風の旅行社について

代表取締役 原 優二代表取締役 原 優二

弊社は、1991年、「日本人に、もっとネパールに行ってほしい」と願って創業し、その願いをチベット、ブータン、モンゴル、モロッコ、ペルー、中南米、ウズベキスタン、キルギス、カンボジア、ラオス、ミャンマー等々へと広げて参りました。その中で一番大切にしてきたことは、現地と直接つながることです。それが「風ファミリー(現地支店)」や「風ネットワーク(現地提携旅行会社)」です。
彼らと協同して旅づくりをすることで、弊社のオリジナリティーを保つことが可能となり、お客様にご満足いただける旅が実現できると考えております。また、この現地との強固なつながりこそが安全・安心を確保する上で極めて大きな役割を果たしてきたと自負しております。
また、旅づくりにおいては、その国・地域の歴史、文化、習慣、生活を尊重し、自然や歴史的建造物等を観るだけでなく現地の人々の暮らしに触れ交流ができるよう心掛けております。同時に、旅の中で“Doを提案”することにも力を入れております。トレッキング、ハイキング、乗馬、自転車、バードウォッチング、カメラで撮影、料理、音楽など様々な“Do”をテーマにした旅を今後も提案して参ります。

しばしば “風らしさ”についてスタッフで話すことがあります。しかし、なかなかこれだという 定義は定まりません。そもそも“らしさ”などという曖昧なものを、言葉で定義しようとすること自体に無理があります。しかし、スタッフの心には、“風らしさ”は明らかに存在します。

私は“自らを律し自ら立つ” すなわち自律・自立を基本にして生きてきました。裏返せば、他には他の自律・自立があるということです。言いかえれば、それは“個”であり、最も尊重されねばなりません。個は宝です。私は、それが“風らしさ”の一つの答えであり弊社の旅づくりの基本にもなっていると考えております。

代表取締役 原 優二代表取締役 原 優二