現在臨時休業中です。
【海外ツアー】当面の間、海外ツアーをすべて中止いたします。( 詳しくはこちら
【国内ツアー】仮予約・お問い合わせは、ウェブフォーム、Eメール、FAXをご利用ください。
※電話でのお問い合わせは東京本社(0120-987-553)の留守番電話にて承ります。後日担当者よりご連絡いたします。

【バードウォッチング】長崎編

長崎の半島を通過する渡り鳥 3日間

6名催行添乗員同行
出発日設定2019/04/25
旅行代金148,000円~168,000円
出発地東京、大阪
詳細

春の渡りといえば、トカラ列島、対馬、見島、粟島、飛島など離島をイメージする事と思います。しかし、渡り鳥は離島だけでなく内陸にも通過して行きます。今回、ご案内する、九州北西部にある長崎半島は、内陸を通過して行く渡り鳥の玄関口となります。
海岸線近くの田畑や放置された雑草地には亜種を含めたツメナガセキレイ、ハクセキレイ、キガシラセキレイ、レンゲ畑と畔道との境をシロハラホオジロ、キマユホオジロ、シマノジコ、シマアオジ、コホオアカが行ったり来たり、浜辺や港の駐車場には、ムネアカタヒバリ、マミジロタヒバリの群れの中にヒメコウテンシが混ざっている時があります。 
灯台付近に向かう途中の電線に注目すると、オウチュウが止まっていたり、校庭を見るとヤツガシラ、クロウタドリが採餌していることがあります。ちょっとした丘陵地には、カラアカハラ、マミチャジナイ、などといったツグミ類が飛来していることでしょう。時々、アカガシラサギが上空を通過していくこともあります。
過去に飛来した珍しい記録としてはオガワコマドリ、クロジョウビタキ、ズグロチャキンチョウ、チゴモズなどがあります。多少は歩きますが、渡りのポイントを効率よく巡って、渡り鳥との出会いに期待します。


ツバメチドリ、ツミ、アカガシラサギ、ヤツガシラ、サンショウクイ、オウチュウ、チゴモズ、ヒメコウテンシ、キマユムシクイ、センダイムシクイ、ホシムクドリ、コムクドリ、カラアカハラ、クロツグミ、マミチャジナイ、オガワコマドリ、クロジョウビタキ、ノビタキ、ムギマキ、ニュウナイスズメ、キガシラセキレイ、マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリ、アトリ、マヒワ、シロハラホオジロ、コホオアカ、キマユホオジロ、シマアオジ、シマノジコ、ズグロチャキンチョウ

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/04/25 ¥168,000 東京 終了
2019/04/25 ¥148,000 大阪 終了
最少催行人員 6名 (定員16名) 添乗員 添乗員が同行します。 同行します。
利用予定航空会社 なし
利用予定ホテル 長崎市:旅館松実
その他 移動はジャンボタクシーを利用します。●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/04/25 ¥168,000 東京 終了
2019/04/25 ¥148,000 大阪 終了