へ。

午後 東京(成田または羽田)・大阪(関西)着。

名古屋(中部)着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2020/04/26(日) ¥501,000 東京 終了
2020/04/26(日) ¥516,000 大阪・名古屋 終了
最少催行人員 6名 (定員10名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。 講師が現地行程に同行いたします
利用予定航空会社 中国南方航空、中国東方航空、【カンタス航空を希望される場合は別途ご相談ください】
利用予定ホテル

[クレイドルマウンテン]クレイドルマウンテンホテル、クレイドルマウンテンロッジ [ビチェノ]ビチェノビーチフロント、[ホバート]ベストウエスタンホバート、メルキュール、グランドチャンセラー

一人部屋追加代金 78,000円 ホテル・ロッジ泊のみ
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(基準日2019年10月1日)国際線13.600円

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 帰国日まで有効なパスポートが必要です。
各国空港税/査証

成田空港使用料等:2,660円
羽田空港使用料:2,610円
関西空港使用料等:3,100円
中部空港使用料等:2,970円
オーストラリア空港諸税:140豪ドル(11,230円)
中国空港諸税:90元×2回(約3,020円)

・オーストラリア入国には事前にETA(電子入国許可)の取得が必要です。eTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料としてA$10(オーストラリアドル)が必要となります。
※外国籍の方は、取得条件が異なりますのでご注意ください。

ビジネスクラス追加代金 350,000円~650,000円(日本~シドニーまたはメルボルン往復/予約クラスにより異なります)
その他

●燃油付加運賃、空港諸税等について
航空会社が、航空運賃とは別に設定する燃油特別付加運賃および航空券代金と一緒に徴収することが旅行会社に義務付けられている出国税、空港諸税等は、ご旅行代金とは別に頂きますので、あらかじめご了承下さい。記載した金額は2014年2月時点のものです。但し、航空会社等によって突然変更されることがあります。詳細はツアーお申込時にご案内させて頂きまのでご確認ください。●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は「早割60」の適用対象です。(ご出発日の前日から起算して60日前までのご成約で、ご旅行代金を5,000円割引いたします)

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2020/04/26(日) ¥501,000 東京 終了
2020/04/26(日) ¥516,000 大阪・名古屋 終了

いってきました!

出発日:2014.04.27

評価:

また、解説、体験はその理解の助けになりましたか。タスマニアの大自然を満喫することだったので、(現地講師の)Aさんの説明はよりタスマニアの魅力的を強くさせてくれました。
タスマニアの大自然を満喫することだったので、千々岩さんの説明はよりタスマニアの魅力的を強くさせてくれました。また、行きたい!と思わずにはいられないツアーでした。違う季節、場所に訪れたいです。

出発日:2014.04.27

評価:

現地講師のAさんの、タスマニアに於ける自然・歴史・現在の社会状況等幅広い説明が行く先々で、また車中で聞くことが出来て大変楽しく有意義な旅行でした。我々の様々な質問にも丁寧に答えていただき感謝しております。

もっと見る