丹羽隆志さん同行! 海外自転車ツアー

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
12/28(土)〜1/1(水)5日間 ¥276,000 東京・大阪・名古屋 募集中
12/28(土)〜1/5(日)9日間 ¥368,000 東京・大阪・名古屋 募集中
日本の冬がベストシーズン、優しくて人懐こい村人との交流、ホテルの移動がないの楽、食べ物が美味しい!遺跡が素晴らしい!といった魅力がたっぷりです。

詳細を見る

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2020/2/29(土) ¥456,000 東京・大阪・名古屋 募集中
ヒマラヤ、アンデス、アトラスを『風の三大山脈』と勝手(!)に命名。絶景に加え、旅人をもてなす砂漠の民(ベルベルの人々)との交流もサイクリングならではです。

詳細を見る

丹羽隆志さんと行く

【2020年9月】ロードバイクでヒマラヤ越え 15日間

8名催行日本語ガイド添乗員早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2020/09/11(金)〜25(金) ¥687,000 東京 ※ご旅行代金は「予価」となります。
世界の屋根ヒマラヤを車移動も交えつつ自転車で走るツアー。5000mを越える峠を越え乾燥したチベット高原から緑溢れるネパールを目指す16日間。

詳細を見る

出発日は多数設定! 海外自転車ツアー

-都会と田舎でのんびりライド-

ブータンで自転車散策7日間

4名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/10/10(木) ¥408,000 東京、大阪、名古屋 募集中 ※秋の稲穂の時期
2019/11/14(木) ¥398,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2019/12/28(土) ¥463,000 東京、大阪、名古屋 募集中 ※シンゲ・ナムゲル同行
2020/03/25(水) ¥408,000 東京、大阪、名古屋 募集中
のどかなブータンの農村風景の中、普通のツアーではまず入り込まないような道を自転車で結びます。土地の人たちとの出会いがたくさん体験できる旅です。

詳細を見る

【お二人からのオーダーメイドプラン】

自転車でアンコールワット・5日間 遺跡と農村の森をサイクリング

2名催行日本語ガイド

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
05/04~07/10 ¥184,000 東京・大阪・名古屋
07/11~07/13 ¥218,000 東京・大阪・名古屋
07/14~07/31 ¥238,000 東京・大阪・名古屋
08/01~08/9 ¥264,000 東京・大阪・名古屋
08/10~08/12 ¥283,000 東京・大阪・名古屋
08/13~09/11 ¥238,000 東京・大阪・名古屋
09/12~09/15 ¥264,000 東京・大阪・名古屋
09/16~10/10 ¥184,000 東京・大阪・名古屋
10/11~10/13 ¥238,000 東京・大阪・名古屋
10/14~10/31 ¥184,000 東京・大阪・名古屋
村で出会う人々の微笑み、子供たちの呼びかけもうれしく、そうした出会いの数がペダルを踏むたびに増していく、楽しい出会いが連続する旅です。

詳細を見る

終了したツアー(海外・国内)

※毎年設定するツアーもございます。次回開催についてはお問い合わせください。

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/14(水) ¥268,000 東京・大阪 終了
2019/08/17(土) ¥268,000 東京 終了
自転車と馬の両方でモンゴルの草原を味わえる、お得なツアーです。しかも長く休みがとれない人にも参加できるように5日間とコンパクトな日程にしました。

詳細を見る

インドヒマラヤに静かに残るピュアで知られざるチベット

【終了】北インド・ラダックサイクリング10日間

6名催行日本語ガイド

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/09/14(土) ¥657,000 東京 終了

詳細を見る

丹羽隆志さんがガイドする

【終了】自転車で東京散歩 -深夜編-

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/23(金) ¥10,800 終了
2019/08/30(金) ¥10,800 終了

詳細を見る

同行ガイド プロフィール

同行ガイド

丹羽 隆志 (にわ たかし)

下町からチベットまで、世界各地に轍を残す

1966年生まれ。「にわサイクリングツアーズ」主宰。東京の路地裏からチベットまでをモットーに、毎週末、地球上のどこかを自転車でガイド。NHK教育『趣味悠々・中高年のための自転車生活入門』(日本放送出版協会)の講師他、『丹羽隆志の日本ベストサイクリングコース10』(東京地図出版)、『自転車トラブル解決ブック』(山と溪谷社)、『大人のための自転車入門』(日本経済新聞出版社)他、著書多数。丹羽さんの日々の活動が魅力的に紹介されているブログはコチラ