つむじかぜ 570号 はや満員御礼コースも!今年大注目の馬旅特集! 号


つむじかぜ570号



 はや満員御礼コースも!
今年大注目の馬旅特集! 号


【特集1】はや満員御礼コースも! 今年は馬旅がアツイ!



全出発日・全コース催行人員に達してます!

6/24(金)発 催行決定!

天山山脈の懐・イシククル湖南岸を馬で旅する

キルギス・絶景騎馬トレック&キャンプ 9日間

3名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/06/21 ¥412,000 東京・大阪・名古屋 終了
2019/08/30 ¥415,000 東京・大阪・名古屋 募集中
イシククル湖南岸の高原を、天山山脈を仰ぎ見ながら、ワイルドに馬で旅する3泊4日の騎馬トレックコース。乗馬初心者も、キャンプ初心者も参加OKです。

詳細を見る

絶賛募集中!

満員御礼! キャンセル待ち募集中!

ビーチへ、漁村へ、ジャングルへ!

[4名様限定]馬と楽しむスリランカの大自然と 世界遺産シギリヤ・ロックを巡る9日間

3名催行日本語ガイド添乗員早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2017/05/20(土) ¥438,000 東京 終了
2017/07/23(日) ¥438,000 東京 終了
2017/09/26(火) ¥438,000 東京 終了
ラグーンの美しいカルピティヤでは砂浜と漁村を駆け抜け、ダンブッラではジャングルを抜けて、巨大な岩山の上に建てられたシギリアロックを目指します

詳細を見る

その他の乗馬ツアーも魅力がいっぱい! 詳しくはこちら!


【特集2】語るなら、まず読むべきエベレスト情報


「お茶の間 旅空間」コーナーでも紹介いたしますが、今週の『世界ふしぎ発見!』はエベレスト街道特集。奇しくも同日3/12(土)には、映画『エヴェレスト 神々の山嶺』が公開されます。お友達に知ったかぶりができる(かもしれない)必読記事4選をご紹介します!


復活したエベレスト街道の最新情報。年末年始にかけて催行されたツアー報告記です。




昨年の震災後に視察したエベレスト街道の様子をレポート。雨季のみずみずしい緑が美しい。




「エベレスト」「チョモランマ」の他にも、意外と知られていない呼び名があるんです!




エベレスト街道のトレッキングルートの選び方と、それぞれの魅力をご紹介します。



【まだ間に合う】乾季前のラストチャンス! GWにエベレストを見に行きませんか?



特選!風カルチャークラブ情報



瀬戸内海に浮かぶ小豆島にも、「島四国」として親しまれてきた八十八ヶ所の霊場があり、手軽に巡礼を体験することができます。ほとんどが集落ごとに祀られている小さな庵やお堂ですが、名刹や山岳の霊場も含まれています。瀬戸内の風光明媚な景色や島の人々のとのふれあいを楽しみながら、ゆっくりと「島四国」の霊場を巡り、遍路を体験する旅はいかがでしょう。



そろそろ桜にそわそわしてきませんか?



今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【風の鳥日和】
【開講記】出るか!?レンジャク&オオマシコ!in山中湖
今回はスター不足でしたが来月の講座に期待!
【チベット・現地だより】
デプン寺の改修(ショトゥン祭に向けて)
夏のデプン寺・ショトン祭ツアー設定再開しました!
【パタゴニア・ツアー関連情報】
企画者が選ぶ!パタゴニアの絶景ベスト5
パタゴニアを知り尽くした男が選ぶ絶景はこれだ!
【風女子ときめき旅話】
工具箱の中のドリーム・ガールズ
ブータンで出会った微笑ましい男子のおはなし


お待ちかね!風のイベント情報


東京・風のイベント


【説明会】草原乗馬を詳しく解説! 夏のモンゴルツアー説明会
皆さんの思い描く青い大草原のシーズンは? どんな服装がいいの? 乗馬なんてしたことがないけど出来るの? などなど、皆さんの知りたい情報を写真とともにお話します。少人数の説明会ならではの質問コーナーで旅の悩みもスッキリ!

  • 日 時:2016年3月12日(土) / 4月16日(土) 11:00~12:00
  • 会 場:風の旅行社 東京本社 7階セミナールーム(東京・中野)
  • 定 員:24名(先着順、事前予約制)
  • 参加費:無料


関西・風のイベント


【ワークショップ】
“わたしたちのシルクロード旅”隊員募集!
新企画! いつか行ってみたいシルクロード。この日集まった“隊員”の皆さんで自分たちの行きたい、やってみたいシルクロード旅行を熱く語り合い、作ってみませんか? 風の旅行社スタッフが夢の旅作りのお手伝いをします。第一回は西安~カシュガルまで。隊員大募集中です!

  • 日 時:2016年4月9日(土)14:00~16:30
  • 会 場:ハービスPLAZA3階旅のセミナールーム(大阪・梅田)
  • 定 員:10名(先着順)


<新設定!>
~1日限定ゲル建て隊員大募集!~
モンゴル遊牧民が住む“ゲル”を建てよう!

大阪支店があるハービスPLAZA3階に総重量200㎏のゲルを建てます。30名限定でゲル建て隊を募集中。ご家族での参加も大歓迎です!

  • 日 時:2016年4月24日(日)13:00~16:30
  • 会 場:ハービスPLAZA3階 旅のセミナールーム(大阪・梅田)
  • 定 員:30名(先着順)
  • 対象者:小学生以上
  • 参加費:無料


外部イベント


岡林立哉馬頭琴ホーミーライブ
3月は名古屋、九州各地で開催予定。詳細はリニューアルされたHPをご覧ください! 7月8月には岡林さん同行のモンゴルツアーも設定しています。

イフタタラガモンゴル伝統音楽公演

  • 日 時:2016年3月13日(日)18:30開場
  • 会 場:サントリーホール(小)(東京・溜池山王駅)
  • 料 金:前売り3,000円/当日券3,500円


展示会「ミャオ族の刺繍とデザイン」

  • 日 時:2016年3月16日(水)~31日(木)10:00~20:00(最終日は18:00まで)
  • 会 場:誠光社(京都・京阪神宮丸太町)





風の向くまま・気の向くまま ―第三百九十四話―

 

代表取締役 原 優二

●感覚を磨く

養老孟司は、登壇するや否や、演台のマイクスタンドからマイクを外して右手に握り、演台の右側に出たかと思ったら左肘を演題についてもたれかかった。
「動きながらでないとしゃべれないんです。」不遜とも言えなくもないその格好に聴衆は驚きながらも、年輪の重みなのか、どこか自信に満ちた雰囲気にのみ込まれていった。

雰囲気は三國連太郎と重なる。長めの白髪のせいかもしれない。その後も、演台の前を右に左に動きながら、時にはうつむき加減になり天を仰いだりもしながら一時間の講演をおこなった。もちろん、パワーポイントも原稿も一切使わない。

「私は、若いころ西欧文明を合理的だと思っていました。でも違うんですね。」とソルフェリーノの納骨堂の話をし始めた。19世紀半ばの第二次イタリア独立戦争におけるフェリーノの戦いで戦死した兵士の1413個の頭蓋骨が収められているそうだ。

「ヨーロッパにはソルフェリーノ以外にもこうした納骨堂が結構あるんです。何故こんなことをするのか。それは、言葉で表現できないものを伝えたいということではないんでしょうか。実際に行ったんですが、この納骨堂に入ると何かを感じるんです。」

いったい“言葉で表現できないもの”とは何だろう。

「都市社会は言葉中心の社会です。人工物は、すべて言葉で説明できる。しかし、言葉は人間を表現しきれない。自然はよく分らない。分らないものがあるのが当然なんです。」

確かに、私たちは、すべてを言葉で理解しようとする。言葉で理解できないものは、勉強が足りない、自分に理解する力がないということになったりする。

「言葉優先の社会は、感覚を下におく。動物は感覚で生きている。犬は臭いを感じることで生命を維持している。感じるとは、違いを感じるということ。」

「言葉は、“=”を作ることで概念を生み出す。A=B,B=CならA=Cといった具合に違わないようにするんです。みかん、りんご、イチゴ、どれも違うんですが“くだもの”とすれば同じになるんです。こうなると感覚が鈍ります。A=B,B=CだったらA=Cというのはおかしい。CはAではないから違うんです。おなじならAと言えばいい。」

「昔、新型のPCを買おうとしたら、私が大学からもらっている給料と同じ値段がした。何故、同じなんだと思ったら分らなくなって困ってしまったんです。お金は違うものを“=”で違いをなくしちゃうんです。」

「旅は、入力を変えます。」 即ち、旅は、“違いを感じることができる行為”ということになる。だからいい。

「私は、虫を集めるのが趣味。この前も虫を捕りにラオスまでいきました。虫を捕るのだからバーチャルというわけにはいかない。」

禅問答のような講演に、聴衆の殆どは狐につままれたような感覚になったに違いない。私も、よくは理解できなかったが、言葉で理解できることが正しいなどと夢々おもうな。感覚を磨け。“違いを感じる”、“違うのが当然”、“違うままでいい”ということだと理解した。否、感じた。全く同感である。

≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼3/12 21:00~21:54 TBS
『世界ふしぎ発見!』「エベレスト絶景大紀行 今こそ、ネパールへ行こう!!」
アルピニストの野口健と共に人気のトレッキングコースエベレスト街道を歩く。昨年大地震に襲われて以来、支援活動を続け復興した村も訪れレポート。


▼3/14(月) 22:00~22:50 NHK総合
『プロフェッショナル 仕事の流儀』「国際災害ボランティア・吉椿雅道」
阪神・淡路大震災を原点に海外の被災地で活動を展開するNGOで陣頭指揮をとる吉椿雅道。昨年4月に起きたネパール大地震で被災した自給自足の村グデル村での活動に密着。


▼3/17(木) 21:00~21:54 BSTBS
『地球バス紀行』「ビエンチャン発 世界遺産の町ルアンパバーンへ/ラオス」
欧米の人々に大人気の国ラオス。首都ビエンチャンを出発し、バンビエンから世界遺産の街ルアンプラバーンへバックパッカー達のゴールデンルートを辿る。



編集後記


「そこに雪はあるか」
今週始め、モンゴルカゼのデギーとアザーが研修をしていた栂池に迎えに行ってきました。交通手段は深夜のスキーバス。車内はほぼ9割学生さん。先日のバス事故の影響もあって、シートベルト着用の徹底、2人体制でのマメな運転手交換や声かけなど、私の知っている昔の雰囲気との違いを感じつつ北信州へ。

空が白み始めた頃に外を見ると、あれ?雪がほとんどない。3月とはいえ、ゲレンデに雪が残るくらいで道路わきなどは地面が見えているほど。例年の3分の一くらいだとか。

冬が商売の業界が冒頭のJRのキャッチコピーに「ないわ!」と悪態をついてるなんてのが話題になってましたが、いやぁ雪のある季節に無いというのは寂しい気がしました。

(やまだ)




※次号571号は2016年3月17日頃の配信予定です。
——————————
 
■つむじかぜ570号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日 :2016年3月10日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2016 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)