歴史をたどり文化にふれる

オスマントルコ帝国の栄光 8日間

10名催行日本語ガイド添乗員同行

オスマントルコ最盛期に建てられたスレイマンジャーミー(イスタンブール)

21もの出入り口を持つ巨大市場・グランドバザール(イスタンブール)

2万枚以上の青いタイルで内壁が飾られたブルーモスク(イスタンブール)

マリア像とコーランの一節(イスタンブール・アヤソフィア)

ビザンツ建築の最高傑作アヤソフィア(イスタンブール)

イスタンブールのアヤソフィアをしのぐドームを持つセリミエ・ジャーミー(エディルネ)

出発日設定2019/10/05(土)~2020/03/21(土)
旅行代金468,000円~566,000円
出発地東京
POINT
  • オスマントルコが都をおいた3つの街・ブルサ、エディルネ。イスタンブールを訪ねます
  • 3つの都市にある世界遺産を巡ります(ブルサのジュマルクズク、エルディネのセリミエジャーミー、イスタンブールの歴史地区)
  • ブルサ発祥イスケンデルケバブ、トルコ一般家庭で地元のワインと家庭料理、オスマン宮廷料理、エディルネ名物タワジエール(レバーフライ)、無形文化遺産のトルココーヒーとトルコスイーツなど食にもこだわりました
  • 音楽舞踊では、メブラーナ教団の旋舞セマ、ベリーダンス、軍楽発祥のオスマン帝国の軍楽隊を鑑賞
  • オスマン時代から続く名湯ハマムエリア“チェキルゲ”にてハマム体験
早割90
詳細

●オスマントルコにトルコ文化を見る
13世紀アナトリアに出現以降、ティムールと争い、東ローマ帝国を滅ぼし、ハンガリーからモロッコまで地中海を囲いこむ大国となり、欧米列強と覇権を争ったオスマントルコ。ブルサ、エディルネ、イスタンブールと領土の拡大と共に首都を移しながら世界的な帝国へと発展しました。また、それと共に、チューリップ・モスク・トルコ料理・ハマムなど様々なトルコ文化の華を咲かせました。今回はイスタンブールの観光地だけでなく、オスマン帝国の歴史・文化に主眼を置いたオリジナルルートによる体験を楽しめる内容になっています。
<写真協力:トルコ共和国大使館文化広報参事官室>

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(名古屋)東京・大阪

〔名古屋発の場合 午後 :名古屋駅からバスで関西空港へ〕

夜 :東京(成田)発、または深夜:東京(羽田)・大阪(関西)発。
空路、乗継地のドバイへ。

機内
2日目

 乗継地 イスタンブール ブルサ

午前 :飛行機を乗り継ぎ、イスタンブール到着。

午後 :車で、オスマン帝国最初の都ブルサへ。(走行=約160㎞、約3時間)オスマン時代から続く名湯ハマムエリア“チェキルゲ”にてハマム体験。夕食後は、メブラーナ教団の旋舞セマ―を鑑賞します。

ホテル
3日目

ブルサ テキルダー

午前 :完成まで40年を費やしたセルジューク様式のウル・ジャーミィ、コザ・ハン(隊商宿跡)、オスマン朝初期の傑作イェシル・ジャーミー、ブルサ市博物館など世界遺産の町ブルサを散策します。トルコの定番料理メニュー・イスケンデルケバブ発祥の地であるレストラン「イスケンデル」にて昼食。

午後 :オスマン時代の古い街並が残る世界遺産の村ジュマル・クズクを散策後、車でマルマラ海へ。(走行=約130km、約2時間半)

夕刻 :フェリーにてトルコの国民的アルコール“ラク”の産地テキルダーへ。(ボート=約4時間)マルマラ海を渡ります。夜:テキルダー着、ホテルへ。夕食はフェリーにて。

ホテル
4日目

テキルダー エディルネ

午前 :車でワイン博物館に立ち寄った後、昼食。トルコの一般家庭で地元のワインと家庭料理をいただきます。

午後 :オスマン帝国・第2の首都エディルネへ。(走行=約150㎞、約2時間)
イスタンブールのアヤソフィアをしのぐジャーミー世界遺産セリミエジャーミーやアリパシャ市場を散策します。
夕食は、地元名物タワジエール(レバーフライ)です。

ホテル
5日目

エディルネ イスタンブール

午前 :車へイスタンブールへ。(走行=約240km、約3時間半)オスマン帝国が最後まで攻め入れなかったテオドシウスの城壁付近を観光。昼食はオスマン宮廷料理をどうぞ。

午後 :バロックとオスマンの折衷様式のドルマバフチェ宮殿を見学します。軍楽発祥のオスマン帝国の軍楽隊を鑑賞。
夕食ではベリーダンス鑑賞をお楽しみ下さい。

ホテル
6日目

イスタンブール

午前 :旧市街観光。オスマン王朝のスルタンの居城だったトプカプ宮殿、トルコを代表するイスラム寺院のブルーモスク、ビザンツ建築の最高傑作ともいわれるアヤソフィア(休館の場合は、ブルータイルで有名なルステムパシャ・モスク)を訪れます

午後 :ドラマ「オスマン帝国外伝」で描かれている君主スュレイマンが建築したスュレイマニエ ジャーミーを見学。「オスマン帝国外伝」の主人公ヒュッレムの墓などもがあります。その後、グランドバザールにご案内。

ホテル
7日目

イスタンブール

午前 :ボスポラスの要塞ルメリヒサル、近年オープンしたチューリップ博物館を見学。チューリップはトルコの国の象徴的な花であり、オスマン帝国時代のデザインのモチーフとして扱われ、文化的な対象として普及しました。昼食は海峡沿いのカフェで、無形文化遺産のトルココーヒーとトルコスイーツもお楽しみいただきます。

午後 :空港へ。

空路、乗継地へ。

機内
8日目

乗継地 大阪・東京(名古屋)

深夜 :乗り継いで、空路、帰国の途へ。 

夕刻 :大阪(関西)・東京(成田)到着。

[名古屋着の場合 夜:関西空港からバスで名古屋駅へ]

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/10/05(土) ¥468,000 東京 募集中
2019/10/19(土) ¥468,000 東京 募集中
2019/12/28(土) ¥566,000 東京 募集中
2020/03/21(土) ¥471,000 東京 募集中
最少催行人員 10名 (定員16名) 添乗員 添乗員が同行します。 (出発地によっては乗継地または現地より同行)
利用予定航空会社 エミレーツ航空、カタール航空
利用予定ホテル

【ブルサ】アルミラ、ケルバンサライ、ディバン

【テキルダー】ラマダ・テキルダー、デスオテル

【エディルネ】マルギ、ルイス、エディルネパレス

【イスタンブール】アネモンガラタ、ヤスマック・スルタン、ゴールデンホーン

お一人部屋追加代金 35,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線:10,000円2019年4月1日以降、羽田発成田着は別途6,000円、成田発成田着は別途4,000円必要 (2019年5月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ●旅券(パスポート) トルコ:入国時に3ヶ月+滞在日数以上有効な旅券(パスポート)が必要。
各国空港税/査証

●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税:2,610円
・羽田空港諸税:2,670円(国際線)
・関西空港諸税:3,040円
・国際観光旅客税:1,000円
・ドバイ空港諸税:80UAEディルハム(約2,460円)
・イスタンブール空港・旅客サービス料(国際線)20ユーロ(約2,500円)
・トルコ航空保安料(国際線):3ユーロ(約370円)
(※全て2019年5月現在の金額および換算レートです。)

●査証(ビザ)
・トルコ:90日以内の滞在ではトルコ査証(VISA)は不要。

※外国籍の方は、ご確認ください。●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

その他

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/10/05(土) ¥468,000 東京 募集中
2019/10/19(土) ¥468,000 東京 募集中
2019/12/28(土) ¥566,000 東京 募集中
2020/03/21(土) ¥471,000 東京 募集中