大西敏一さん同行 フィリピン南部の島

フィリピン ネグロス島 5日間【バードウォッチング】

6名催行

アオオビカワセミ

シロボシショウビン

フィリピンキメジロ

アカハシゴジュウカラ

ヴィサヤオウギヒタキ

キバラタイヨウチョウ雄

ズグロヤイロチョウ

フィリピンキゴシタイヨウチョウ

ガワホンエコパークの散策路

出発日設定2020/03/20(金)
旅行代金248,000円
出発地東京・大阪・名古屋
詳細
ASEANツーリズム・アワード ロゴ

ASEANツーリズム・アワード・ジャパン2018
『サステナブル・ツアー賞』
を受賞しました!

≫詳しくはこちら

ASEANツーリズム・アワード ロゴ

ASEANツーリズム・アワード・ジャパン2018
『サステナブル・ツアー賞』
を受賞しました!

≫詳しくはこちら



大小7,000の島があるフィリピンは、約600種の野鳥が記録され、そのうち200種ほどが固有種だとされています。これは驚くべき固有種の多さです。
今回はそのフィリピンの中央部に位置する3番目に大きい島・ネグロス島に訪れます。火山活動により形成されたなだらかな山が連なりますが、全体的には平坦な島です。フィリピンの中でも治安は良く、住みやすい都市No.1(ビクトリアス市)とも言われています。ネグロス島では、これまで約350種の野鳥が記録され、固有種は82種とされています。前回のツアーでは観察種が125種で、そのうち固有種は23種確認することができました。日数をかけて山の奥深くまで行かなければ出会えない固有種が多いのですが、今回は体力的にも無理がない日程にしています。

◆訪れる主な場所
◎マンブカル・マウンテン・リゾート
ネグロス島でも有名な温泉リゾート地で探鳥します。シロハラアナツバメのコロニーを間近に観察出来るほか、ズグロヤイロチョウやマメカワセミ、シロボシショウビンに期待して密林内を歩きます。前回はこのエリアでカンムリカッコウやヒメカッコウなど日本では超珍鳥が確認できました。
◎ガワホンエコパーク
森林再生を目指している保護区。主に林道や渓流沿いのトレイルを歩きます。アオオビカワセミをはじめ、フリピンカンムリワシやハズカンムリオウチュウ、ヴィサヤオウギヒタキ、シラボシガラ、黄色の嘴のアカハシゴジュウカラ、ネグロスハナドリなど、森林に生息する固有種が楽しみです。
◎プロバンダン湿地
養魚池がやや荒れた感じの湿地に訪れます。ここではオオリュウキュウガモやアカノドカルガモなどのカモ類、ハシブトアジサシやクロハラアジサシなどのアジサシ類、多数のシギ・チドリ類が期待できます。

この他、時間があれば移動途中に農耕地や埋め立て地、都市公園などでも可能な限り立ち寄ります。
5日間という短期間ですが、極力ネグロス島の探鳥を楽しめる日程にしています。

期待したい野鳥
ヨシゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、アマサギ、ササゴイ、ゴイサギ、フィリピンカンムリワシ、アカハラクマタカ?、ムナグロ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、イソシギ、キアシシギ、アオアシシギ、コアオアシシギ、コアジサシ、クロハラアジサシ、ドバト、ベニバト、カノコバト、チョウショウバト、テリアオバト、バンケン、オニカッコウ、ヒメカッコウ、フィリピンアオバズク、シロハラアナツバメ、アナツバメsp.、ヒメアマツバメ、カオグロサイチョウ、カワセミ、アオオビカワセミ、ナンヨウショウビン、シロボシショウビン、ルリオハチクイ、フィリピンコゲラ、チョウゲンボウ、ズグロヤイロチョウ、モリツバメ、ヒイロサンショウクイ、マダラナキサンショウクイ、フィリピンモズヒタキ、シロシリモズヒタキ、タカサゴモズ、ヤハズカンムリオウチュウ、ムナオビオウギビタキ、クロエリヒタキ、ハシブトガラス、ツバメ、リュウキュウツバメ、オオコシアカツバメ、カナリアヒタキ、シラボシガラ、アカハシゴジュウカラ、メグロヒヨドリ、チャムネヒヨドリ、キバラサイホウチョウ、オオムシクイ?、フィリピンムシクイ、オオヨシキリ、オニセッカ、フィリピンメジロ、ヤマメジロ、エゾビタキ、シキチョウ、マングローブヒメアオヒタキ、コバネヒタキ?、クロノビタキ、ミドリカラスモドキ、ハッカチョウ、ゴシキハナドリ、オレンジハナドリ、チャノドコバシタイヨウチョウ、キバラタイヨウチョウ、キゴシタイヨウチョウ、キセキレイ、ヒメマミジロタヒバリ、スズメ、キンパラなど

【バードウォッチングツアー添乗報告記】
3/20発 フィリピン ネグロス島 5日間

【バードウォッチングツアー添乗報告記】
3/18発 フィリピン ネグロス島 6日間

バードガイド

大西 敏一 (おおにし としかず)

1961年生まれ、大阪府在住。バードコンサルタント。「鳥見は楽しく、鳥には優しく」がモットー。無類のムシクイとシギチ好き。主な著書に『日本の野鳥650』(平凡社)、『探鳥見聞録』(文踊社)などがあり、BIRDER誌(文一総合出版)でも活躍中。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・名古屋・大阪 マニラ バコロド

◇午前:フィリピン航空にてマニラへ。

◇午後:国内線でバコロドへ。

◇到着後、ガイドがお迎えし、車でホテルへお送りします。

 

出発予定時刻

成田:9:30頃 中部:9:35頃 関西:9:55頃 

ホテル
2日目

ガワホン・エコパーク・農耕地

終日:ガワホン・エコパーク・農耕地周辺で探鳥

ホテル
3日目

ガワホン・エコパーク・マングローブ林

終日:ガワホン・エコパーク・マングローブ林周辺で探鳥

ホテル
4日目

マンブカル・マウンテンリゾート・プロバンダン

終日:マンブカル・マウンテンリゾート・プロバンダン周辺で探鳥

ホテル
5日目

バコロド マニラ 東京・大阪・名古屋

午前:国内線でマニラへ

午後:フィリピン航空で東京(成田)・名古屋(中部)・大阪(関西)へ

 

到着予定時刻

成田:20:10 中部:18:55 関西:19:15

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2020/03/20(金) ¥248,000 東京・大阪・名古屋 催行人員到達
最少催行人員 6名(定員10名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定航空会社 フィリピン航空
利用予定ホテル

バコロド:ネイチャーズビレッジ

お一人部屋追加代金 28,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(基準日2019年4月1日)国際線4,000円(フィリピン航空)フィリピン国内線は旅行代金に含んでいます。

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

その他

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●事前徴収(2019年4月1日現在)
・国際観光旅客税1,000円
・成田空港諸税2,610円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料2,570円
・フィリピン空港諸税約1,800円

●旅券(パスポート)
フィリピン出国時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
日本国籍の方は不要
外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

がご案内します。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2020/03/20(金) ¥248,000 東京・大阪・名古屋 催行人員到達