ペルーアンデスで絶景キャンプ&トレッキング!

ブランカ&ワイワッシュ山群 いいとこどり10日間

4名催行日本語ガイド

出発日設定2019/10/05
旅行代金598,000円
出発地東京
POINT
  • ワラス在住で自然にも詳しい日本人スタッフがペルー滞在中はスルーでご案内します
  • トレッキング中は現地ペルー人のガイドとコックも同行。山中でも美味しい料理と快適なキャンプ生活をおくることが出来ます。
  • 荷担ぎロバや寝袋以外のキャンプ道具一式もご用意しています
  • 前半はブランカ山群で高度順応を行い、高度順応にも配慮した行程です
  • 最大でも8名様の少人数限定ツアー
詳細

ペルーアンデスのベストシーズン(乾季)は6~9月といわれていますが、ベストシーズンを外した時期ならではの静けさと、乾季にはあまり見られない変化に富んだ景色のダイナミックさが楽しめる時期です。10日間という短い日程ですが、車道を有効活用し、ペルー・アンデスのブランカとワイワッシュ山群の素晴らしい山岳展望を楽しみます。

ペルー・アンデスのワイワッシュ山群は、ブランカ山群から丸一日掛けてようやく辿り着く知る人ぞ知る“秘境”。核心部の6000m峰が集中するダイナミックな山容は、ブランカ山群と比べても全く引けをとらない素晴らしさ。

今回の旅のハイライトはワイワッシュ山群の展望台ミナパタでのテント泊。特別な許可をとらないと入れないため、プライベート感たっぷりのテント泊をお楽しみいただけます。


※検診について  ※レベル表示について

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(大阪・名古屋 )東京 米国都市 リマ

午前:大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)発。空路、東京(成田または羽田)へ。]

空路、東京(成田)から米国都市で乗り継ぎ、リマへ(日付変更線通過)。

深夜:リマ到着後、日本人スルーガイドと合流し、徒歩で空港ホテルへ。

ホテル
2日目

リマワラルカラル

午前:車にて、リマの北北西約80kmにあるワラルに向けて出発。(走行=約2時間)昼食はワラルにて日曜日の地元食チチャロン(豚の素揚げ)やカルド・デ・ガジーナ(鶏ガラスープと麺と卵)等をお楽しみください。

午後:車でカラルへ向かいます。(走行=約2時間) 到着後、「南北アメリカ大陸最古の神聖都市」とも言われる世界遺産のカラル遺跡を見学します。

夕刻:遺跡からほど近いロケーション抜群のホテルへチェックイン。ごゆっくりお寛ぎください。

ホテル
3日目

カラルワラスカルワス

午前:専用車でワラス方面へ。(走行=約6時間)途中、高度順応も兼ねて、コノコーチャ峠(4,050m)付近にて、BOXランチの昼食をいただきます。

午後:ワラスを経て、天気が良ければペルー最高峰ワスカランを展望しながら、ワラスよりも約400m低い街カルワス(2,650m)へ。

ホテル
4日目

カルワス ウルタ谷 マルカラ

午前:●ウルタ谷トレッキング(徒歩=2時間半)
車でブランカ山群内のウルタ谷へ。ウルタ峰、コントライエルバス峰、ワスカラン峰、チョピカルキ峰等の眺望をお楽しみください。足慣らしを兼ねて、オリンピカ峠(4736m)から旧峠(4900m)へ向けて登り、反対側へ下りる軽トレッキング。

午後:景色のよいところでコックの作る昼食をお召し上がりください。その後、車でマルカラにあるコパカバーニャ・ロッジ(3300m)へ。(走行=約2時間半)

ホテル
5日目

マルカラヤンガヌコ谷ピテック

午前:車でヤンガヌコ谷へ。(走行=3時間半) 氷河湖チナンコチャを眺めたあと、峠下の展望台からワスカラン峰をはじめワンドイ、ピスコ、チャクララフ、チョピカルキ等の山岳大展望をお楽しみください。

午後:●ヤンガヌコ渓谷下山トレッキング (歩行=約1時間半)
約4700mの峠から下山する軽トレッキング。下山後にランチをとった後、車で一路ワラス方面へと戻り、チュルップ・マウンテン・ロッジ(3700m)へ。

ホテル
6日目

ピテック ミナパタ

終日:移動。車でワイワッシュ方面へ。4輪駆動車でしか通行できないような道を辿って、鉱山敷地内の展望台ミナパタ(4550m)へ。(走行=約6時間) この日は車移動のみ。特別な許可を得て、テント泊です。

テント
7日目

ミナパタチキアン

終日:●ワイワッシュ山群トレッキング(徒歩=約6時間)
ミナパタ4550m→(登ったり下りたり4時間)→サンブンヤ峠4740m・ロンドイ峠4750m→(下り2時間)→下山ポイント4100m。

午後:車で一路チキアン(3350m)へ。(走行=約2時間半)

ホテル
8日目

チキアンリマ

午前:車でリマへ(走行=約6時間半)。途中、お時間に余裕があれば、ローマス・デ・ラチャイ保護地区を訪問し、リマ空港へ直行します。

夜:フードコートにて各自お好きな食べ物をお召し上がりいただき(各自払い)、お時間になりましたら帰国便のチェックインをします。

深夜:空路、米国都市乗り継ぎで帰国の途へ。

機内
9日目

米国都市

深夜:乗り継ぎ。(日付変更線通過)

機内
10日目

東京(大阪・中部)

午後:東京(成田)着。

[午前:空路、東京(成田または羽田)から大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)へ。]

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/10/05 ¥598,000¥598,000 東京 募集中
最少催行人員 4名(定員8名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。 同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社 デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空※航空会社の指定はお受けできません
利用予定ホテル

【リマ】コスタ・デル・ソル・リマ・エアポート
【カラル】エンペドラダ・ロッジ
【カルワス】エル・アブエロ・ホテル
【マルカラ】コパカバーニャ・ロッジ
【チキアン】ロス・ノガレス

お一人部屋追加代金 35,000円 (ホテル・テント泊)
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線21,000円(2019年6月)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ペルー、米国共に残存期限入国時6ヶ月以上必要。旅券の未使用査証欄が入国時に5ページ以上必要。
各国空港税/査証

ペルーは不要。乗り継ぎ地米国においては米国電子渡航認証システム(ESTA)の登録が必要です。ESTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料としてUS$14が必要となります。

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

※2011年3月以降にイラン,イラク,スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがあるかたはESTAが利用できません。詳細は下記をご覧下さい
【重要】ESTA(米国ビザ免除プログラム)改訂について

その他

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、ESTA登録代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

【事前徴収】
・成田空港諸税:¥2,610
・国内線空港諸税(大阪発着) :¥580
・国内線空港諸税(名古屋発着):¥1,200
・国際観光旅客税:1,000円
・米国空港税:¥4,970
・ペルー空港諸税:¥5,110
<2019年6月現在>

●ご注意
・このコースは標高3,000mを超える高地に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。健康に不安がある方は必ず事前にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。

・<要健康診断:3,800m以上に宿泊するコース>
日本登山医学会に登録された専門医によって構成された登山者検診ネットワークによる、所定の健康診断をお願いしております。

・テントは2名で1張。一人部屋利用の方はテントもお一人でご利用いただけます。

・キャンプのテント、スリーピングマット、食器等は現地でご用意しております。

・寝袋は、目安として−10度程度まで対応しているものを推奨。現地にて有料レンタルも可能です。詳しくはお問い合わせください。

・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。例:羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,100円(2019年6月現在)。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/10/05 ¥598,000¥598,000 東京 募集中