神様の別荘地 キルギス 〜美しい自然と暖かい人々を訪ねて〜


文●鈴木 翔太

一面に広がるケシの花と雪を被った天山山脈一面に広がるケシの花と雪を被った天山山脈

私とキルギスとの出会い

キルギス地図

出会いは偶然だった。それは2007年暮れ、働いていた財団法人の上司に「鈴木、来月からキルギス出張な!」と言われた時だった。その時私がいた部署は、開発途上国の国家公務員に日本の大学院で公共政策や経済を学んでもらい、将来の政策立案等の仕事に活かしてもらうという「人材育成支援プロジェクト」を実施しており、そのキルギス担当をやれということだったのだ。場所すらもよく分からずにウィキペディアで付け焼刃で調べて飛行機に飛び乗った私だったが、キルギスで仕事を始めてこの国の魅力に取りつかれるのに時間はかからなかった。
飛行機の窓から見下ろせば右も左も山、山、山、山。キルギス人の仕事相手はホスピタリティーに溢れ親切な人ばかり。宴会に呼ばれればウォッカでの乾杯の嵐。よって、私のキルギスに対する第一印象は「山」と「ホスピタリティー溢れる人々」と「ウォッカ」だった。そしてそれは3年以上経った今でも基本的に変わっていない。 (more…)