バードウォッチングツアー 風の鳥日和

国内各地から世界各地にフィールドを広げているスペシャリストが、特別な探鳥ポイントにご案内いたします。
野鳥のわかりやすい解説に耳を傾けながら、鳥に関するさまざまな楽しみ方を学んでいきましょう。
初心者の方は、説明会や日帰り講座からご参加ください。
ちょっとしたコツがわかれば、街中でも野鳥観察が楽しめますよ。

過去のツアーや講座の様子は「添乗・出張報告記」からご覧いただけます。
ツアー中に撮影した鳥動画はYouTubeにアップしています!

バードウォッチング
国内講座
バードウォッチング
国内旅行
バードウォッチング
海外旅行

\ 風の鳥日和 /
ツアーカレンダー

日帰り講座  国内旅行・海外旅行

風の鳥日和バードガイド紹介

バードガイド

中村 忠昌 (なかむら ただまさ)

1972年生まれ。千葉大学大学院園芸学研究科修了。技術士(環境部門)、生物分類技能検定1級(鳥類専門分野)、雑誌「バーダー」編集委員。葛西臨海公園鳥類園の休日スタッフを17年間つとめたのち、伊達と酔狂でフリーのネイチャーガイドに。野鳥はもちろん生き物全般が好き。
個人ブログ:東京いきもの雑記帳

担当講座一覧

バードガイド

古沢 紀 (ふるさわ おさむ)

1956年生まれ。幼少のころ、縁日で買ったひよこを鶏まで育てたことがきっかけで、鳥が大好きになり、50年以上小鳥類を飼い続けている。三菱地所(株)直営施設「丸の内さえずり館」で、10年ほど館長を勤め、退職後は、都立「東京港野鳥公園」のレンジャー業務に従事し、現在に至る。日本野鳥の会奥多摩支部幹事。

田儀 耕司 (たぎ こうじ)

1968年生。大阪府出身。中学生の頃、父親に連れて行ってもらった兵庫県昆陽池で見たカモの美しさに感動し、バードウォッチングを始める。1994年のオーストラリア留学以降海外でのバードウォッチングの楽しさに目覚め、現在まで観察した種数は約2,900種にのぼる。コロナ渦で、身近な野鳥を題材に、季節を感じる写真を撮るようになった。